スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダーフェスティバルと世界遺産




この7月最後の週末は本当に「熱かった」。。。。

え?字がちがう。
いえいえ気温の話ももちろんですが、東京では模型イベントが目白押しだったんです!!


●池袋では毎年好例のタミヤモデラーズギャラリー!

http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/1834-gallery.html

模型メーカー単独のイベントとしては最大、且つクオリティーの高さではダントツのイベントですね。
同時開催でのタミヤ製品を使った模型コンテスト「タミヤモデラーズコンテスト」は私も過去に何度も参加した模型コンテスト。今の私があるのはこのコンテストのおかげと言っても過言ではありません。
7/31日まで・・・おう!つまり今日までです。最終日は17:00終了なので会社帰りにはいけませんね。

●原宿ではマシーネンクリーガーで超有名な横山宏さんの展示会!

http://blog.beams.co.jp/cultuart/2012/07/sf3d_to_mak_19822012.html


マシーネン誕生30周年記念ですって。
まぁ・・・・キットは山ほどもっているけど1個も作った事のない私が偉そうな事は語れないんですけど
「マシーネン積みプラモデラー」代表として。8月8日まで!僕も行かなきゃ!

●そしてワンダーフェスティバル2012夏。。。。。。

「夏」と聞くと「♪何も言えなくて、夏♫」と言ってしまうのはバブル時代を青春まっさかりのおじさま世代(笑)



ワンフェスの事を知らないモデラーはもはやいないと思いますが、
もはや日本、いや世界最大の造形の祭典です!。
このイベントを訪れると、ほぼ全ての造形作品は数多いるモデラーが産み出したものであり、その造形の上手さに驚愕するというか・・・私も造形家の端くれとして冷静に眺めてみても毎回凹んでしまいます。私はせいぜいプラモデルを組み立てるモデラーであって造形物を無の状態から作り上げる事はあまりしませんでしたからね。

艶やかな美少女フィギュアから複雑な造形のロボット、そして受け狙い?のトホホ造形物まで。
版権がある造形物から完全にオリジナルの造形まで、参加者モデラーは今日のこの日の為にコツコツと造形してそしてシリコンゴムで型取りしてパッケージして販売する。。。。

自己作品として完成させるコンペ作品とちがって決して安くはないその値段にお客さんがお金を払ってわざわざ買ってくれる造形物を産み出す事はモデラーとしての責任感の度合いがまったく違います。
嬉しそうな顔をして買ってくれる方をみると、本当に苦労が報われます。




さて、最近何かと私の周囲で模型イベントが多かった為に「レポートブログ」になりつつあるのを我に返って、前回1/35スケールのアンコールワットの制作記事を棚上げしておりましたのでまた再開したいと思います。

ブログあんこ1


タイミングよくというか・・・・

実はあのアンコールワットはかつて私がワンフェスに参加していた際に販売していた商品だったんですよ。


ワンフェスこと「ワンダーフェスティバル」は夏(7、8月)と冬(2月)の年2回開催されています。
東京ビックサイトで開催しておりましたが、ここ数年は幕張メッセでの開催です。

非常にチープなで簡単な表現をすると「造形物のフリーマーケット」。
そこに参加する為には実はハードルはけっこう高くて、参加する為にはまず応募して、そして抽選にて合格しなければなりませんし、幅1500mmの長机・一卓分の出展料は・・・・・なんと28000円!!。つまり出品料以上の売り上げが無いと単に赤字に成る訳です。もちろん売る物を作らなければなりません。漫画やアニメ、映画などの有名キャラクターは版権がある為に勝手に作って販売する事はできません。しかしワンフェスの画期的(?)な所はたった1日のこの日だけの販売に限り、版元が特別に許可する「1日版権システム」というのを採用している所です。
版権は版元が許可して「この造形ならば許可して大丈夫」という審査があります。造形物は着色して事前に版元に送って審査を受けるのです。そうして許可が下りた造形物は版元のシールが張られて販売する事ができます。

しかし、あまりに造作物が現物とかけ離れていたりすると版権はおりません。販売みこしてシリコンゴムで型取り、苦労して量産したけれども当日版権が降りずに「版権おりませんでした」と空しく張り紙だけして販売予定物を展示するだけの卓をたまに見かけるのはそれです。(あれ?もしかすると展示も許可されなかったかも......)
もちろん、1日版権ですので後日売れ残りを販売する事は出来ません。
ワンフェスの実行委員もそのリスクを十分に考慮して制作参加するように呼びかけています。
そして・・・やはり版権がないオリジナルの造形物、版権が発生しないようなものを推奨しているのです。


さて、2007年の冬のワンフェスまでは私は奥さんの2人だけのユニット「G−shop」にて5年ほどワンフェスに参加しておりました。そこでの話はいろいろありますのでまた後日書く事にするとして、1/35のアンコールワットの商品について。


どどど〜ん!!
塗装する前のキャストで抜いた状態、つまりキットの状態のアンコール寺院門。

ワンフェス2


重いですよ〜。なんせけっこうキャストの固まりのようなキットですからね。

部品構成は結構シンプル。なぜならばアンコール遺跡の寺院デザインは「左右対称・反復」がほとんどですので
あるパーツを作ってしまうとそれを左右、そして前後で使い回しすればいいだけ。

(ちなみに門のパーツが一つだけ白いのは試験で石膏で抜いてみたもの)

ワンフェス3


頭部のシリコンゴム。
プラモデルの造形においてシリコンゴムでの型取りが出来ると超一流と考えていた時期がありました。

で、おませな私は中学生の頃にチャレンジして習得してしまいました♫

垂れたキャストの汚れでやたらと気合いの入った計りがいい味だしていますよね〜。

※ちなみに・・・型のよこにベビーパウダーがありますが。
これはキャストを流す前にシリコンゴム型の内側に軽く塗っておくと、キャストの流れが非常に良くなって気泡が溜まりにくくなる裏技です。

ワンフェス4


上の写真は現在の様子。最近、また1セットの注文が入って久しぶりに型取りした時の様子。実は通販しています。。。。
そして↓下が4年前の写真。シリコンゴムが白い!!計りがまだ綺麗!!


ワンフェス8

かみさんと手分けして自宅で量産するの図。普通、この作業をすると独特のキャストの匂いで家族にひんしゅくを買いますので出来ませんね。

ワンフェス9

そして、出来たものをエアパッキンで包んで、箱詰め。

もちろん決して安くない商品ですのでパッケージもオリジナルでパソコンで作って、市販の箱に貼付けて制作。
キットですので組み立て説明書も写真入りで作っていれます。。。

ワンフェス5


組み立て式のキットを販売する事は「疑似メーカー」になるということ。
これがコスト計算や売り上げ予想、そして「売れる商品作り」とまったくメーカーでやっている事と同じ。
メーカーごっこが出来るということなんですよ。


そして・・・・ワンフェス当日!!

わが「G-shop」の卓はこんな感じ。
何やら気になる小さいMSが並んでいるけど、まぁ気にせずに。
それにしても懐かしい。。。。

ワンフェス6

ワンフェス7


まぁいつものように写真が多くて、文章も長い。
これ以上説明が長くなる危険があるのでこの辺で。

次回はこのアンコールワットの原型制作について、もうちょっと細かく突っ込んで説明いたします!


ちなみに・・・・今年の夏のワンフェスは・・・・・暑くて行きませんでした(爆)

実は行こうと思ったら愛車のバイクのバッテリーが完全に上がっていて、ジエンド。。。。。あはは。
この流れから今年のワンフェスのレポートまでしてくれるんじゃないかと思っていた方、すみません。

span style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

魔天郎。 : 2012/07/31 (火) 09:52:14

静岡ホビーショーの時はありがとうございました。
1/144のホワイトベースを作ったMCプロジェクトの魔天郎です。

ワンフェスにはうちのメンバー参加していたりしていますが、私はまだ行ったことがありません。
一度は行きたいとは思っているんですが。

今回も家で作業してました。
今週末に地元の祭りがあって、懲りもせずにフロート台車のコンテストに参加するために製作ラストスパート中でした。

今年は6分の1のシャアザク!
製作が間に合えば3mの立像になりますが・・・・

鈴木よしひろさんのペーパークラフトを参考に拡大したダンボール製

よかったらブログ、覗きに来てください。

MASAKI : 2012/07/31 (火) 10:43:01

まいど!

ワンフェスって卓を出すだけで28000円もするんですか!!
材料費など考えるとかなりの売り上げがないと厳しそうですね~。
版権も面倒なんですね。
ガシャポンのガンダムの再塗装したものを売る場合でも版権いるんですよね?

アンコールワットのモデルってまだ販売されていたのですね。
ちなみに販売価格はおいくらなのでしょうか?



クリスタルボーイ : 2012/07/31 (火) 21:22:12

今年のWFレポートかと思ったら・・・違った。
アンコールワット  いくらしたんだろ? 重そうだ。

ちょっと欲しいかも

2019年のジオラマとか作って次回販売してください~。

情景師・アラーキー : 2012/07/31 (火) 23:44:49

●→魔天郎。さん

おおお!お久しぶりですね。
そして・・・ブログ見ました、あははははははは!!!
またやってしまいましたね。それにしても凄いわ。しかも造形に破綻がない。

そうですが、これが来年の静岡に来ますか(笑)

まずは地元のお祭りを成功させることですね。


・・・・って何??今週末じゃないですか!


頑張ってくださいませ。

またブログ拝見いたします。

情景師・アラーキー : 2012/07/31 (火) 23:52:20

●→MASAKI さん

そうですよ。ワンフェスに出品するのはかなりハードルが高いんですよ。

私は、ワンフェスに良く似たイベントがあって、そちらは遥かに卓代が安かったのでそちらをメインに活動していました。
しかし、最終的にはワンフェスに出たいなぁという思いが募っていて。

結婚してから2年目に「とうとうワンフェスに挑むか!」と夫婦で話し合って決めた時には本当に武者震いするほど気合いが入っていましたし、緊張感と同時に嬉しさがこみ上げて来ました。

5年程で出店していた時には徐々に売り上げが延びて行きましたが、当日の卓代、出品する為の材料費、駐車場などの雑費などを計算したら完全に赤字に成った事も。。。。

連続して売り上げを安定させるのは難しいなぁと思いました。
最終的には版権物を作らないとダメなのかなぁとね。

がちゃぽんのリペイントはすでに版権商品を加工して販売しているのでそういった手続きはいりません。

情景師・アラーキー : 2012/07/31 (火) 23:57:11

●→クリスタルボーイさん

ワンフェスレポート・・・・す、すまん!!

いやいや、イベントレポート程大変なものはないんですよね。
このブログを始めた時には「ジオラマでショー」なんでジオラマネタ以外は触れないようにしようと誓ったんですが、静岡ホビーショーとこの前のジオラマ作家展だけは、別格にしたんですよ。


まぁ気まぐれなんで、余力があればって事で。


気になるアンコールワットのキット価格・・・・・「36000円」なり。

ほとんどキャストの材料費という利益率のわるい商品です(泣)

ソラキオ : 2012/08/01 (水) 06:43:17

スゴイ!欲しい!
ジオラマネタも丁寧なhowto記事で大変勉強になりますが、レポ記事もアラーキーさんの千里眼が見れて楽しく拝見しています。
しかしスゴイキットだ…

情景師・アラーキー : 2012/08/01 (水) 22:19:14

●→ソラキオさん、あどもども。

キットすごいでしょ!
大きさもはんぱない。我が家には上記にあるジオラマの他に、リビングのいい飾りになっている単品制作のものもあります。けっこういい感じのインテリアアイテムなんですよ。


ソラキオさんの作った油屋はパーツが細かいですが、ワンオフで終らせるのはもったいない。。。

私ならシリコンゴムで型取りして商品化を前提に作ってしまいますね。

ぴろんちょ左衛門之介久 : 2012/08/04 (土) 01:59:47

押し掛け

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google