観光協会のプラモデル!


2017年6月7日、私が住む東京では梅雨入りしました。

この時期になりますと、モデラーにとっては、塗装が出来ない(湿気により影響があるため)、塗装が乾きにくいなどの影響があったりしますが‥‥実は雨の日は、家に籠る理由が出来るので、製作時間がタップリ獲得されて意外と最適な季節なのかもしれません。この時期ならではの「湿気があるけど高温」のジメジメは嫌ですが、今年の梅雨入りは比較的肌寒い気候がさらにいい感じです♫

さて、この梅雨時期に「よく似合うアイテム」をプライベート製作しましたので、ご紹介をさせていただきます。


ガジロウ_B1



なんだかリアルなカッパの写真。

これは一体なんでしょう?

実はカッパのプラモデル!

ガジロウ_B2


パーツ数もそれほど多くはなく、パーツ配置もいい感じです。
プラモデル愛好者は、このランナーを見つめてパーツの彫刻の感じや、パーツの分割具合をチェクしながら、どうやって作ろうかを妄想するのが最初の一歩。嗜好の一時です♫

この手練感があるプラモデルの販売先は何処かしら??

古くからのプラモファンならは、かつて日東というメーカーが「妖怪シリーズ」というプラモデルを展開していたのを思い出すでしょう。


日東妖怪シリーズ



箱絵がまるで浮世絵の写真集のよう!これがプラモデルの箱なんですよ!

スピード感あふれる車、アニメの主役ロボ、勇ましい戦艦や戦闘機、戦車などの兵器のプラモデルに混じって、このような「日本の独自文化」を再現したプラモデルはいいですね。

で、本題にもどり、そのカッパのプラモデルは、な、な、な、なんと、とある観光協会が販売しているのですよ!!!

販売先の「福崎町」は兵庫にある、民族学で有名な国木田独歩の出身地。ここでは街をPRする為に、数年前から町の伝説であるカッパ、妖怪にフォーカスした町づくりをしており、妖怪の造型コンテストなども開催して、話題を呼んでおります。



その勢いで、なんと町のマスコットキャラクターになっているカッパのカジロウをプラモデルとして販売してしまったのです。

こんな「歴史的快挙のプラモデル」を手に入れない訳にはいかず、リサーチ目的で買ってみたのですが、最近プライベートで模型を作ることがめっきり減ってしまったので、部品数も手頃なのでさくっと作ってしまおうと考えて着手。

まずは福崎町に存在する、原寸大のガジロウをリサーチ。

ガジロウ実写



・・・こ、恐すぎる。。。

ここは、プラモデルの利点「自由に作る!」を優先して、結構べたなイメージである緑色のタイプで仕上げようかと。

Googleの画像検索にて「カッパ」で調べると、カワイイ河童のイラストか、なんだか恐いグロテスクなリアルな河童の造型しか出て来なくて、ちょうどイメージにあっていたのはこのフリー素材のイラスト集に掲載されていたこちら。

ガジロウ参考



ウミガメ + カエル のこのコンセプトで仕上げたい!

ガジロウプラモデルの特徴は、素材が家電製品などで使われるプラスチック素材『ABS』が使用されているんですが、そこはちょっと謎。粘りがあって傷が付きにくい素材なのですが、プラモデルに使うには高スペック過ぎるし、プラモデル用の接着剤は使えないんですよね。
ABS用の専用接着剤をおもちの方はそれを使えばいいですが、ちょっとパーツに隙間が出来る傾向にありますので、ゼリータイプの接着剤を使用することをお勧めします。

本体を製作して、隙間を埋めて、サーフェーイサーで下地を整えた後に、濃淡の2種類の塗料で、エアブラシによるグラデーション塗装を施しました。

筆で、ウミガメのような編み目を追加。

ガジロウ_B4


生物塗装の決め手は、やはり「目」!

今回は伝説の妖怪なので、爬虫類系の目に、白目があって視線が解るようなデザインで筆で描きました。


ガジロウ_B5


サクッと製作すると思いながらも、やはり改造してしまうのは、私の性格。

キットのカジロウは「尻こだま」という2つの玉を持っており、河童が川遊びをしている子供のお尻の穴からこれを引き抜いて、相手を惚けさせるという言い伝えに基づいたもの。いわば臓器(実在はしません)の一部という想定なんですよね。
臓器‥‥個人的に、ちょっと気持悪く思ってしまったので、川魚に変更!(エポキシパテ製)。手に持たせて、今から噛み付く寸前というシーンに仕立てる為に、口を大きく開くように改造しております。結果として、口の中がよく見えて、生物らしい造型に深みが出ました。ちなみに、ベロはキットそのままの成形色を活かして、クリアーレッドを溶剤で薄めた塗料を墨流しして、クリアー塗料をタップリ塗って仕上げています。いい感じのベロ具合が演出出来ました。


で、いきなりですが完成したのがこちら!


ガジロウ_B12



髪の毛は、キットのパーツを使用せずに、もっとリアルに見せる為に植毛したいと考えて素材探し。困った時にはやはり100円ショップダイソー!

最初は毛足の長い筆を使おうと思ったのですが、さらさらヘヤーは似合わない。イメージは水面に漂う「藻」のような感じ。
ちょっと巡って、ちょうどいい素材として羊毛フェルト発見!

ガジロウ_B8



これをゼリータイプの接着剤で部分的に接着。川から上がって髪の毛が湿った感じを出す為に、木工用ボンドで身体にそうように接着。仕上げにクリアー塗料を筆塗りしています。



ガジロウ_B9


真正面から見ると、ちょっと面白い顔。口が大きいですね。

ガジロウ_B11


久しぶりの生物造型。十分に楽しめました。
これにて完成ですが、やはり最終的にはジオラマにしたい所。


とりあえず、手持ちのジオラマ「西瓜の夏」にてシミュレーション撮影!



ガジロウ_B3



いい感じ♫

山奥の渓流沿いのシーンが似合いそうです。


さて、こちらのカジロウのプラモデルは、メーカーの様に常に在庫を抱えているような生産体制はとっていないはずです。ご興味がある方はお早めに!

<




私としてはちょっと珍しい生物表現の息抜き製作でした。



<定期PR>

※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!


                 
※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




パトーネン「検問中」




パトーネン_1B



機動隊の鎮圧専用パワードスーツ。通称「パトーネン」

横山宏さんのデザインしたパワードスーツが活躍する架空の戦争を描いた「マシーネンクリーガー」。様々なメーカーからプラモデルやフィギュアが発売されるなか、海洋堂が出した「35ガチャーネン」というカプセルプラモは、パーツ数もすくなく、気楽に作れる良い商品!
この写真はそれを応用したビネット作品です。

パトカーをイメージしたカラーリングに、パトライトが装着された姿は、アニメ「パトレイバー」を思わせます。
実は、「警視庁」のデカール、警察の金メッキの桜の大紋は、バンダイの1/48 scaleのプラモデルのそれを利用。パトライトは、メーカー名不明のチョロQ風のパトカープルバックミニカーから拝借したパーツ。中に気泡が入っており、実際のパトランプの反射板のような雰囲気です。


現在の警察でのパトカーは、常に整備されてピカピカの状態ですがこちらのパワードスーツは、わざわざこのスーツを装着しなけばならない状況とは?と考えて、おそらく暴動鎮圧や、立てこもり事件などの使用を想定。やはりぶつかり合いなどの状況があるだろうと妄想して、擦り傷などを追加しております。基本は光沢塗装で、傷とのギャップを演出しています。
右手に装着されたのは、実際のマシーネンではレーザー兵器に成っておりますが、パトーネンでは「赤棒」♬
まぁ赤棒だけでこの腕の太さはないだろう…おそらく内部には「ナンブ」の拳銃が仕込まれているのかもしれません。

フィギュア情報雑誌「フィギュア王」のオマケとして、このプラモデルが付属したNo.232号にこの作例が掲載されています。この35ガチャーネンを使った他の著名モデラーや海洋堂社員の作品も掲載されております。


普段、1000円で売られている雑誌に、カプセルベンダーでは500円で売られているマシーネンのプラモデルが付いてなんと1296円!お得〜♬
まるっこいデザインのこのマシーネンの特徴を応用して、「ダルマ」のシールが付属した「ダルーマン」という特別仕様になっております。ここでしか手に入らない特別仕様です。

最初はこの成形色を活かして、赤い機体の「消防タイプ」を想定して作り出したのですが、パトライトのマッチングが気に入ってしまい、機体色が赤、そしてパトライトが赤では馴染んでしまうと思い、後からパトカータイプに変更。パトーネンの誕生というわけです。

今回のフィギュア王の特集は「プラモデル」!
連載記事を持っている海洋堂の宮脇社長、通称「センム」さんの超貴重なコレクションの特集。プラモデルって本当に面白いと改めて認識できる記事になっています。


フィギュア王0524





さて、このパトーネンの写真を見て、おや?と思った方。


アスファルト道路完成



最近の記事で「一般的なアスファルト道路の作り方」を紹介しておりましたが、このパトーネンの為のベースでした♬

↓制作記事

http://arakichi.blog.fc2.com/blog-entry-221.html


そういえば、久しぶりの雑誌の作例ですね。

実は、このキットは…
GW直前に海洋堂センムさんから全国の著名モデラーに極秘裏(笑)に発送されたもの。
「是非、作例に協力して、35ガチャーネンを盛り上げましょう!」
というやんわりと御願いされながらの”超圧力”に震え上がり、GWの時間をその作業に献上したのでした(笑)


いえ、もちろんお代はいただきません(By喪黒福造)





<定期PR>

※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!


                 
※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




『Funmee!!』の取材記事



趣味を極めた人にフォーカスしたサイト『Funmee!!』の取材を受けました。ここに紹介されてる方は、みな人生を楽しんでいる人ばかり。


ほとんどがアウトドアでの趣味を満喫している方。人生にも、生活にも余裕があるという雰囲気(笑

こんな中に、果たして私が適任だったのか、今更ながらビビってみたり。。。

掲載された写真は、お気に入りのカマタくんクッションを抱えてめっちゃ笑顔(笑)
実はジオラマの話での笑顔ではなく、ライターの方へ「このクッションおすすめですよ!」という話だったのはここだけの話です。

『ジオラマは僕の生き様!』
リアルすぎるジオラマで世界が注目する情景師アラーキー
↓(前編)

https://funmee.jp/articles/3a26b06b3c40433b867392bfa39e86393b16542e


FumBlog用



↓(後編)
https://funmee.jp/articles/5f1d9efdbf5e2a134ae93536ad0c11679d3a8669


5月はこの取材以外に、NHKさんの取材、そして他のネットメディアからの取材、取材が集中している月。
訪れてくれる取材の方は、みな、私の家にあるジオラマ、オモチャ、ガーデニング・・・などなど、脱線した話で盛り上がってしまい目的が失われることが多いです(笑)

取材という名目の元、「遊びに来たい!」というメディアの方は気楽にお声掛けくださいませ♬
←取材の申し込みは,PCモードでご覧いただいた際にこちらにメールフォームがありますので、そこからお問い合わせくださいませ。


<定期PR>

※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!


                 
※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。



祝5刷決定!



作る最終表紙5刷_blog


2016年8月に発売された私の著書『作る!超リアルなジオラマ』はなんと5度目の重版が決定しました!
累計19000部です!

最初の著書『凄い!ジオラマ』は発売2年目に突入で6版。
共に皆様に愛される本になりました。

著者としてはこれほどうれしいことはありません。
ありがとうございます。

そして、ジオラマ本の第三弾を現在準備中です。
このブログでも詳しく紹介しておりました駄菓子屋のジオラマ。漫画『だがしかし』に登場するシカダ駄菓子をジオラマ化して、そのHow to をまとめた本を画策しておりましたが、様々な諸事情により断念。しかしながら、また新たにパワーアップした駄菓子屋を作り、そのHow toを詳しく掲載した本に仕上げる予定です。

秋に発売予定!こちらもお楽しみに♬



<定期PR>

※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!


                 



※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました


                 


私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


一般的な道路がある光景


久しぶりにジオラマのHow to記事です!

最近は告知ばかりのBlog記事にあきあきしていた方、お待たせいたしました。
こちらのBlogの他にTwitterやFacebook、インスタグラムなど、取りあえずあれこれ手をだしていて、他のSNSは気楽に書けるのですが、こちらのBlogはしっかりと書くことをポリシーにしていますので、つい後回しにしてしまって‥‥

ちなみにそれぞれのアカウントはこちら。それぞれ、投稿内容に変化を与えております。

<Twitter>ー模型、オモチャ、特撮、近代建築、城、イベント、本などの気になった情報の発信/メモ。
https://twitter.com/arakichi1969

<Facebook>ー、ジオラマの製作記、日記的要素。
https://www.facebook.com/satoshi.araki1

<Instagram>ージオラマ作品写真のみのデジタル写真集として。
https://www.instagram.com/satoshi_araki_jokeishi/

新しいものが好きなんで、とりあえずあれこれと、試してみています。



さて、一般的な『現代のアスファルト道路と歩道』モチーフの手のひらサイズのビネットの製作行程を解説します。

「ビネット」とは‥‥
ジオラマの一種で、更に小さく切り取った空間を凝縮したサイズのジオラマのことを言います。主役になるのはフィギュアやロボットなどの単体と、その光景が「どこなのか?」が最低限解るような範囲だけを作るのが定義。
今回は「とあるアイテム演出」の作例として作らねばならない依頼が急にあり、短時間で制作しなければならなかったので、ベーシックな作り方でこのシチュエーションを作りました。
良い機会なので細かく解説いたします。

<ステップ1>

道路1



シーンは現代の日本、一般的なアスファルト道路と歩道。スケールは1/35。直径100mmの円形に収めます。

使用するのはタミヤのスチレンボード3mm厚と5mm厚。5mm厚の土台の上に、3mm厚の歩道と3mm厚のアスファルトが乗るイメージです。ちょっと高額な「タミヤ」ものを使っているのは、一般的に売られているものよりも固さがあり、彫刻などに適しているからです。他のメーカーのものを使うと細かい彫刻などの際やカッターで切った際に、断面がツレて、汚くなることがありますが、タミヤ製のものはそれがななく、絶妙な固さで作業が捗ります。


                   

さて、歩道の部分と、アスファルト道路の部分を3mm厚のスチレンボードで作りますが、(写真1)の緑のラインでパーツを別けて制作します。道路は道の中央から両側に向かって雨水を流す為に傾斜がついています。これを再現する為に、道端の側溝に向かって円弧のような緩やかに傾斜をつけて、80番ぐらいの紙ヤスリで削ります。簡単に作りたい方はこの作業はなくてもかまいませんが、このちょっとした表情付けがリアルな光景を生み出すことにつながります。

次に道端の側溝と歩道のタイルを彫刻します。
もっとも簡単なやり方はボールペンを使って強めに書く方法です。ポールペンの先端は「玉」になっているので適度に回転しながら描けるので、スチレンボードの表面を綺麗に凹ませることができるからです。精度を出したい細かい彫刻は、けがき針を使います。市販されてもいますが、写真のようにピンバイスの先に、縫い針をつけるだけで程よいけがき道具が出来ます。歩道のタイルは様々な種類がありますので、Googleの画像検索などで見つけたものを参考に。このタイルのサイズをいい加減にケガくと精度がでませんので、きちんと計って均等に線を入れることを心がけるといいでしょう。

ちなみに、円形にカットするのは、サークルカッターを使います。厚めの生地も切れるこのタイプは便利ですので1つはもっておくといいでしょう↓



                   


<ステップ2>

道路2

彫刻が終りましたら、下地としてリキテックスのモデリングペーストを塗布します。
これは画材用の大理石の粉をペースト状にした画材用下地材です。私はジオラマ工作において、地面工作に多用しています。乾きも早く乾燥後に粘りがあるので、石膏のように割れることが少ない素材です。


                   

毛足が固めで強い筆で叩くように歩道と側溝を塗布します。彫刻した隙間の奥に塗れるように。表面が「濡れる」ぐらいの厚みで十分です。あまり厚塗ると、けがいた彫刻が埋まってしまいますから。

叩くように塗るのは、表面を凸凹にして、コンクリートの表面の表情をつける為です。よりゴツゴツした表面を作りたいときには歯ブラシで叩くように塗布することもあります。


<ステップ3>

道路3

アスファルト道路の工作です。
このBlogや私の本でも紹介している「簡単に出来るアスファルト表現」として「布ヤスリ」を使う方法。
80番の布ヤスリを2枚、面を合わせるようにして拝むように擦り合わせます。もの凄い騒音と、粉が出ますので、お風呂場か野外でやることをお勧めします!

指で表面をなでて、引っかからないぐらいになるまで行ないます。小さなスケールで使う際には、より削りを行なって、表面の凸凹を削るといいでしょう。


シトロエン_アスファルト

この布ヤスリ(80番)での再現方法は1/48スケールから1/24スケールぐらいまでは使えます。特に塗装しなくてもリアルな雰囲気のものを作れます(写真は1/48 scaleのタミヤのシトロエン。珍しくツヤ塗装で仕上げたものです。私だって光沢仕上げもつくれるんですよ!:笑)

スチレンボードへの接着は2液を混ぜる「エポキシ接着剤」を使っています。5分硬化型だと時間を短縮できます。他には粘りがあるゴム系の接着剤でもよいでしょう。






<ステップ4>

道路4

基本塗装行程です。

アスファルト道路部分をマスキングして、側溝と歩道をタミヤのサーフェイサー(グレー色)で下地塗装をします。その上から軽く「粉をかける感じ」で黒色の缶スプレー(私はクレオスの黒サーフェイサーを使用)を吹くと、黒い斑点が出来ますが、それがコンクリートの質感を再現できるのです。

歩道はタミヤアクリルの茶色系を溶剤で薄く解いた塗料で各タイルがランダムになるように塗ります。乾燥後にタミヤの「オリーブグリーン」で苔色演出です、溶剤で薄く溶いて、流し込み塗装をします。水がたまり易い部分をイメージして塗装します。

<ステップ5>

さて、上記写真に突然マンホールが現れましたが、これは「Three Sheeps」さんが出している1/35 スケールのエッチングパーツです。
様々な種類のマンホールや、NTTの点検用金属蓋など、現在の風景を作り出すには最適なパーツ。1枚は持っておくといいでしょう。
税込み1,620円(+送料216円)

個人でやっている方なので注文はこちらにメールを送ってください↓。

sales@atsd.jp

サイトはこちらです。メカトロウィーゴ用のエッチングパーツなどセンスのいい部品デザインが秀逸です!

http://www.atsd.jp/

マンホールエッチング


<ステップ6>

道路6


基本塗装を終えた後に、さらにリアルになるように「汚し塗装」を加えるのですが、もっとも簡単な方法を解説します。それは、庭や公園などで採取した、ごく普通の「土」をぶちまけること!
実際の道も、施工後には綺麗な状態ですが、次第によごれてくる原因のほとんどは砂や土による汚れ。ならば実際と同様に行なえば、リアルな汚れになるはず!とやってみた所、かなりいい感じに。私の造るジオラマのほとんどはこのやり方で汚していると言っても過言ではありません!いわば天然のパステルやピグメントという考え方です。

土は、100円ショップで販売している金属製の茶こしで振るいにかけておくと使い易いです
(写真はダメなパターン。本当に自分の家の庭からひとつまみして、そのまま撒いているので小石が多く混ざっています)

歯ブラシでこすりつけたり、指でこすりつけたりして、まんべんに広げます。
余分な土を落とした後に、透明艶消し缶スプレーで塗装すると、土汚れは、しっかり固定されます
(コツはふわっと軽く吹いて重ねるように塗装します)


<ステップ 7>

道路7

出来たベースを俯瞰して見た時に、アクセントとして「白線」が欲しくなったので、加筆します。本来ならば、この塗装をやったあとに土汚しをした方がいいですね。
マスキングした後に、筆でムラになるように艶消しホワイトで塗装します。これは施工後に時間が経過して塗装が擦れた様子を再現する為です。
乾燥後に軽く紙ヤスリで擦って、先ほどの土をこすりつけて仕上げます。

<ステップ 8>

道路8

最後に、フラットブラックを溶剤で溶いた塗料で「染みよごれ」を加えます。

道には、油よごれ、通行人がこぼしたジュース等の汚れなど、さまざまな染みがあります。これをほんの少しだけくわえていくとリアルな雰囲気が生み出せます。

直径わずか100mmの空間ですが、一般的な道の作り方の要素が詰まっています。


ちなみに、この道路は、すでに作ってあった金属フェンスを取り付けて、アンティークのブリキの缶を台座にして、こんな雰囲気に仕上げました。


アスファルト道路完成

ある「主役」が加わって、さらに手を加えて、仕上げる予定です。完成しましたら、いずれ紹介いたします!




<定期PR>

※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!


                 



※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました


                 


私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


<<PREV | | NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google