空の防衛と戦国の守り(横田基地友好祭レポート)



3連休が始まりましたね。でもね・・・・ぐふふ、私はもっと長い連休なんですよ。


以前のブログ記事でも書いたのですが、基本的に盆休みが無い僕のかみさんがようやく休みが取れましたので私もそれに会わせて大型連休を!

本日、東京は有明フェリー乗り場から出発して翌日には四国・徳島に到着して1週間かけて四国をぐるりとバイクで巡る旅を計画していろいろとフェリーの予約から宿の予約まで、作例製作中にかみさんにお願いしてコツコツ準備を進めておりました。。。。

作例納品して、本職でのデザインも片付けて久しぶりのフェリーでの船旅を楽しむぜ〜〜!!!!

となる予定だったのに・・・・


台風サンバ


ゴルァアアアアアアアアアア!!!!!!!


「台風・サンバ!!』って、陽気な名前の割には「」大型台風やんけ!!!

四国は直撃ではありませんが、その影響で上陸後はず〜〜〜〜と雨予報。

多数ある私の趣味の一つである城廻りを楽しもうと思っていたのに、バイクでしかも雨の中の旅は辛いですからね。
昨日のギリギリまで台風の進路と全国の天気予報を睨めっこしながら判断を渋っていましたが、全ての予約をキャンセルして「四国城廻ツーリング」は断念しました。。。。ちくしょ〜!!!!!海洋堂のミュージアムとかも行こうと思っていたのに〜。



しかし、夫婦2人ともすでにしっかりと1週間以上年休取っておりますので、このまま引き下がるのは悔しい!。
と、転んでも藁をつかんでそれをジオラマに使ってしまう私たちなので(笑)、明日から全国一斉に雨予報の中で唯一晴れている長野〜富山ルートに着目して日本海側の城巡りツーリングに変更しました!。
先ほどまで2人で2台のパソコンをフル加速で検索をかけて宿を予約!!なんとか残っていました。。。
明日の早朝に、バイク2人旅が始まりま〜〜す!!



・・・・・っと、また「ジオラマ」ネタとは脱線した記事(汗)

いや、ちゃんと覚えていますよ、石橋のジオラマの続きとかね。あはは。
いちお反省しつつも、やり残していた事がちょろちょろとありますので、消化します。



もうかれこれ1ヶ月前の話ですが8月18日に東京は福生市にある米軍・横田基地で2日限りの解放祭が開催されました。私の住む杉並からは1時間ほどでいける「米国」!。予約や抽選もなく誰でも行けるお祭りなのでそれはそれはもの凄い人が押し寄せます。

基地内ではもちろん米軍機の展示がありますが、いかにもアメリカ、いぇ〜い!!というバーベキュースタイルのハンバーガーなどの屋台が100店ほど並ぶのも名物の一つです。

さて、さて前回では陸上自衛隊の総火演のレポートでしたが、私も空よりも陸ものの方が好き
でも、中学生の頃にマクロスにハマってからは現用機もええなぁと思っていまして。
実は今までにも一度も作った事の無い分野です。。。

いきなりドン!!とF−16。いやぁ〜洗礼されたデザインですなぁ。

横田12


そしてそして,初めてタミヤのキットを見た時からかっこええなぁと憧れていたサンダーボルト・A10に初遭遇!
おおおお!かっこよすぎ。しかもシャークマウス仕様なんて。。。。号泣。
機種前方に設置されたバルカン砲がしびれます。

横田10


A10はこれだけではなかったんですよ。なんと2台も並んでいて、もう1台は・・・・

搭乗用ステップの扉の内側には死神のオリジナルマーキング。
普段は見れない場所にさりげないお洒落!!!こ、これぞアメリカ!!

横田11


この機種だけでももう、カメラが壊れるじゃないかと思う程シャッター切ったのに・・・・


うわ〜〜〜〜!!!!!!!!!今年は展示されていたステルス機・ラプター様の姿が!!!

横田8
横田7

未来だ!未来の戦闘機だ!!

このギザギザのパネル分割なんぞ、完全にマクロスの世界ですものね。いや〜日本のアニメの影響をもろにうけていますなぁラプター(ホントか?)


横田9


興奮しすぎて、知恵熱が出そう・・・



と、やはりモデラーはこういう部分の拡大写真とか撮っちゃうわけでして。
しびれますなぁ〜。

横田基地1

横田5

横田3

横田6


大型輸送機の室内とか・・・・このごちゃごちゃ感、たまらないですよね。


横田基地2



あ〜面白かった。

やはり本物は違いますよね。模型を作る際ににも本物を見ているか否かはまったく違ってくると思います。
特にガンダムやマクロスなどの架空の兵器の場合は、それに近い現用兵器を見て想像力を発揮させるしかありませんからね。
地方でも自衛隊などの解放祭などが開催されている場所は多いと思います。
マメにチェックして是非、本物を見てくださいね。(そして情報があったら教えて下さいませ)


・・・・と言う事で、まったく分野が違いますが、本物の城を見て来ます〜(笑)

span style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

たにーちょ : 2012/09/16 (日) 08:57:55

ツーリング出発前の雨予報って、めっちゃくちゃがっくりきますよね~

私も、学生の頃、九州ツーリングに行ったものの、5日連続雨で、ずーっとキャンプ場のテントで過ごしましたよ・・・


それにしても、エンジンの写真、ヨダレでそう・・・


この複雑なパイプやコード類、見てると作ってみたくなりますね~^^

MASAKI : 2012/09/17 (月) 01:27:48

>転んでも藁をつかんでそれをジオラマに使ってしまう私たちなので

ここ吹き出してしまいました><

エンジン内部の写真は迫力ありますね~。
これを作るだけでもかなり大変でしょうけど、
キッチリ塗り分けたらさぞかしカッコいいものが出来そうですね。

MASAKI : 2012/09/17 (月) 01:30:02

そうそう、バイク旅行お気を付けて~

micanbaco : 2012/09/20 (木) 22:15:40

いやいや、雨が滴る城も風情があって良い物ですよ。
まぁ強風で風情もどっか飛んでちゃいますが・・・・(汗)

それにしても残念です。 我が松山城と今治城、そしてお隣 高知城はホントに良い城なのに! 四国の片田舎である我が地元にも、荷物を満載したバイクが引っ切り無しに走っていってます。

松山城と海洋堂ホビー館に関しては過酷な旅の思いでと共に私もブログで書いてます。(宣伝) 機会がございましたら、是非 四国にお越し下さいませ。春頃にはお遍路さんも増え、景色も素晴しいですよ。
四国

情景師・アラーキー : 2012/09/25 (火) 07:12:36

● MASAKIさん

ふふふ、やっぱりジオラマの素材は地面にいくらでもありますからね〜。

現用戦闘機のエンジン部分の模型はそれだけでも十分作りこたえがありそうですからいつかは作ってみたいですね。エンジンだけの模型でもいいなぁ。

情景師・アラーキー : 2012/09/25 (火) 07:15:37

●micanbaco さん、

四国はいい城、しかも現存している天守閣がしっかりとある城が多いので本当に期待していたんですが、やはりバイクの旅なので天候で予定を変更せざろうえませんでした。
石垣フェチの私にとっても急斜面に作られた段々畑も見たかった。。。。

いつか絶対にチャレンジします!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google