異形の砲撃手/ジュアッグ (1/144)



1969年生まれの私が小学校の時に放映された「機動戦士ガンダム」。
放映時にバンダイから発売されたガンプラが大ブームを巻き起こしました!

都市部では「シャア専用ザク」を買う為に並んだ小学生の列が将棋倒しになってけが人が出るというニュースがあり、その当時鹿児島に住んでいた私にはまったくピンとこないどこか遠い国の話のような出来事のように思われました。
・・・あらゆる流行がワンテンポ遅れてくる地方都市である鹿児島はもちろんそのガンプラブームもやってきましたが、ちょっとだけ遅れて来ました(笑)。私の友人もそれほど騒いでいる訳でもなく、私もその頃にはタミヤのMMシリーズの戦車やウォーターラインシリーズの艦船、旧日本軍機の長谷川のキットなどの大人向けのプラモを作り倒しておりましたので、初めてみたガンプラ、「モナカキット」は・・・正直「なんだこの子供向けのキットは??」と落胆したのを覚えています。それにTV画面で見たあのカッコイイMSの勇ましさはどこに??
ゆえにそのブームの波をなんとなく静観していたように記憶します。

そのおっとり性格の鹿児島人のガンプラブームの遅れを察したのか、市場では手に入らなくなったシャアザクをなんとわざわざ他県から買いに来た人がいたんです!!。行きつけの文房具屋(地方では模型専門店は少なくてプラモデルの購入先といえばやはり文房具屋)のおばちゃんが、朝起きたら子供が数人シャッターの前で列を作っていて驚いた!という話を自慢げにしてくれたのを覚えております。




そのガンプラブームのさなかに、とある不思議なMSが発売されました。

「ジオン軍試作モビルスーツ」

劇中に登場するMSはほぼ販売し尽くしたバンダイがとうとう「試作」という甘い言葉でTVには登場していないMSを市場に投入した問題作。
試作って言葉には大人の匂いがプンプンして確かに魅力を感じました。


・・・・・が・・・・・・・・・・・


試作MSチラシ


ななななんじゃこりゃぁ!!!!!!

当時小学生だった私でさえまったく理解不能なデザイン。これって一昔前のスーパーロボットの敵デザインじゃない??
完全に子供をだました商品戦略にちょっとイラッとしました(笑)。

・・・・しかし

大人びた私の感覚は実はまったくずれていて、子供達には意外に人気(爆)。
発売すれば売れたガンプラはなんでもいいから投入すれば面白いように売れたのかもしれません。

それにしてもこんなへっぽこ・・・コホン、いや大人的に言えば「個性的な」MSのデザインはいったい????
それまで非常に完成度が高いMSをデザインしてきた大河原邦夫さんはどうしたというのでしょうか?


実はこれらのMSは富野監督自らスケッチしたものだと言う事をご存知でしょうか?

大河原さんはそのラフスケッチをほぼそのままちょっとだけアレンジしてこれらのMSのデザインを完成させたのでした。昔、そのスケッチをどこかの雑誌で見た事があるのですが、たしかに結構ディテールが書いてあるスケッチでしたよ。

・・・・大河原さん、私もデザイナーの端くれ、その時の心情同情いたします(笑)





時は流れて・・・・2011年。

まさかあのジオン軍ビックリどっきりメカ・「ジュアッグ」がアニメで超カッコいい活躍をする事になろうとは誰が想像したでしょうか(いやだれも想像出来ない=倒置法)



ジュアッグアニメ


この映像にものすごくしびれました。。。。(ケチな私は未だに本編は一度も見ていませんけど)

http://www.youtube.com/watch?v=pUAKMj2sWO0



これに感化されて、鼻息荒く、10日間でミキシングビルドした作品が今回紹介するジュアッグです。

Model number: MSM-04G
Code name: JUAGG
Unit type: prototype amphibious mobile suit



ジュアッグ1


凶悪ですね〜!!
この斜に構えたこの姿。。。自分で言うのもなんですが、素敵〜♫



これは現在発売されているユニコーン版のジュアッグではなく、旧キットのジュアッグを切った貼ったしたミキシングビルドなんです。だってあの頃まさかリニューアル版が発売されるなんて想像していませんでしたもの。


ジュアッグ11


実はこのジュアッグはこのブログを始める切っ掛けになった記念すべき作品なんです。

それは去年の秋に開催されたガンプラ愛好家の頂上決戦「モデラーズサミット2011」に出品する為に制作したコンペ出品用の作品だったのです。

http://vilex.web.fc2.com/entry.html


おかげさまで上記のサイトでも紹介されているように会場人気投票で大変名誉な第4位をいただき、おそらく準備期間ではだれよりも短くてバタバタ、奇跡の大逆転を果たしたのです!(苦笑)。

まぁ2週間前に出品準備を始める私も悪いんですけど、本当は他に準備していた物がありましたがあまりにも無謀な工作に走ってしまったのでまったく間に合わず、過去に作った作例でごまかそうとしておりました。。。。。

そこである意味天の声が!!

この映像が配信されたのがそんなタイミングだったので早作りのネタとしては最適かなぁと思いまして、ネタ優先だったわけですね(笑)。


初めて参加したモデサミは本当に楽しい一時でした。
名古屋での会場ではガンプラ系モデラーの方々は皆ご自分のブログを持っていましてそこでの交流が盛んだった事を知り「こりゃ時代に乗り遅れまい!」と前からやってみたかったなぁと思っていたブログをその後に始めたという訳です。

時間の都合上、サラリと塗装して汚しもほとんどせずに仕上げていましたので、今回がっつりと汚し塗装を施して漸く満足いく完成状態になりましたのでこちらで紹介いたします。


ジュアッグ2

三連砲が装備された腕は非常に重いだろうということで腕を着きながら歩くゴリラみたいな走行ポーズが似合います。


片腕砲撃シーンもカッコいいですが、ジュアッグはやはり両腕の砲撃が最高!!

ジュアッグ3


ジュアッグ8


今回の汚しはそのほとんどを油絵の具で行ないました。 AFVの世界では数年前からスタンダードになりつつある塗装法ですが、これがしっとりとした錆や雨だれの汚しが出来るんですよ。それにおそらく思っているよりも簡単。
模型用塗料を溶剤で薄めて汚す方法はコントロールが難しくて「汚く」なるのがオチですが、これは失敗のリペアーも簡単なんです。いずれその方法も詳しくこちらで解説します。ジオラマ派、リアル塗装派のモデラーの方は是非押さえておいていい手法だと思います。

ジュアッグ9


この「荒木版ジュアッグ」の一番の改修ポイントはやはり顔。
ジュアッグの何とも言えない目尻下がりのモノアイ窓を切れ長の形に改修。これだけでかなり強そうなMSになりまっせ!

ジュアッグ4


大きな頭はレーダードームでは?という考えの元、現代ガンプラのようなディテールを追加。


ジュアッグ7


制作したものはほとんどがジオラマ化してしまう私ですが、この作品はめずらしくフル可動での完成を目指しました。でも・・・・いろいろな部品を強引に結合して、いちおポリキャップを入れてポージングが固定出来るようにしていますが、スポスポと抜けてしまうのが欠点。ガンプラの世界もいろいろとやってみると奥が深いです。。。
span style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

MASAKI : 2012/06/25 (月) 09:04:30

おお~。
凄く良くなりましたね。
塗装の退色した感じや錆や剥がれなどしばらく使われてなかった感じが出ていますね。

油彩使ってみたいとは思うのですが溶剤は何を使ったらいいのかとかどんなメーカーのが良いのかなど良くわからず今まで手を出していません。
次回の油絵の具の解説楽しみにしてます。

ぴろんちょ左衛門之介久 : 2012/06/26 (火) 01:39:37

マヂすてき!
新発売されたキットよりだんぢぇんステキ

ガンプラブームのド真ん中160Kmストライクであった私はブームの前、
発売された直後のガンダム、シャァザク、ムサイを買った記憶があります。
逆にそこからテレビの放映を見だした気がするなぁ

まぁ、この試作メカ4兄弟はびっくりドッキリメカに間違いはございません(^^

ラノ : 2012/06/26 (火) 02:14:39

将棋倒し! ザクを買うのにそんなに並ぶ時代だったんですね! 最初期のガンプラブームの頃にはまだ生まれていなかったので、今の時代からは想像できないです。

アッグ、ジュアッグ、ゾゴッグ、アッグガイ…凄いデザインですよねぇ。一番最初に見た時はマジンガーZの敵ロボットかと思いました。
この4機、監督がデザインされたんですか! 知らなかったです。
他の機体と毛色が違う感じなのは監督がデザインされた物だったからなんですねぇ。

UC4巻のジュアッグカッコイイですよね! その後に登場するジオン残党軍のMSも渋いです。
アラーキーさんが作られたジュアッグはマッシブな感じで厳ついですね!
汚し塗装が自然な感じで凄いです。
去年の10月からプラモを作り始めて汚し塗装を練習いるんですが、アラーキーさんのような自然な感じに出来ず、嘘臭さが抜けません。
油絵具を使うというのも全く知らず、知らないことだらけだなぁと思いました。

リンク先のモデラーズサミット2のページを見ていたんですが、名古屋でこんなイベントがあったんですねー。地元なのに全然しりませんでした。

どんな風に塗るのか、手順や用意するものなど解説が凄い気になります!!

- : 2012/06/26 (火) 08:17:41

●→MASAKI さん、

まいど!。
油絵の具のエイジング塗装はマシーネンとかの方に最適ですよ。
プラモ用塗料と違ってすぐに乾燥しないのでやり直しがききますからね。
でも....せっかちな人には向いていない事を付け加えておきます。すぐに乾燥しないので作業が進みませんからね。

このジュアッグもマシーネン風のエイジングをイメージしました。 MSはかなり高価な兵器なのでここまで汚く汚れる事はないと思うんですよ。しかし、ジオン軍の場合は圧倒的に「人手不足」。それにコロニーで育ったアストロノーズがほとんどですので錆対策には無頓着だったという想定です。たしか水中兵器はリゾートコロニーで運用試験をしたという彩度ストーリーがあったと思います。

アラーキー : 2012/06/26 (火) 08:24:27

●→ぴろんちょ左衛門之介久 さん

すてきでしょ?

新発売のキットも買って眺めてみましたけど、これまたユニコーンに出て来たあのジュアッグとも雰囲気が違うんですよ。バンダイさんはちょっと愛情の強弱がたまにありますよ(笑)

僕は初めて買ったガンプラは・・・マゼラアタックだったかな。
やはりキャタピラものじゃないとね(笑)

アラーキー : 2012/06/26 (火) 08:33:52

●→ラノさん

シャアザク買うのに将棋倒しは・・・ある程度の年齢のおじさんモデラーには共通の記憶なんですよ。ラノさんの世代では年齢は解りませんがおそらく「たまごっち買うのに並んだ」という比喩と同じぐらいでしょうかね?(合ってる?)

>一番最初に見た時はマジンガーZの敵ロボットかと思いました。

→ほう!それは的確な例え。確かに足のがに股ジャバラとか完全に永井豪のデザインですね。そうなんですよ、富野監督デザイン。他にはビグザムとかアッザムとかザクレロとか「なんじゃこりゃ」デザインのモビルアーマーのデザインは富野さんが原案だそうです。

ラノさんは名古屋にお住まいなのにモデラーズサミットを知らなかった!!

それはもったいない。名古屋には日本中のガンプラモデラーの中での強者モデラーが集中している特異点なんですよ。2年に1度の開催なので今年は開催されませんが、来年に開催されます。「モデサミ」とか「モデラーズサミット」で検索すると出展したガンプラモデラーのレポートやブログを検索出来ますよ!

yukiyuki : 2012/06/26 (火) 18:33:06

ガンプラブーム・・・
自分は思いっきりハマってました。
朝早くにダイエーに並んで買ったけな~、1/144のリックドム。w
MSVは当時は嫌いでしたが、今はなんでも許せる自分です。(大人です・・・)

絵具を使った汚し塗装の方法、是非、伝授させて下さい!

アラーキー : 2012/06/27 (水) 22:26:33

●→yukiyukiさん、

まぁ同学年だからそうだよね〜。

>MSVは当時は嫌いでしたが

→えええええ!珍しい。あのパッケージ画にやられなかったんだ。

- : 2014/04/26 (土) 13:41:58

通りすがりだけどカッコイイイ!!!
ジュアッグってどんなMSだったっけ……?
と検索かけたら思わず見惚れてしまいました。
思わずカキコ(´ω`)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google