西瓜の夏ー制作記その4/川床の工作



まもなく9月も終ろうとしています。

先週のロングツーリング時が夏の最後といった様相で、あっという間に涼しくなってしまいました。

モデリングには最高の季節になってきましたね。
今年の8〜9月は本当に遊び回りましたので・・・・涼しくなった今は家で工作に集中!
しかし遊び癖がついてしまって。しかもツーリングには最適な季節になったので逆にうずうずしていたりして(笑)
山城を攻めるには最適な季節なんですよね。山を覆い尽くす木々が葉っぱを落とすと山の上の様子が良くわかりますので夏にいくよりも秋の方が都合がいいんですよ。
近場ならば八王子城とかいいなぁ(また城の話かよ)



妄想はさておき・・・長らく保留しておりました石橋のある光景「西瓜の夏」の制作記の続きであります!


ようやく「ジオラマ制作ブログ」として軌道を戻すのであります!


すいか1


あぶない、あぶない「西瓜の夏」っていうジオラマタイトルですからなんとか夏らしい時期に完結しなければ。


前回の記事ではえ〜と・・・・・石橋の工作まで完結しておりました。
これはいろいろな工作に使える石組みの造形の基本です。

今回は透明感のある川を再現するための『川床』の基本工作です。


まずは川砂の部分を作ります。使用したのは鉄道模型用の線路用のバラストとして販売されている粒の小さな砂です。スプーンを使ってさらさらと川の底に流し込んだ後に、木工ボンドを水で溶いたものを注射器を使って砂の上にすこしづつ流し込みます。注射器はホームセンターや東急ハンズのようなところで売っています。

石橋1


次に川の中の石を配置します。

石橋2


これらの石は近所の公園や川で拾ってきたもの。
日頃から様々な大きさの石を用意していました。
配置はピンセットで一つ一つ行ないます。配置する際には石の裏に木工ボンドを点付けして配置していきます。
一つ一つ行ないますから根気のいる作業です。。。。でもこういったチマチマ作業はけっこう好きなんですよね。
配置が完了したら、また先ほどの注射器で木工ボンドを小石の間に流し込こんでよく乾燥させます。


つぎに石についた苔を再現します。



石橋3


苔の再現として昔懐かしのおがくずに着色された「芝生のもと」を使いました。
これは今も模型店の定番になっている河合の日本の風景シリーズの中に入っていたもの。もう過去の遺産として普通のジオラマ制作には使う事はほとんどありませんね。しかし、川石についたいい感じの苔の再現としては最適でした!
同時に川岸の芝の工作も施します。
「バーリンデングラス」という化学繊維を短くカットした材料です。大きな模型店や通販で手に入ります。
これらの接着にも木工ボンドを水溶きしたものを注射器で流し込んで接着します。

ここでちょいとテクニックを。

よく水溶き木工ボンドをいろいろな接着に使用しますが、それを注射器やスポイトを使って流し込むと水の表面張力でなかなかしみ込まずに弾いてしまう事があります。この場合は台所用洗剤をほんのちょっと加えると解決できます。台所洗剤は表面活性剤が入っていますのでしみ込み性がアップします。



今回はこんなことで。

結局まだまだ続きます。。。。夏が過ぎさろうとしていますが(笑)
span style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

この「西瓜の夏」が表紙になっています。

                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

たみー : 2012/09/30 (日) 00:54:54

小石も一個一個置いてくんですね。
確かに適当にぶちまけちゃだめですよね。
おがくずに着色したものって、玉石についてる部分なんでしょうか?
砂利とか玉石がすごいい感じに苔がついた風になってますが。

たにーちょ : 2012/09/30 (日) 10:21:14

最後の写真、コケや芝生を加えることででいっぺんにリアリティが増しますね!


ちょっとお聞きしたいのですが、よく水溶き木工ボンドを使用されていますが、水とボンドの比率というのは、どのくらいがちょうどよいのでしょうか?


あんまり薄めてしまっても固定力が弱そうだし・・・

ご教授いただければ幸いです<(_ _)>

逗逗 : 2012/10/01 (月) 21:58:32

すばらしく勉強になります。。。
界面活性の件などは目からうろこです。

私も水とボンドの比率を伺いたいです。

次回はいよいよ水面でしょうか?

実はコイのことがとても気になっていましたwww

ぴろんちょ左衛門之介久 : 2012/10/01 (月) 23:15:08

すでに川です!!!

yoshi : 2012/10/01 (月) 23:59:28

苔の表現なる程ですね。先日教えていただいたベースと合わせて試してみます。ありがとうございます。

情景師・アラーキー : 2012/10/02 (火) 06:44:43

●→たみーさん、こんちわ!
まさ、最近はそちらで地震が続いていますね。ちょっと心配しています。。。

そう、こういった小石は全部ではありませんがある程度は一つ一つ配置していきます。
ある程度配置&接着ができたら、小さい粒はバラバラと撒きます。スポイト&注射器で木工ボンド溶剤を流して接着が完了。今回の場合は、この後に透明レジンを流し込むので接着はそれほど気を使っていません。

情景師・アラーキー : 2012/10/02 (火) 06:50:54

●→たにーちょさん

木工ボンドの水との比率・・・・確かに、いい質問ですね!

僕の場合はおおよそ50/50ぐらいかな。感覚的にやっていたのであまり考えた事がありません。スポイトや注射器で吸い出して、それをしみ込ませる際にあまり粘度が高いと上手く押し出せませんからそうならない程度の粘度調整....って感覚ですね。
もちろん、粘度が高い方が接着力が増します。

しかし、砂や芝などこの方法で接着した後には、パステル使って汚しを加えたりして、最後には水性のつや消しスプレーをむらなく塗って仕上げのコーティングをするんです。これで固定はばっちりです。

情景師・アラーキー : 2012/10/02 (火) 06:58:43

●→逗逗 さん、まいど。

その後、腰の調子はどうでしょうか?腰が痛いと様々な事がおっくうになりますね。

鯉は気になりますよね。。。ふふふ。
今回もそこまで解説しようかと思っていましたが、毎回写真いっぱい、文章長めだと息が切れてしまいますから次回にまわしました。
肝心な川の制作部・・・は実はあまり写真がなくてどのように編集しようかと迷っています。。。

情景師・アラーキー : 2012/10/02 (火) 07:00:06

●→ぴろんちょさん

・・・既に貴方にはもう川が見ておるか!!

うむ。。。フォースじゃな。

情景師・アラーキー : 2012/10/02 (火) 07:04:27

●→yoshi さん

今回は川の中にうっすらと見える苔の表現なので、まぁそれなりに見えるようにしております。
その昔、この苔表現を「お茶の葉」を使ってみた事があるんです。
上手くいったなとほくそえんでいましたら・・・・

梅雨時期にそれらにカビが生えて完全にナウシカの腐海に。
冷静に考えればおちゃの葉っぱは食品ですものね。

ちなみにこれらの素材を使っても、仕上げにむらなく水性つや消しスプレーでコーティングすれば問題ありません。

yasuhiroro : 2012/10/04 (木) 19:09:11

はじめまして。
ミニチュア模型で「錆」を表現したくて検索していたらこちらに辿り着き、以後毎日のように拝見させてもらってます。

どなたかもおっしゃっていましたが、ホント目から鱗ですね♪
何十年も前に初めてプラモデルを手にした時の、何とも言えない「ワクワク感?」が沸々と蘇ってきているような、不思議な気持ちになりました。
そして...35年ぶりに、懐かしの車のプラモデルを作ってみようかと。
もちろん、錆び錆びで。(笑)

今後とも参考にさせて下さいませ...(といっても、とても真似できる腕はありませんが。。汗;)

情景師・アラーキー : 2012/10/05 (金) 08:03:22

●→yasuhiroroさん、いらっしゃいませ。

おおお、すばらしい〜!!模型を通じた出会いに乾杯!

まぁいろいろなジャンヌの模型造ってますんで少しでも皆さんの制作のお手伝いが出来ればと。

それにしてもyasuhiroroさんのブログ、拝見しました!

す、すばらしい小学校の校舎!
私、鹿児島に住んでいる時に木造校舎で学んでいました。もちろんその時にはすでに木造校舎は超懐かしい部類に入っていましたけどね。だから懐かしいですね。
同級生のお母さんも、そのまたお母さんもその校舎で学んだと語っていました。
木製の手すりはツルツルピカピか。階段も真ん中の部分は長年の摩耗で凹んでいましたね。
私が卒業した直後に立て替えで壊されてしまいました。。。。あの乾拭きでピカピカになった廊下の部材とか欲しかったなぁ。。。

yasuhiroro : 2012/10/05 (金) 18:00:19

ありがとうございます。
アラーキーさんも木造校舎リアル体験者でしたか。
当時は何とも思わなかったのですが、ホントあの時に落書きした机の1セットくらい貰っとけばよかったなぁ...と思います。

事後報告となりますが、リンクさせていただきました。
ボクのバイブルとして、今後とも宜しくお願いいたします。

あっ、それと・・・
さっそくオーナーズクラブの車を納車し?カッターナイフでチクチク削ってます。
慣れない作業なので時々指先も削っては、出血で“錆塗装”しています。。(泣)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google