FC2ブログ

最新ジオラマHow to 本執筆中!


現在、次のジオラマ本を執筆中です。
2016年に発売されたジオラマHow to 本「作る!超リアルなジオラマ」の第2弾!

かといって続きという訳でもなければ、前回を受けたステップアップ版というわけでもありません。

これは語ると長い苦労話が‥‥。

去年、2017年は本の出版はありませんでした。


これは超多忙ということもありましたが、実は幻の本が進行していたのです。
このBlogでも紹介した、少年サンデーに掲載中の駄菓子屋漫画「だがしかし」のジオラマ。

シカダ完成_1B


http://arakichi.blog.fc2.com/blog-entry-215.html


実は、この駄菓子屋ジオラマのHow to 本が進行していたのです。
版元の小学館さまに提案し、快諾されて、原作者のコトヤマ先生にも喜ばれて、これはいい本になるぞ!


・・・・しかし、様々なハードルの高さに諦めざろう得ませんでした。

やはり原作があってのその再現となると、厳しいものがあります。

しかし、この駄菓子屋ジオラマには、ジオラマ製作の美味しい要素が詰め込まれていることを、作っている時に実感しておましたので、企画としては惜しい。。。

つるし完成_B



完成したジオラマは、原作者のコトヤマ先生にプレゼントされてしまったので、自分の手元には残っておりません。
プロとして独立した後には、基本的には買い上げ制作がほとんどですので、寂しいことですが、愛情込めて作ったジオラマは手元には残りません。

むむむむ...は!!!

それならば、新作として自分の手元に残る最新作として最初から駄菓子屋を造り、それを本にまとめればいいんだ!


と、今年に入ってからコツコツを準備を進めて、ようやく形としてここまで進みました!

ダガシヤ_B1



「だがしかし」のシカダ駄菓子とはことなり、典型的な和風商店建築の建物。

いままで、なんとなくフィーリングで作っていた建物ですが、書籍にまとめるにあたり、日本家屋の建物の基本を洗い出し、しっかりと基本を押さえつつ作る日本の建物に注目しての制作です。それをどう伝えるか?に苦労しています。
時間をかけてもいいのであれば、どこまでも調べられる日本家屋の魅力。

あまりアカデミックな教科書のような内容になるのは避けたいので、私が噛み砕いて、誰もが楽しく作れる本を目指したいと思います。

もちろん、主役は「駄菓子屋」ですので、その作り方もおざなりにしません。
前回には無かった(原作にないものは作れないので)駄菓子屋の店先にある「あれ」もしっかりと再現!


それは


ダガジオ_B2



10円ゲームや、自動販売機達♬

特に思い入れがあるのはコレです。


ダガジオ_B3




ルーレットゲームの最高峰「ピカデリーサーカス」!

まえまえから作ってみたかったんですよね。

これらは1/24スケール。

スケール設定は、車の模型のスタンダードサイズということもあり、そして主役の駄菓子の再現での最小サイズ(私がよく作っている1/35スケールではちょっと小さすぎる)ということ、特撮のセットのスタンダードサイズ1/25スケールにほぼ同じ、ドールハウスの標準スケールの1/12の半分(現にハーフサイズという分野がある)ということです。
書籍には図面なども満載予定ですので、ドールハウスを造られる方は2倍に引き延ばせば作れるという配慮です。

さてさて、まだまだ越えなければならない工作部分が山ほどあり、先が見えた様な見えない様な状況ですが、お楽しみに!



こんな状況ですが、1つお知らせを。


高松告知_B



次のジオラマ展示会がGWに高松に決定しました!

4月28日〜5月5日までの開催です。

詳細は、現在煮詰めておりますので、お待ち下さい。


<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴ「タイニーウィーゴ」のフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適なポケットティッシュサイズの超ミニサイズ/ハンドバックが付いて、お得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




スポンサーサイト

この記事へのコメント:

ごんじ : 2018/03/18 (日) 00:09:23

こんばんは。次作楽しみにしています。一作目は常に枕元に配置されています。道具も増えていってます。道具は増えても家族にばれないのがいいですね。そして、著書を参考に作った小さなジオラマですが、某コンテストで金賞をいただけました。まだまだなのですが、自分なりに楽しんでます。また、ビックリするような作品楽しみにしております。

【返信】情景師アラーキー : 2018/03/19 (月) 06:51:38

こんじさんこんにちは。
1作目というのは・・・「作る!超リアルなジオラマ」の方ですね。カウント的には2冊目がそれにあたります。楽しく読んでいただき感謝です。某コンテストで金賞?!?
それはおめでとうございます。どんなコンテストだったのかこっそり教えてくださいませ。

skt : 2018/03/22 (木) 20:08:41

こんばんは。
先日は雪の表現について親切なアドバイスを有難うございました。アドバイスのおかげでスノーパウダーを使ってなんとか作品に仕上げることができ、賞をいただけました。
運搬保存箱も「作る!超リアルなジオラマ」がたいへん参考になり助かりました。
下のリンクに作品の写真を載せましたのでご覧頂ければ幸いです。
次回の本も楽しみにしています。

http://skt48.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/t-track-196a.html

k : 2018/03/25 (日) 00:06:51

作品として凄いです。

【返信】情景師アラーキー : 2018/03/26 (月) 15:03:16

sktさん、完成おめでとうございます。
素敵な作品に仕上がりましたね。しかも賞を取れたとは!!
Blogをやっていて、こういうコメントが一番うれしいです。

【返信】情景師アラーキー : 2018/03/26 (月) 15:04:27

Kさんこんにちは。
お褒めのコメントありがとうございます。
まだまだ完成にはほど遠いですが、よい感じに仕上がっておりますので、少々お待ち下さいませ。

トレジャーハンティン部、部長 : 2018/04/06 (金) 21:38:23

何かが造られていく過程って見てる側もワクワクするんですよね。
ピカデリーサーカス自分も好きでした。ベットを増やして倍率を上げ一気に増えたり一気に減ったり(笑)
作業細かくて大変だろうと思いますが頑張って下さい(^o^)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google