なんと" 撮影モデル " デビュー !?の話


明日から(1月31日〜2月3日まで)横浜のみなとみらいにあるパシフィコ横浜にて日本最大のカメラの祭典「CP+」が開催されます!!

http://www.cpplus.jp/



      CP2B2013-thumbnail2.jpeg


ホビー界で例えるならば、静岡ホビーショー!
自動車業界で例えるならば、東京モーターショー!
おたく界で例えるならば、ワンフェス!コミケ!

・・・とまぁここまで例えなくともいいけれど、そんなカメラ業界の最大の祭典です。

私、いちお。。。

はずかしながら「アラーキー」の名前を語っているからという訳ではありませんが、カメラ大好きでありまして♬
撮影する事ももちろん大好きですが、カメラそのものの造形美も非常に惹かれるのです。古いカメラから最新のデジタルカメラまでどんなカメラでも好きですね。

このカメラショーは年初めの好例のイベントとして毎年楽しみに訪れておりました。





先週、このブログの左の列の下にあります「メールフォーム」を使ってとある方から1通のメールが届きました。


このメールフォームからはジオラマの制作依頼のメールから、ちょっとしたジオラマ制作のアドバイスを求める質問だとか、はたまた「オッス!荒木ひさしぶり〜覚えている??」っといった懐かしい旧友からのサプライズメールまでいろいろな便りがやってきます。



今回は非常にめずらしい依頼の内容でした。


カメラショーで撮影モデルになっていただけませんか?」

   (※え〜演出の為に文面はスーパーアレンジしております)



キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 !!!


男43歳にしてとうとうデビューの日が来ましたよ!
たまにこちらのブログで顔出ししたり、映画のエキストラとして参加したりと地道な活動の結果が漸く実を結びました。




・・・・という訳でないオチは想像出来るでしょうから本題に。



カシオ計算機さんから発売されている「 EXILIMシリーズ」の最上位機種のコンパクトデジカメ・EX-ZR1000。このカメラの最大の売りである「全焦点マクロ」はその名の通りにマクロ撮影した際に全部の部分にピントがあった撮影が出来るのです。
つまり模型などを撮影すると普通は一部分にしかピントが合わずに周囲にボケが生じてやはり小さい物を撮影しているようにしか見えない写真になってしまいがちですが、このカメラでは全ての部分にピントが合ってまるで巨大な物を撮影したような写真が撮れるのです!
この機能をアピールする為に、カメラショーでデモ用としてジオラマを貸して欲しいという依頼だったのです。



なんと我が子(ジオラマ)が大手メーカーのブースにて被写体としてのモデルデビューですよ!!
しかも超大手メーカー・カシオ計算機株式会社さんのブースですよ !!



これは非常に面白いジオラマ展示の方法の開拓になるかもしれません。


明日からの展示に向けて本日の搬入におじゃまさせてもらいました。
(カシオさんからブログに掲載する許可は得ております)


メインブース

カシオ8



そしてババーン!!全焦点マクロの体験ブースとして・・・ちょっと違和感のあるジオラマ展示コーナー



カシオ2


先々週に開催された越谷での個展時には13点の展示でしたが、その半分の6点の展示!!


カシオ4


しかもそれぞれの作品にはしっかりと作品説明のプレートもついており、作者を紹介するプレートまで準備していただきました♬

これはデモ用とはいえ大企業でのブースをちゃっかり借りてジオラマ展示会をやっちゃっている訳でして。


カシオ1



越谷の時にはなかった作品も展示。

しかもかなり珍しい、モデルグラフィックで掲載されたボトムズのジオラマ「鋼鉄兵の眠り」を5年ぶりぐらいに公の場に登場させました。


いや〜とてもいい展示をさせていただきました。

もちろん単なる作品展示ではありませんのでカシオEXILIM・EX-ZR1000の全焦点マクロをアピールするためのもの。この日は残念ながら実機がまだ準備されていなかったので確認する事は出来ませんでしたが、もしかしたら模型撮影に必修アイテムになるカメラになるのでは?と期待しています。

http://casio.jp/dc/products/ex_zr1000/



私も開催期間中にも訪れてみようかと思っています。


丁度、越谷の展示会が終った直後で、対象ジオラマが梱包しっぱなしだった事も幸いしたのですが、誰でも扱える輸送用梱包箱を全ての作品に用意していたのも利点の一つでした。

※輸送用の箱の話は以下の記事で
http://arakichi.blog.fc2.com/blog-category-23.html



こういったジオラマの活用もあたらしいジオラマの楽しみ方としてはアリだと思います。
ジオラマ貸し出しのご相談もお受けいたしますよ♬



今年はジオラマ展示の面白い機会が益々増えそうで嬉しい限りですね。


なお、カメラーショー・CP+はホームページによる事前登録を行なえば入場料が無料になりますのでお越しの際には忘れずに!

<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

たみー : 2013/01/31 (木) 07:59:51

全焦点って気になりなりますね。
どんな風になるか楽しみなカメラです。

MASAKI : 2013/01/31 (木) 16:59:15

ちょうど2/2に濱オフで横浜方面行くので濱オフ前に寄ってみます!

見たかった作品があるので楽しみ!

情景師・アラーキー : 2013/02/03 (日) 07:20:40

●たみーさん

会場でちょっといじってみました。
模型展示会で撮影してみると手前のガンプラと隣においてあるガンプラが両方ピントがあうという不思議な状態になる感じです。よくある「写真を撮ったら奥にある物が気になるけどピントがあっていない!!」といった感じ?!

じっくり越を据えて撮影してみないとその良さは解りませんね。

情景師・アラーキー : 2013/02/03 (日) 07:25:43

● MASAKIさん

どうでしたか?
カメラショー自体を楽しめれば幸いです。

カメラショーに来た人が「ジオラマって初めて見合た!」と興味を持つパターンと、ジオラマ趣味の人がカメラショーに初めて訪れて、「カメラって奥が深い」とお互いの趣味のクロスオーバーになれば幸いです!

ちょうぎ : 2013/02/04 (月) 00:36:38

おめでとうございます!
きっとカシオの担当者の方も荒木さんのファンだったんでしょうね(^^)
展示作品もスケール、ジャンル両方の意味でバラエティに富んでいて荒木さんらしさが凄く良く出てますねぇ。
EX-ZR1000、ブログ写真撮影用にも良さそうですね、しかし最近のコンデジは安い!ちょっと欲しくなりました^^

MASAKI : 2013/02/04 (月) 22:42:51

>どうでしたか?

作品自体は素晴らしくもっとじっくり見たかったのですが、
横にコンパニオンのおねいさんが付きっ切りで様子見てるので
自分のカメラで撮影するわけにもいかず、ましてやカメラ使わずに作品ガン見してたら嫌な顔されそうなのでカメラのファインダー越しにいろいろ見させて頂きました。
5分から10分ほどしか見れませんでしたが良いもの見せて頂きましたよ。

やっぱり作品展とは違うのでゆっくりは見てられませんね。

カメラ自体は全焦点マクロ凄いと思いますが、私としてはある程度被写界深度のボケ足があった方が雰囲気が出せていいような・・・・

情景師・アラーキー : 2013/02/05 (火) 06:43:31

●ちょうざさん

>きっとカシオの担当者の方も荒木さんのファン

→だったら良かったですけどね〜。

たまたま「ジオラマ」といキーワードで検索してヒットした人・・・だったようです。

でも今回の件でファンになってくれればいいなぁと思いますね。

カシオのEX-ZR1000はコストパフォーマンスにも優れているようです。
また使用レポートなどしてみます。。。

情景師・アラーキー : 2013/02/05 (火) 06:48:34

● MASAKIさん

まぁ作品展示会ではありませんでしたからね。

普通のカメラで撮影しても文句は言われないんですよ!!
他の企業ブースではそれが女性モデルだったりしますからね。

まぁまた作品展示の機会はありますからその機会にでも!


被写体深度のボケは逆にボケをキレイに演出出来る機能もあるんですよ。
特撮映画の1シーンで戦車が幾重も進撃しているシーンを真正面から捉えた姿、もしくはジェットストリームアタックの3重のドムの姿など、ピントがすべてあっている迫力など使い方はあるかもしれません。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google