トタン壁の造船所・3期工事 その3




トタン壁の造船所ジオラマの完成のフィナーレ。


それは電飾による夜のシーン公開です!。

小学校に入った時にはすでに本格的なプラモデル制作に入っていた私ですが、あの頃のプラモは必ず電池BOXがマストでした。つまりモーターで動くという事。いまだに「モーターライズ」!という響きが横文字の中でもっとも胸躍るカッコいい言葉だと断言します!(笑)

動くプラモデルもやがて「光る」というのが売りなるには「麦球」の存在は無くてはなりません。
それまでは小学校の理科の実験でも使用した豆電球がもっとも小さな光る為の部品でしたが、それよりも遥かにちいさな麦球は本当に胸が躍りました。部屋を真っ暗にして眺める模型にまるで自分が特撮映画の監督になったようなワクワク感が溢れましたね。

そんな気持は40過ぎたおじさんモデラーの私にも未だにふつふつと残っているのです!!

さぁ、トタン屋根の造船所の点灯です!!!

ブログ1


ブログ2

ブログ3


ブログ4



ブログ5


ブログ7


外の作業灯の黄色い光に対して、室内は蛍光色の白い光。

この光の対比が結構本物のように見える事は狙った通りでした。

ブログ8

ブログ11


ブログ9




ブログ12


ブログ13

これらの照明はゴマ粒並みの小ささのチップLEDだからこそ仕込めたのです。
将来、白い光を発光する極小の発光体を誰が想像したでしょう。

この存在は模型に大きな可能性を与えました。

ブログ14


多くを語るまい.....カメラのファインダー越しに見た世界はまさに本物のような光景でした。

時間が過ぎるのを忘れて何枚も何枚も撮影しました。

私が見たかった世界がここに。

おそらく小学生だった時代の僕に、将来君はこんなジオラマが作れるようになる!
と教えてあげたら目を輝かせて喜ぶだろうなぁ。

pan style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

ねこ : 2011/12/03 (土) 03:04:11

「私が見たかった世界がここに。」

コクコク(*゜ー゜)(*。_。))すごく共感♪
自分の頭の中にある「絵」や「立体図」が
手を動かすことで目の前に「形」になっていく。
わたしが模型が大好きな一番の理由♪

そのとき出来る事の中で
色々な物を試行錯誤して造っていく・・

子供のころに出来なかった事が
webによる資料収集の簡易化や、素材の向上
試行錯誤して造ってきた「経験」の蓄積から
自分の手で現実に形になる。

好きだから続けられる
続けるから形になる
形になるからもっと好きになる♪

”(*>ω<)o"クーーッやっぱり模型は楽しいですね~☆彡

アラーキー : 2011/12/03 (土) 13:22:52

<ネコさん>

自分は子供の頃の自分が今の自分を見て憧れるか否かをたまに考える事があります。

今の所、まぁ満足出来る点数はもらえるかな?。

確かにネットの資料収集は格段に模型の精度を高めますよ。
私が住んでいる東京からはこのジオラマの光景を見に行こうとするとけっこう足を伸ばさなければならず。故にこのジオラマの資料はすべてwebの画像検索から集めたもので作っていますからね。

さ、次は・・・あの頃の俺よ、何を見たかったんだい?おっちゃん見せてやるぜ!!

屋根裏部屋の男 : 2011/12/03 (土) 19:32:27

同じ世代のおっさんとして、同じ時代に同じような物を作っていたんだなと少し笑えた。。。

そうそう!
モーターライズは子供の頃の定番だった(笑)
プラモは自分で組み立てて遊ぶ為の「作る子供のおもちゃ」だったと思いだす。

麦球はカーモデルのヘッドライトに仕込んで光らせるのが流行ったなぁww

モーターも麦球も難しい配線も知識はいらなかった。。。
でも、大人になってそれが難しく思えて出来ないんだなぁ~^^;
極小チップLEDは半田付けが難しい上に抵抗だ何だと回路もまるで学生の頃覚えた(今は忘れた)計算式が出て来る始末で。。。
とても手に負えない物になっちゃいました(苦笑)

大人のおもちゃになったのかなぁ?プラモは?!
ちょいと値が張るが、出来合いの回路付きLEDでも仕込んで見るか!

と思わせてくれる素晴らしい作品ですねぇ!
(前置きが長いお話でした(笑))

MASATO。 : 2011/12/03 (土) 20:20:08

ども、ドダイ見て頂いていたみたいでありがとうございます。

光が入ると何とも言えない心にしみる感じがいいですね。
いや~久々に、魅せられました。(^_^)
昼の雰囲気も好きですが、夜の雰囲気は凄く良いですね。
光が入ることで、こんなに魅力的になるんですね。
勉強になります。
後、このトタンは、こういう素材があったりするんですか?

ジオラマ製作というのはまだ、経験が少ないですが、来年は
挑戦してみたくなりました。

アラーキー : 2011/12/03 (土) 23:03:46

<屋根さん>

やっぱりあの頃の男の子のたしなみとしてモーターライズの車はマストだったでしょ?

しかも小学校の時にスーパーカーブーム直撃で、少ない国家予算(お小遣いの事ね)がすべてイタリア車のプラモデルやら消しゴムやら写真カードに消えた昭和50年代。

僕の記憶の中での最初の電飾は、このスーパーカーブームの際に発売された東京マルイの伝説のカーモデル「カウンタックLP400」が最初でした。1/24なのにステアリングがハンドルと連動していたり、リトラクタブルライトがちゃんとポップアップしたり、しかも麦球でライトとブレーキランプが点灯!!
ああ、今でもあのキットを造りたい!!

アラーキー : 2011/12/03 (土) 23:10:53

<MASATO。さん>

やはり電飾は皆の心を引きつけますよ。
モデラーズサミットでの出品作品での上位入賞者はほとんど何かしらの電飾付けて目立っていましたからね。
バーニアとモノアイが光るだけであれだけ格好良く見えるのだからもう得したもの(笑)


トタンの材料はアメリカ製のプラ素材メーカー「プラストラクト」社のものを使っています。この材料はエバーグリーンのプラ棒素材と共に最近の大きな模型店でも見かけるようになりました。しかしながらその種類は半端なく多く、模型の再現の幅がグンと変わります。

日本での輸入代理店はジェマコーポレイションが行っております。

http://www.jema.co.jp/

通販もやっておりますので是非!

おすすめは兎に角カタログを買う事!!本当にいろいろな材料がスケール別に売られておりジオラマを作りたくなりますよ。

ヤタ : 2011/12/04 (日) 00:30:26

『分は子供の頃の自分が今の自分を見て憧れるか否かをたまに考える事があります。』
それ凄く良いですね、時々意識しようと思いました。
振り返って思うとわりと自分も良いところ行ってるかな、というか作る物考えるときは頭が子供に戻ってるな(^ ^)

さて今回の写真、釣られないわけが無いんで(^ ^)
ステキですよねえ。
複数の光源が生む陰影の密度って凄く好き。
中と外の光源の違いも立体的な絵になってステキ。
何より一枚目の外が真っ暗になる手前に撮った写真。
LEDの光が届かない屋根やクレーンなど外のオブジェに軽く陰影が付いて良い絵になってますねー!
ただ、きちんとした工作と塗装あっての結果なんですよねー。
そこに適切な光源、なんとも贅沢なジオラマですこと(^ ^)

アラーキー : 2011/12/04 (日) 07:21:59

<ヤタさん>

よくオヤジどうしが飲み屋で「オレは本当はこうなりたかったんだ・・・」と愚痴を言っている光景をみると、その気持は解らないではないけれど努力したけどそうならなかったのか?仕方なくてそうなってしまったのか?でまったく違う人生だと思える訳で。
あの頃の自分はどんな将来がまっているのか不安と期待に入り交じっている頃でした。

少なくともそんな期待に満ちた過去のオレにがっかりされる人生にはなりたくないなぁと思っていまして。

さて、将来特撮映画監督に成りたかった私の夢を叶えるべく(笑)こんな写真が撮れるジオラマを作っているわけでして。日中の日でも夜でも写真を撮って楽しめる作品はそれはそれは面白いですよ!

ヤタさんの最近のマシーネンのジオラマで「ようやく太陽下で撮影が出来る作品が出来た!」と言っていたのが印象的でした。
面白いですよ。さりげない日常ジオラマも!

兄さん : 2011/12/04 (日) 07:36:36

どもん、いやぁ、また「頂」を見せてもらえました、、、
ホント、アラーキーさんの記事は、少し世代違うけど、僕もストライクでなんか嬉しい!!
スーパーカーブーム到来の折、自転車までリトラクタブルがついて、挙句に、後部シートがフラッシャーで単1が12本とか、、笑
(支離滅裂で本末転倒な「工芸品」でしたよね、アレは、、爆!!)
今回も、「光の世界」にうっとり、、、
アホみたいに調査され(笑)、完全再現された「工業用旋盤」の作り込み、塗り上がり、その下に落ちた、あまりにも薄い削りカス、、、
昭和もろ出しの超薄い、くもりガラスの演出と、狙った感満載の床のディフォルメ度MAXな質感、、、、
どこもかしこも「アラーキー色全開」で、とても良い気持ちにさせていただきました、、、、
駄菓子屋が「聖域」だった時代に、ぐぐっと引き戻されました、、、
素敵な景色にいつのまにか、すっぽりはまってしまった、、、笑
(ヤバイ、ヤバイ、、、仕事しないと、、汗、、(;^ω^))

gakky : 2011/12/04 (日) 11:24:37

こんにちは、初めまして
ブログ開設時から毎日のように見に来てました(*´∀`*)
隅から隅までこだわり抜き、さらに全体として情景絵画となっている
ため息がでます・・・

私も幼少時は動く情景模型に魅了された一人です
デパートのおもちゃ売り場に4㎡位の大きな鉄道模型のジオラマがあり、そこへ行くといつも1時間くらいずーっと眺めていたことを思い出しました

LEDの普及と低価格化は模型界にとっても画期的なことですね
私も30代後半デビューで模型作成に取り掛かりました
勉強させていただきます

ぴあにしも : 2011/12/04 (日) 18:52:56

こんばんは、アラ―キ―さん(^^)
FC2にブログがあると知って、遊びに来ましたよ♪
スゴ。。。まるで本物!!
こういうのが作れるおっちゃん(失礼、おにいさん)になったんだぞ!って
子供のころの自分に言ってあげられたら、きっと子供のころのアラーキー君は
目をキラキラさせて喜ぶでしょうね。

私は子供のころは模型というものにまったく触れてこなかったので
(男子がガンプラやお城を作って夏休みの宿題に持ってくるのを見るくらい)
もしも子供のころの自分に「あのね、今こんなの作ってるんだけどね・・」と
言ってジオラマを見せたら、目を点にして沈黙されそう(笑)
でも、そんなにも昔と変わってしまった自分を後悔したことはありません。

また遊びに来ますねー♪

ゼンガー : 2011/12/04 (日) 20:15:12

毎度どもです アラーキーさん
何気に同い年って今頃気がついたとかw
おいらも1969年生まれだったりしてw
今度は夜の風景だすなw 作業灯も光って 工場内の電灯もいい感じです
会社のPCの壁紙にココから画像いただたものにしちゃいました^^
今後の参考までに情報おばw
工場内にエンジン関係の掃除用にテーブルが洗い桶みたいになってるのが
あるといいかなーって思いました
実作業ではエンジンの部品なんかは灯油で洗うので長方形の枡に足がついた
洗い桶?みたいなものがあるんですよ^^
あと 外に一本柱を立てて作業灯が2個くらいついてる感じですかね
リアルだとね^^
おいらが働いてる会社ではドックもありますんで 資料欲しいって
言ってもらえれば、写真撮りますよんw
まぁ何かお役に立てるのであれば言ってくださいね^^
何か すんません リアルでそういうとこに働いてると細かい部分に
目が行ってしまって^^;
それでは またきまーす^^

アラーキー : 2011/12/04 (日) 21:39:36

<n兄さん>

どもども!

いや〜僕は実は兄さんは年齢的に同じぐらいだと思っていたんですよ。
見た目が若いし、ブログで書いている文章がテンポが良くて解りやすい、本当に若い文章♪。共感する部分が多くて同じ匂いを感じていた所・・・え???そんなに上だったの????
大変失礼いたしました。。。。

僕がプラモデルに目覚めた小学校の時には兄さんと同じぐらいの人が近所にいて一緒に遊んでくれた時にプラモデルの面白さを教えてくれたんです。故に同世代の友人よりも随分ませたプラモテクニックを身につけられたという事です。

アラーキー : 2011/12/04 (日) 21:54:20

<gakkyさん>

こんにちは!こちらこそよろしくお願いいたします。
そうですか、見ていただいていたんですね。。。ブログ開設おっかなびっくりで初めて、
何を書いてよいやら・・・

mixiでは6年ぐらいやっていて、こんな感じの写真てんこ盛りの模型&バカネタ日記は書いていたんですが、ブログ開設って独立して店を構えたようなものなので、いろいろ日記内容にも責任持たなければいけませんからね。

制作日記も今後ももちろん書いて行きたいのですが、作例を作っている時はそのn作品が掲載さえる雑誌が販売されるまでは制作記は公開出来ませんので日記の期間も空いてしまいますがまぁたまに覗きに来てくださいませ。

アラーキー : 2011/12/04 (日) 22:30:14

<ぴあにしもさん>

いらっしゃいませ!
超人気の女性モデラー見参!!

いや〜ぴあにしもさんのブログへのファンの書き込みがすごいでしょ。
そりゃああれだけの腕をもっている主婦モデラーならば皆ファンになっちゃいますよね。

ぴあにしもさんが作る作品も電飾などが似合いそうですよね。
あのヨーロッパの街角のジオラマなど街灯を電飾してみたらどうですか?
ヤタさんにあれこれ聞いてみれば簡単に出来るはずですよ。

実は以前からぴあにしもさんを探していたんですよ。
かなり前のオラザクの作品(あの頃は本名で出していましたよね)とか、ガンプラエキスポに出品した作品だとかがかなり個性的でしかも男が作ったんじゃないかと思えるほどテクニックがあって....この人は本当は男なんじゃないか?と思っていた訳で。(その頃は上原みゆきさんは逆に女性モデラーだと思っていました)

次回はもっといろいろと直接お話しましょうね。

アラーキー : 2011/12/04 (日) 22:41:40

<ゼンガーさん>

お!同世代。アポロ世代ですね。
この世代はミリタリーとかスケール物を作っていた時代を経て、小学生の頃にガンプラブームがやってきて、80年代ロボットアニメ全盛期にアニメプラモ作りまくっていたりしてけっこうオールジャンヌに模型を作れる人が多いんですよ。

今年のオラザクの大賞をとったあにさんも同じ1969年生まれですよ。

ところで・・・ディテールの詳細ありがとうございます!
知りたいですね、今後の参考にも。
ここにアドレス書いちゃうと問題が出て来ますので、もしもセンガーさんがfgを見ていたらそこから私宛にメッセージください!!

おさる : 2011/12/07 (水) 14:00:51

密かにのぞかせていただいておりました。九州のビグザム作ってた変態の連れの者です。
光の色の違いがリアルで・・・しばらく時間を忘れて写真も見つめてしまいました。
細部まで作りこんである細やかさに感動です!!
これはどれだけ見てても飽きないですね。
作業中に出たであろう削りカスまで再現されていて驚いたのですが、何より驚いたのが、指とのサイズ比です!
予想以上に小さくて、私にはどうやって作られているのか想像もつきません。
これからも楽しみにしています♪またのぞかせていただきます♪♪

アラーキー : 2011/12/07 (水) 22:54:55

<おさるさん>

おおお!!あの変態(!!)の美人の彼女さん!!

ハンドルネームが「おさる」って・・・・プププ〜。

ようこそいらっしゃいませ。
こちらでつながれは今後もやり取り出来ますね。よかった、よかった!

そうですか、どこで誰が覗いているのか解らないのがブログと解っていましたが、おそろしくもあり、こんな素敵なつながりもあり・・・・

お褒めの言葉ありがとうございます♪
やっぱり比較のゆびってインパクトあるでしょ?

作った本人が言うのもなんですが自分で写真を見ても「うぉ!ちっちゃ」と思ったりするんですよ。やはり集中して作っているとその世界に入り込んでしまうんですよね。

現在作っている作品は雑誌の作例なのでしばらくは公開出来ませんが、過去の作品も含めて徐々に紹介していきますね。

よろしく御つき合いくださいませ!!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
[PR]ラインスタンプ 無料 アクセスカウンター
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google