西瓜の夏ー制作記その2/石橋の工作


盆休み3日目、帰郷する必要がまったくない私たちは都内でぶらぶらと過ごしております。

江東区の東京都現代美術館で開催中の「特撮美術展」を見に行ってアドレナリンを吹き出させたり、ジオラマ界の大御所・金子師匠とゴニョゴニョと打ち合わせしたり、東京湾花火大会を見ながらビールを飲んだり、原寸大ガンダムに再び会いに行ったり。。。。

まぁまぁ楽しんでいます(笑)。

しかし本日からは依頼された作例を真面目に作り出さないといけないので家に籠らないといけません(泣)
難しい夏休みの宿題を与えられました。。。。。


さて、前回の記事で夏らしいジオラマ「西瓜の夏」ですが、本日は主役?の一つである石橋の制作を紹介します。

すいか1


この石橋は熊本県に現存する江戸時代の橋という話をしましたが、実際の石橋は車が通れる幅はありません。


http://www.yado.co.jp/hasi/kumamoto/midorik/ookubo/ookubo.htm

うつくしい橋でしょ〜。人目惚れです。熊本に住んでいましたが小学校の1〜3年生の期間ですからこの橋を見に行ったりはしていません。

この石橋に出会ったのはとある一冊の写真集。


石橋 伝えたい日本の橋石橋 伝えたい日本の橋
(2009/05/24)
平野 暉雄

商品詳細を見る


この写真集は全国に現存する石橋だけをあつめた写真集です。
もう石組フェチにはたまりません!!ジオラマにしたい光景が満載!。鉄道模型を作られる方とかもいい題材になるかもしれませんね。


その写真集を見て人目惚れした大窪橋。それをモチーフにアレンジして今回のジオラマに採用しました。

さて、石橋の工作を紹介していきます。
以前の記事でもお勧めしましたタミヤ製のスチレンボードを使って、モチーフとなる石橋を見ながら水性ペンで下書きをします。タミヤ製のスチレンボード2mmが最適ですかね。適度な堅さが非常に使いやすいので他の製品よりは彫刻がしやすいですよ。


ちなみにこの石橋の大きさはすでにジオラマのレイアウトが決定した後に割り出した大きさです。
いきなり石橋ありきで作らない方がいいですよ。全体の治まりを考えて大きさを決めなければなりません。数ミリの大きさで印象がまったく違ってきますので、まずは厚紙を使って下書きならぬ「下作り」を行なう事をお勧めいたします。

石橋0

この石橋の場合はもちろん両面が必要です。石組みの大きさはまぁまちまちでいいですが、丸いアーチの部分は左右で辻褄があうようにちゃんとした大きさに統一して描きます。

描き終わったら、爪楊枝で石組みの間をけがきます。ピンバイスの先端に爪楊枝を差し込んで使うといいでしょう。
以前はボールペンによる加圧式の彫刻を紹介しましたが、こちらの爪楊枝式のほうがよりリアルに作る事が出来ます。

石橋1


けがき終ったら、こんどは爪楊枝のお尻の部分を使ってグリグリと表面を押して行きます。
これをする事で石組み特有の表面を「はつった」ような凸凹を再現する事ができます。

石橋2

建築用の断熱ボードとして使われている「スタイロフォーム」はジオラマベースを作る際に重宝する定番です。
これを使って、先ほど彫刻したスチレンボードを表裏に貼付けて、石橋のアウトラインにそって切り出します。
貼付けには2液性の「エポキシ接着剤5分硬化型」をお勧めします。木工用ボンドは硬化時間が長いので次の工作がなかなか出来ませんからね。

厚みがあるので一度で切り出そうとはせずに、少しずつ工作してください。特にアーチの内側はあとからまた追加の彫刻をしますので丁寧に。

石橋6

石橋のフォルムが現れると・・・興奮しますね〜(笑)
今回はこの石橋の道の部分は土を固めた表面になりますが、欧州や他の石橋では綺麗に配置された石畳のタイプもあります。その場合はこの表面にも先ほどの爪楊枝工作をしたスチレンボードを貼付けます。


切り出しの工作が終って、表面を紙やすりで整えた後に、アーチの内側の工作を進めます。
この部分は覗き込めばみえる・・・という部分なのでそれほど細かさは必要がないかなぁと思います。
ただし、高い部分に設置された橋や、深い谷間にかかる橋などはしっかりと裏側がみえてしまいますので、この部分にもスチレンボードを貼ってディテールを加える方がいいでしょう。

先ほどこのアーチの部分は左右で辻褄があうように描いてくださいと行ったのはこの彫刻をする為です。
このように石組みを描いていくと、いい加減に描いてしまった場合は左右で石がずれてしまう事になるからですね。
まぁ本当にずれてしまっても、ツタを這わせて見えなくしてごまかす方法とかいろいろありますけどね。


石橋2.5


彫刻が完了しましたら、お約束「モデリングペースト」を表面に薄く塗ります。
あまり厚く塗らないでくださいね。折角の彫刻が埋まってしまいますから。


石橋2.6


仕上げに橋の欄干をスタイロフォームをスティック状に切り出したブロックを組んでラフな感じに接着します。

石橋7



いい感じでしょう??


今回の工作は日本の石橋を作りましたが、石組みの橋は基本的な工作は欧州にあるタイプも同じ。
AFVのジオラマにも、ガンダムなどのジオラマにも十分に応用が利くと思います。

ジオラマにしなくても石橋だけ作って、その上にお気に入りのミニカーをかざるというちょっとしたおしゃれな飾り台にもなりますからね。




次回は塗装編になります。


span style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

MASAKI : 2012/08/13 (月) 10:43:48

石橋の感じ凄く良くできてますね!!
太陽光での撮影だと本物にしか見えません。

石橋のはつった感じはあのようにして表現していたのですね!
いろいろ参考になります。

モデリングペーストなんですが、リキテックスのものは結構粘度が高いのですが、
そのまま塗り付けているのでしょうか?
少し塗りやすいように薄めて使いたいのですが、この場合水で薄めても問題ないのでしょうか?

試しに塗ってみたのですが、どうも薄く塗りにくかったもので・・・
煉瓦の目が詰まってしまいそうになります。

ご教授頂けると助かります。

たにーちょ : 2012/08/13 (月) 17:36:24

徐々に出来上がっていく工程を拝見するだけで、ワクワクしますね^^

詳細な解説を拝見していると、チャレンジスピリッツがムクムクと・・・

塗装編も楽しみにしています!

情景師・アラーキー : 2012/08/14 (火) 08:01:18

●→MASAKI さん、どもども。

モデリンペーストですが、説明の仕方が悪かったようでいろいろと質問が多いですね。

モデペはサーフェイサーのようなものと考えて、盛りつけるのではなく薄くコーティングする位の使い方でいいんですよ。市販の物は水で薄めて使ってかまいません。ヘラで塗った後に、腰の強い筆でまるで庭を掃き掃除するように広めます。水で薄めたものを普通の筆で塗っても構いません。私の場合は作例の締め切り時間に追われますので水で薄めた場合は乾燥時間が長くなるのを懸念してあまりやりませんけど。

このやり方もあくまでも私が誰かから教わった訳ではないので「これが正解」という方法はありません。

情景師・アラーキー : 2012/08/14 (火) 08:04:03

●→たにーちょ さん、

かつて私は模型雑誌などでその行程をいちいち写真を撮っているモデラーは本当に偉いと感じて、自分では真似が出来ないと思っていました。だって作業が中断されてしまうわけですからね。でもいざ自分でやってみると意外と出来ます。
それよりもこうして作業を振り帰ってみても面白い(笑)

sai : 2012/08/14 (火) 08:25:14

定番の工作とも云えど、とても参考になります!厚みのあるスタイロフォームを曲線にカット!これ、何度やっても難しいのですが…スチロールカッター?普通のカッター?綺麗に平行な曲線面がでていますが…のりしろを付けて後でヤスってるのかな?教えて師匠!!!

カモ : 2012/08/14 (火) 08:33:36

はじめまして、いつも楽しくみてます。
自分はスタイロフォームをカッターで切ってるんですがいつもガタガタ、ボコボコになってしまいます。
切り方のコツなどあるのでしょうか?

情景師・アラーキー : 2012/08/15 (水) 08:35:19

● → Sai さん、どもども、そしてカモさん初めまして!

丁度同じ質問だったので一緒にコメント返信させていただきます!

確かに模型誌とかでは一言「スタイロフォームをカットして」と書かれている項目ですが、一体どんな道具でどのようにカットしているかをワザワザ解説している作例はありませんよね。
そんな質問もちゃんと答えるのがこのサイトです!!

カットは「スチレンボードを電熱器でカットするスチレンカッター』を使います!


・・・・と書くと、持っていない人はな〜んだと希望を絶たれてしまいます。

私はかつて持っていましたが、引っ越しの際にどこかにいってしまいました(笑)

カットには主に「ノコギリ」を使っています。極普通の両刃ノコギリです。

粉がめちゃくちゃ飛ぶので、床に新聞紙を広めに敷いて、傍らに掃除機を置いて運転させながらノコギリでゴリゴリとカットします。カッターで切ると薄い板ならば問題はありませんが、今回の橋のように厚みがある場合は左右で高さがまちまちになってしまいますよね。
ノコギリのように幅がある方がざくっと水平垂直に切る事が出来ます。

また、仕上げには荒め(180番ぐらい)の紙ヤスリを板に貼付けたもので表面をならします。めちゃくちゃ粉がでますので掃除機を運転させながらの方がいいでしょう。

橋のアーチの内側はまずはノコギリで斜め&斜めに切り込みを入れて、少しずつ切り出す(ほじくり出す?)ように大まかにカットします。その後、丸い棒(もしくは・・・スプレーとか?)の表面に紙ヤスリを貼付けてゴリゴリと仕上げます。決してカッターやノコギリで一発で綺麗にカットするものだと思わない方がいいでしょう。私でさえ失敗しますからね。

カモ : 2012/08/15 (水) 09:04:50

ありがとうございます。
ノコギリ使うとは思いつきませんでした。
あとペーパーかけるとめちゃくちゃ粉が出る&静電気?で粉が手や腕に付くのでかけないほうがいいと思ってましたがやってるんですね。がんばってみます。

情景師・アラーキー : 2012/08/15 (水) 09:16:14

●→カモさん

そうなんですよね〜スタイロカット作業は、静電気でコナコナになりますよね(泣)
なので掃除機の延長部分を抜いた握り手だけの状態にして、ゴリゴリとカットしながらしすぐに吸い込むを繰り返すと、周囲が汚れなくてすみますし、ストレスも溜まりません。アタッチメントのさきっちょにブラシが付いたものを掃除機に付けて作業するとさらにいいでしょう。静電気防止スプレーを軽く吹いて作業するのも一つの解決法ですよ。

ちなみに私の愛用のノコギリは「ガキ大将」というブランドです。

http://www.crane.gr.jp/Tools/Saw/Noko.html

これが優れもので、私の中での一生ものですね。



ジオラマ制作も料理と同じで常に「片付けながら作業を進める」と心がけると作業も効率的に進みます。机や周囲が散らかってくると、作品自身も汚くなってきますから。

ぴろんちょ左衛門之介久 : 2012/08/15 (水) 20:08:47

発泡スチロールの薄い板が、、、チマチマとやって、、、
こんなにリアルな凸凹になるなんて!
ステキです!
続編をお待ちしま~す

SYU : 2012/08/16 (木) 18:50:37

アラーキーさん、こちらでは、はじめまして。
ジオラマにスタイロフォームを使う丁寧な作業説明、とても勉強になりました。アラーキーさんの「ジオラマにはプラ板以外でも何でも使えるモノは使う!」という製作方法、本当に勉強になります。
あまりに感激したので、思わず書き込んじゃいましたー。

情景師・アラーキー : 2012/08/17 (金) 07:07:40

●→ぴろんちょさん

発泡スチロールはなんにでも化けられるので、ジオラマ素材としてはマストですね。
軽くて安いですし。

家電を買った時に緩衝剤として入っているそれをみるとワクワクします(笑)

情景師・アラーキー : 2012/08/17 (金) 07:11:11

●→ SYUさん、どもども!!

ジオラマに教科書はない・・・というのが私の持論でして。
今までにも「これぞ究極の How to 本というのはありませんからね。
100人いたら100人のやり方がある。ゆえに他人のやり方を参考にして自分のやり方を産み出せばいいと思うのです。

実はプラ板からフルスクラッチするのが苦手でして・・・どうも正確に切り出せない。

8va.oga : 2012/08/17 (金) 13:55:05

「モデリンペースト」・・・またまた知らないアイテムが

これだと、相手を溶かさないんでしょうかね

岩肌の表現、素敵です

今度、石から削り出したような表現をしたいので参考にさせていただきます

micanbaco : 2012/08/18 (土) 00:30:49

もう本当に感謝感激です。(笑)
本当に好きだったんですよ コレ! モデルとなった橋 自体も素晴しいですね! このような石橋が取り壊されずに残って良かったと本気で思います。 が、新しい橋は もう少し離して作って貰いたかった気も・・・(汗)

私の技量では“完コピ”は不可能と思いますが、石作りフェチな私としては本当にマスターしたい技術です。 是非、苔の表現方法も詳しくお願い致します。(“苔むした石”に異常に心引かれる私なのです)

モデリングペーストなんて地元じゃ手に入りませんので、煉瓦作り(紙粘土)の質感の表現に薄く溶いたタミヤパテを使ってみましたが効果0でした。(笑)  

情景師・アラーキー : 2012/08/18 (土) 00:43:44

●→オガさん

>モデリンペースト」・・・またまた知らないアイテムが

→本文中に誤記がありましたので修正しした。正確には「モデリング ペースト」ですね。これは主成分は『石膏』なのでスチロール系を犯すことはありません。むしろ、これでしっかりと目止めされていれば、ラッカー系の塗装を施しても下地を犯す事はありません。

モデリングペーストはこういった人工物の再現もしかりですが、岩肌などの再現にももちろん向いていますよ!!

情景師・アラーキー : 2012/08/18 (土) 00:54:31

●→micanbacoさん、お元気でしたか?
micanbacoさんのあの蚊に刺されまくった画像を見て、もうすでにあの世の方になってしまったのではと心配していました(笑)


石組みフェチ・・・ここにもいた〜〜〜!!!!
と、いうかご自宅に石組みがありますからね。筋金入りですよね。

でも石組みはいい。そもそも私は城が好きなんで、石組みを見ただけでなにか私の中の武者が騒ぎ始めるんですよ。(真面目な話、私は長崎藩においての武家・荒木家の直系の九代目ですからね)


モデリングペースト。。。。

確かに地方では画材屋さんでは手入らないかもしれません。

しかしアマゾンさまさまならばワンクリックで!!

http://www.amazon.co.jp/Liquitex-%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88-300ML/dp/B000XTQJ12/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1345218316&sr=8-2

レッツらゴ〜!!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google