錆びて捲れた塗装膜の表現 (模型テクニック集)




漸く週末ですね。。。。。

サラリーマンモデラーにとってはストレスや疲れを癒す貴重な休日ですが、もちろん大変貴重な制作時間でもあります。

天気が悪い日が続くようですが・・・・家に籠るにはいい口実。

やっぱり天気がいいと家にいてチマチマと模型造っているのはなんだか気が引けますからね。
しばらくバイクにも乗っていませんから暖かくなったら模型以外の趣味の活動再開です!
城巡りもしなくては!




さて、先日の日記でご紹介しました「錆びて塗装膜が剥がれて捲れた表現」ですが、今までいろいろなモデラーが様々な手法をチャレンジしてきました。

■まずは錆色を塗装した後にマスキングゾルを部分的に塗って本体色を塗り、それを剥がす方法。
■サランラップに塗装してそれを部分的に張って捲れを再現する方法。
■線香で部分的に焦がしてそれをめくる方法
■錆捲れではありませんが本物の錆を削ってそれを接着する方法・・・etc

どれも加工が大変ですし、コントロールが難しくそれに・・・あまり「綺麗なめくれ」の錆び表現が出来ていないように思えました。

私もいろんな手法を試して来ましたが、本物の錆をよく観察していたときに,とある方法を思いついてしまいました!


ダイレクトカット0

先人のやり方はすべて「塗装膜を実際に剥がしてしまう」方法。これは繊細でかつ薄い塗装膜だけを剥がすのは本当大変。0,1mm以下の厚みをコントロールするのは大変です。

そこでO型の楽天主義な私があみ出したおうちゃく方法・・・・

直接プラモデルの表面に傷をつけてめくってしまう方法です。
大胆に切れ目を入れるので「ダイレクトカット」方法と名付けました。
(名前もひねりなく、ダイレクト!笑)


下の図で解説します。


ダイレクトカット概念図


30°刃カッターかデザインナイフで、プラの表面に直接なるべく薄く斜めに切れ込みを入れます。

そして・・・ちょいと手首を捻ってめくり上げる・・・・ハイ、おしまい。

カッターを入れ込む深さや長さは、まぁやってみるとそれほど深く、そして長くはできませんから本当にカッターの刃先をちょいと入れこんで「くいっ!」と持ち上げるだけの感覚です。
(まぁ持ち上げなくてもいい捲れになるんですけど)
結果として捲れた部分の段差はまったく同じ面なのですが、目の錯覚でまるで錆面と塗装膜が剥がれた部分には
キャップがあるように思えるのです。

このダイレクトカット方法は、塗装した後でも、塗装する前でもどちらでも施す事ができます。
そして自分の好きな部分にすきな大きさや形で付ける事が出来る利点があります。



さて、論じるよりは実際の作例で説明しませう!


■ポーターキャブはすでに基本塗装がすんでいます。
私の場合はこの後の作業を考えてラッカーで塗装しています。
(どうせ錆塗装するのであまり表面を整えていません)


●よく錆がまわる車体下やバンパーの部分にダイレクトカットを施しています。
この写真のようにカッターの刃先でちょっとだけ傷をつけているのが解ります。

●ちなみに私は30°刃カッターを愛用しておりデザインナイフは使いません。

※なおこの手法はカッターの刃先が折れやすいので、折れた刃先が目に入らないように作業用ゴーグルの着用を
お勧めいたします。


ダイレクトカット1


先にタミヤのホワイトサーフェイサーで下地を造った後に車体基本色を塗っておりますので、ダイレクトカットを施している際にちらりとカットした断面から下の白が見えたりしてけっこうリアルな感じになりますね。

ダイレクトカット2



加工が終ったら錆の塗装です。

タミヤアクリルの「ハルレッド」をめくった部分の塗装します。
捲れが「ダム」のような役割を果たしておりますので塗装しやすいと思います。
わざとムラになるように面相筆の毛先でちょいちょいつつくように。

これだけでも十分に錆の雰囲気がでていますよね。1色しか使っていませんけど。


上に貼付けてある実際の錆の写真をみると、けっこう黒い色をしているのが解ります。
ハルレッドに黒をまぜたものを部分的にアクセントで塗るとさらにリアルになるでしょう。


ダイレクトカット3


さらに錆が進行しますと雨によって溶け出した錆が流れて来ます。


その再現方法には「クリアーオレンジ」を使います。

ダイレクトカット5


溶剤で希釈したクリアーオレンジを幅広の筆で大胆に錆の流れを造りたい所に「濡らす」ように流れの方向に筆を動かして塗装します。そして湿った状態のまま今度はクリアーオレンジをちょっと濃いめにした状態で面相筆で流していきます。こうすると幾重もの雨で次第にながれた自然な感じの錆の流れがグラデーションで綺麗に再現出来ます。
もちろんクリアーオレンジだけではなくハルレッドを混ぜながら流すとさらに良くなります。

ダイレクトカット4

よく錆の流れを「ハルレッド」や「レッドブラウン」を使って表現する人がいますが、
ボってとした錆がわざとらしく流れているように見えてしまいます。

その塗装でもリペアーが可能で、その上から希釈したクリアーオレンジを丁寧に何度も塗り重ねるとやがて下に塗った色が溶け出してグラデーションになって「綺麗な錆の流れ」が再現出来ます。


この方法はどうもアクリル塗料でやった方がいいように思えます。
エナメルは溶剤で希釈して塗装すると乾いた後に油のムラのような模様が残ってしまう場合があるからです。
アクリルのクリアーイエローでじゃぶじゃぶと錆を流す為に下地を溶かさないようにラッカー系で基本色を塗るのです。でもラッカーは匂いが・・・と家庭で禁止されている方もいると思います。
上記のやり方は素早くやれば基本塗装でアクリルをやっていてもまぁなんとか出来ると思います。


過去に造った他の作品、1/24 スバル360で補足説明しておきます。



錆び1


クリアーオレンジをじゃぶじゃぶ流れるように塗装する。。。。これがいい感じに「染まる」雰囲気になっていいんですよね。



完成するとこんな感じ。

1/24スケールでも1円玉と比較するとけっこう小さいです。

錆2



この作品も思い出深い作品なのでいずれブログで詳しく紹介しますね。



ちなみに・・・

この方法は塗装後でも出来るといいましたが、塗装前にやるとこんな感じになります。


ダイレクトカット9



めくった部分のプラスチックが白く変色するのでめくった部分が解りやすいですね。



このマツダの3輪トラックは2年ぐらいまえに作りは初めて、この状態でほったらかし。



これが本当の「放置車両」。

お後がよろしいようで。。。。。。
pan style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

よっしー : 2012/03/10 (土) 13:48:57

うぉぉぉぉぉぉ!
目からウロコがボロボロボロボロと落ちまくりですー。
素晴らしいですー、これで特許取れますね♪
早速実践してみたいと思いますー。
師匠、ありがとうございましたm(_ _)m

牛友チェーン : 2012/03/10 (土) 18:49:15

貴重なノウハウを惜しげもなく公開していただき感謝感激です!錆マニアにまた引き出しが増えました!こんどの作品にぜひ取り入れます\(^o^)/

クリスタルボーイ : 2012/03/10 (土) 23:15:54

錆表現の記事、わかりやすく感動です。

これは試したいです。
てんとう虫、凄く良い朽ち方ですね。記事楽しみです。

アラーキー : 2012/03/11 (日) 08:04:08

→<よっしーさん>

特許取れるかなぁ(笑)

ちなみに・・・私は普段はとあるメーカーでデザイナーをしているのですが、大学はデザイン系の大学に行っておりまして、その卒業制作がけっこう画期的な変形ギミックを持ったアウトドア用のテーブルを造ったのです。それを教授が見て「特許を取るといいよ」と言われて、霞ヶ関の特許庁に登録をしにいったのですが・・・手続きがめんどくさい上に年間10万の特許登録料がかかるということで諦めました。けっこうお金かかるんですよね。

まぁ余談でした(笑)

まずは完成済みのプラモデルかすでに塗装されて売られているおもちゃなどに試してみるといいですよ!

アラーキー : 2012/03/11 (日) 08:10:45

→<牛友チェーンさん>

模型誌でもこれぐらいガッツリ紹介していただければいいんですけどね。

ちなみに・・・AFVでは使えない技法なのかもしれません。
この錆び方は安い鉄(AFVのかなり鍛えた重厚な鉄にくらべて)がかなりの年月に雨風にさらされたあげく、進行した錆の表現。
2〜3年の短い2次大戦の期間において放置された戦車が錆びてもこうなりません。

ただし・・・・クリアーオレンジをつかった錆び流れは使えますよ!

アラーキー : 2012/03/11 (日) 08:20:59

→<クリスタルボーイさん>

スバル360の錆ジオラマ・・・・やっぱり期待しちゃいますか?(笑)

模型作品投稿サイト「fg」にもアップしてあるのですが、今サイトはバージョンアップの為に閉鎖中ですからね。

では次回のブログはその記事で書かせてもらいます。


錆はがれはネットの画像検索で「放置車両」で検索をすると画像がいっぱいでてきますから塗装の参考にしてみてください。最初は鉛筆で剥がれ部分を下書きして切れ込みを入れると失敗が防げます。

塗装したあとに「もっとあってもいいかな?」と思ったならば加工を追加するといいですよ。最初からやりすぎないのがいいでしょう。

MASAKI : 2012/03/11 (日) 16:57:37

写真付きで説明して頂けると流石にわかりやすく、やる気になってきますね。
こういう錆表現大好きなので今度やってみます。
模型誌見るより役に立ちそうです。

チアキ・バチスタ!! : 2012/03/11 (日) 21:30:26

マスキングゾルの方法はあんまりしっくりこない方法だと思っていましたけど、
これはいいですねぇ。
大スケールになると表現に塗膜の段差も絡んできますから、
これはいい方法だと思います。
いつか、やってみたいです。

アラーキー : 2012/03/12 (月) 23:36:47

→<MSASAKI さん>

このやり方って簡単なんですけどシンプルな技法ほど説明するのが難しいんですよね。

図解したのは今回が初めて。

アーカイブ化してよかった

アラーキー : 2012/03/12 (月) 23:39:20

→<チアキ・バチスタ!!さん>

マスキングゾル方式は上手くいった試しがないんですよね。

単なるブチ塗装になってしまってね。

この方法は大きなスケールから1/144位まで(ちょっとだけ大げさになるけど)対応可能です。お試しあれ!

煮詰まりすと : 2013/05/12 (日) 00:47:29

 はじめまして
とてもわかりやすく参考になりました。
いろいろ試行錯誤しながら使わせて頂きます。

ありがとうございました


情景師・アラーキー : 2013/05/12 (日) 06:58:45

●煮詰まりすと さん(ユニークなハンドルネーム♬)

貴方のHP拝見いたしましたよ!
とても雰囲気ある仕上がりになっていましたね。

確かにツヤが出てしまいがちですが、この方法で錆塗装をする場合は最初につや消しで基本色を塗る方が錆の色も定着するんですよ。
だから完成品のミニカーなどは最初はツヤありとそうなのでツヤ調整は必要ですね。

←左の作品リストの中の【作品.25】トミカ・リペイントで私もミニカーの錆表現を実戦しています。ご参考に♬

煮詰まりすと : 2013/05/12 (日) 10:39:04

アラーキー様
見ていただけて光栄です

紹介いただいた記事などを読ませていただきました
記事を参考に次ははじめから朽ちさせるつもりで艶を調整して作ってみます。

重ねてありがとうございました

28歳 E CUP.女 : 2013/09/05 (木) 10:00:29

スバラシイデス!!
自分のマイブームはさびさびなんですが、巧く行っていませんでした。
色々な人のを見ましたがこれがベストなんではないかなと。

大変にありがとうございました!!!

これからも是ーーーーーーー非にーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
楽しみにしております

- : 2013/09/05 (木) 21:21:33

え〜〜と、28歳 ECUP.女 さん。



ハンドルネームだけでもう、前屈みに(笑)

サビが好きな人に悪い人は居ません。
楽しんでお試し下さいませ。

maneki.neco : 2014/07/06 (日) 20:33:14

スバル360の錆具合は最高でしたが、スバル360の屋根はプラスチック(実車)なので、剥げても錆は出ませんよ。そこが少し残念でした。

【返信】情景師・アラーキー : 2014/07/06 (日) 23:05:03

プラスチック!!!!!!!!!!!!

それは知りませんでした。 FRP
なんですかね。面白いですね!

この錆スバルはモデルカーズというカーモデル専用の模型雑誌に掲載されましたが、誰からもそんな指摘をしてくれた人はいませんでした。
結構しられていない事なのかもしれませんね。

MY : 2014/10/29 (水) 21:26:38

突然すみません。
貴ブログ内にある写真を非営利目的の研究会での発表スライドに利用させていただいてもよろしいでしょうか?利用させていただきたいのはこの記事内の一番上の橋(?)のさびの写真です。ご了承いただけるようでしたらコメントいただけますとありがたく存じます。よろしくお願いいたします。

【返信】情景師・アラーキー : 2014/10/29 (水) 22:44:11

↑どうぞ!
私が撮った写真ですので。
その研究の目的等も教えていただければと。

MY : 2014/10/30 (木) 17:08:38

大変ありがとうございます。ブログ名等は明記するのとしないのとどちらがよろしいですか?

ペンキを塗った鉄鋼材の下に入りこんだ微量な水を中性子線を使って検出することによって、腐食のメカニズムを解明することを目的に学術的な研究を行っています。お借りする写真はその例として非常に分かり易いので是非使わせていただきたく不躾ながらご連絡いたしました。

ご希望であれば表記名もご教示いただけますと有り難く存じます。よろしくお願いいたします。

【返信】 : 2014/10/30 (木) 19:08:43

素晴らしい!
学術資料に使われるとは名誉です。
実は私もいちを理系大出身でして。。。

写真転用先記述は入りません。
そういう資料にも使われたって話で満足ですので!

MY : 2014/10/31 (金) 04:09:06

ありがとうございます。私はまだまだ駆け出しですので、そこまで言っていただくのは恐縮です。。。

有効活用させていただきます。ありがとうございました。

vanx2 : 2015/09/17 (木) 14:14:20

すばらしいいい!!!!!
macbookをカビ塗装してみようと思って探してたら見つけました。
参考にさせていただきます!

だいすけ : 2016/03/06 (日) 03:40:58

こんばんは、いつも参考にさせて頂いております。
質問させて頂きたいのですが、錆び表現についてハルレッドとレッドブラウンの使い分けはどのようにされておりますでしょうか?
お手すきの際にご回答下さいますと幸いでございます。

【返信】情景師アラーキー : 2016/03/06 (日) 07:05:37

>だいすけさん
ハルレッドは赤みが強く、それを使う事で「血」のように見えて痛々しく思える事があります。使い分けのポイントは下地の色(車体色)によりますね。濃い下地色の場合はハルレッドを多めに使う事もありますし、ようはその雰囲気でという事になります。
むかしから「錆色=ハルレッド」という風潮がありましたので普通に何も考えずに使っている方も多いかと思いますが、実際には結構レッドブラウンの方がそれらしく見える事が多いです。

通りすがりの者です : 2017/02/24 (金) 03:38:52

アラーキーさんと同じ世代の通りすがりの者です

自分はもう何十年も模型を作ってないですが、ガキの頃はお年玉で買った田宮のジオラマやザク改造初期型ザクで町のプラモ屋で賞を取ったのを
なぜだか思い出しました、あの頃読んだ模型誌等も鮮明に

思い出がセピア色ではなく、フルカラーで蘇りました
感動しました、ありがとうございます

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
[PR]ラインスタンプ 無料 アクセスカウンター
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google