スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土に帰るてんとう虫



ハッピーホワイトデー!!


今年の我が愛するかみさんへのお返しは・・・・・寿司でした(爆)

ホワイトチョコレートやクッキーあげてもそれほど喜ぶ訳でもなく、
「花より団子」ならぬ「洋菓子より寿司」。


・・・・無茶苦茶高く付きましたなぁ。


さて、しばらく錆び模型が続きましたが好き故にいろいろ作っておりまして、まぁ「腐るほどに」
紹介出来る程に廃車系ジオラマを作っております。。。。(はい、自分では上手い事言ったなと悦に入り)


前回の「錆びて塗装がめくれる表現」の日記においてちらりと紹介したスバル360の廃車模型のジオラマを今回は紹介して、続きました「錆模型」の〆としたいと思います。



ハセガワ製1/24 スバル360を使った文庫本サイズの小さなジオラマです。


すばる2


ベースに使っているいい雰囲気の古びた箱は、雑貨屋で購入したアンティーク風の小物箱。
すでにある程度朽ちてシャビーな感じの塗装が施されたもの。お値段1500円なり。
それをすこしだけ汚し塗装をして、スバル360の愛称「てんとう虫」のタイトルをPCで印字した厚紙を切り抜いてエアブラシでステンシル塗装をしています。ちょっと焼き印をいれたような雰囲気になっていますね。


スバル360はもちろん「ダイレクトカット法」でさびて塗装膜が捲れた表現で塗装。

すばる3

スバルの傍らにあるのは同じスバルが発売していたラビットスクーター。
これは同じ1/24スケールの塗装済み完成品の食玩なんです。
同じくダイレクトカット法による錆めくれとそうで廃車仕様に仕上げています。

ライトとウインカーを1/24の車のキット部品から移植した意外はそのまま。
錆びてボロボロになったスカート部分がそそるでしょ?
やはり昭和30年代の車の代表、「ホワイトリボン」のタイヤを傍らに置いてアクセントに。
劣化してホワイト部分にヒビが入った仕上げがポイントです。


すばる4


秋の風景を演出する為には落ち葉が重要。

屋根の上に乗った三つ又の落ち葉が季節の秋を思わせて、なんともいい感じのアクセント
実はこれ、なんと天然の素材なんですよ。
ちょうど1/35〜1/24スケールで使える奇跡の素材。

これはAFV模型では定番の素材なんですが、実は「白樺」の花のがくの部分。
猫じゃらしそっくりな花なんですが、それが乾燥して落ちるとタネと共に大量のこの葉っぱの形をした物が
散らばります。
誰かがそれに目をつけて小さな袋につめて販売したのが始まり。
海外製で「JOEFIX STUDIO'S』から発売されています。

ジオラマ素材専用ショップさかつうさんでどうぞ!↓

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakatsu/162000000105.html






すばる5

すばる7


もちろんこのジオラマは野外撮影が生えます!!

いつものように我が家のベランダからパチり!
夕方の時間が似合いますね。


すばる1






毎年、我が家はジオラマ作品を元に年賀状を作成しておりまして。

去年の年賀状として、撮影した作品に我が夫婦をいい感じに合成したものがこれ!




すばる8


違和感なくおさまっているでしょ?(笑)

ジオラマにはこんな楽しみ方もありますよ。

<定期PR>

※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!


                 



※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました


                 


私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

koko : 2012/03/15 (木) 09:15:11

この前ALWAYSのとこからコメントした者です!


模型、うますぎます!
私こういう模型とか大好きなので見ててとても感動しました。

枯れ葉やさびた自動車・・・
雰囲気最高ですね♪

それと奥さんとのお写真、良いですね~

私もこの風景の中に入ってみたい!と思いました!


クリスタルボーイ : 2012/03/15 (木) 23:24:13

朽ちて土に還りそうなスバル良いですね。

上手すぎます。
最後の写真 まさか!ご夫婦のフィギュアも作成されたのかと思ったけど合成だったんですね。

アラーキー : 2012/03/15 (木) 23:46:40

→<KoKo さん>

こんばんわ。
もうジオラマの虜ですね(笑)。

この手のジオラマは女性、子供、年寄り・・・全ての世代性別に受けがよく解りやすい題材なんですよ。

ただし、模型の事をよくご存じない人に「この錆は塗装しているんです」と説明してもよく解ってもらえないという欠点もありまして(苦笑)。

まぁ定期的にこんな感じのジオラマとか、いろんな種類のジオラマもこちらで紹介しますのでお暇な時に遊びに来てくださいませ!

アラーキー : 2012/03/15 (木) 23:48:43

→<クリスタルボーイさん>

>ご夫婦のフィギュアも作成されたのかと思ったけど


実はスケールは違いますが、我が夫婦のそっくりフィギュアを作っているんですよ。
結婚式の看板用として造ったのです。
けっこう面白い作品なのでいずれ紹介しますね。

yukiyuki : 2012/03/18 (日) 16:56:31

自分も「てんとう虫360」は大好きな車の1つ!
廃車となった錆車・・・いい雰囲気ですね~。
ジオラマ素材には詳しくないので、どんどん紹介して戴けると嬉しいです。
ルパンのフィアットでジオラマ作ってくれないかな~~~w

アラーキー : 2012/03/19 (月) 00:16:59

→<yukiyukiさん>

ジオラマ用の素材は知ると面白い物が多いでしょ?

この手の世界は知れば知る程奥深いという事が解るよ!

>ルパンのフィアットでジオラマ作ってくれないかな~~~w

→実は・・・・放置しているチンクが1台あったような。。。

結局「廃車」にしてしまったりして(笑)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google