祝・ALWAYS 三丁目の夕日 '64 映画公開日!!


三丁目夕日64


2012年1月21日(土曜日)。

本日は記念すべき映画「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」の劇場公開初日です!!

この日を首を長くして待っておりました!!

私の大大大好きな映画「ALWAYS 三丁目の夕日」三部作!。
昭和ノスタルジーは私のもっとも好きな分野の一つ。
なぜか小学校の頃から生まれるちょっと前の昭和30年代の世界が好きでした(渋過ぎ!)




昨日、日テレでTV放映された「ALWAYS 続・ 三丁目の夕日」はその名のごときシリーズ2作目ですが、実はなんと私この映画に出ているんです♪


その当時、HPでエキストラ募集の広告出ておりまして、ダメもとで参加の申し込みをしたところ、奇跡的にエキストラ参加の権利を得たんです!!。
もう天にも昇る気持でした。

気になる映画のシーンは・・・・
映画設定の昭和34年の大ヒット映画「嵐を呼ぶ男」をおめかしした六ちゃん役の堀北真希さんが劇場で見ている観客のシーン。

この時にはエキストラは「自分で考えた昭和33年の格好で参加してください」との条件でした。


近所にある「ザ・昭和」という雰囲気の昔からある床屋(まぁちょっと古い感じの)で「刈り上げ&モミアゲ直線カット」のオーダーでそれなりの髪型にしてもらい、リサイクルショップで手に入れたツイードのジャケットとハンチング帽でばっりちりと決めた格好がこれ!!



       続エキストラ

プププ〜!!

なんだか亡くなったおじいさんに良く似ています。
写真をセピアにしたら昭和33年ではなくこれじゃあ戦前ですね。



気合いとは裏腹に残念ながら「その他大勢」しかも暗い劇場の中では自分を見つけるのは至難の業。
DVDを何度も何度も見たらかすかに「これが僕だ!!」と解る程度でした。
でもいいんです。その映画に参加出来たという経験だけでも十分だったのです。映画の撮影は東京九段に残る
戦前建築・九段会館で行なわれました。
昭和の雰囲気が残る貴重な建築ですが、残念ながら去年の東日本大震災において卒業式が行なわれていた時に天井が剥落して死者が出てしまいました。それ以来使用停止に。取り壊しが危惧されているのが本当に残念です。



話戻して・・・・


なんとなんとまさかまさかのシリーズVol.3の製作決定!!
今度の舞台は1964年の東京オリンピック!!!

本当に嬉しかったですね。
勝手に想像はしておりましたがまさか製作されるとはねぇ。

「今回もエキストラの募集があるといいなぁ」

映画三丁目ファンならば誰もが期待したのですが、残念ながら今回は募集はありませんでした。。。。


でも、私、通常の人間ならば経験できないすごいエキストラ参加の権利を得てしまったんですよ。




まずはALWAYS 三丁目の夕日 '64の公式HPにある予告編をご覧下さい。



http://www.always3.jp/


予告が始まるや否や鈴木オート社長役の堤真一さんが「東京オリンピックだ!ウォ〜〜〜〜!!」と叫ぶシーンがあります。

東京オリンピック1


東京オリンピック2


その堤さんの左横、かっぽうぎを着たおばさんの左横。


     東京オリンピック3


なんとなんとなんとなんと!!
さすらいの情景師、アラーキーがおりますよ!!
もうエキストラの部類ではありませぬ。

も〜秀樹感激!!(古!!昭和!!)

今、流れている映画の予告や、タイアップしているセブンイレブンのCMにもこのシーンが流れでおります。

映画公開後にもしばらく「俳優アラーキー」が茶の間で流れる訳ですよ(爆)






なぜ、こんな大役を手にしたかといえば・・・・・・・・実は私は地道に活動する舞台俳優だったから。

あ・・・妄想でした、自己修正(笑)。



実はジオラマ界の超重、鎮絶フィギュアテクニックを持ったジオラマ作家「伊藤康治」さんがキーなのです。

私が本格的にプラモデル製作を始めた中学生時代にはタミヤ主催の「人形改造コンテスト」でも常連入賞をしており、その後模型誌においてもAFVジオラマ作品を多く製作発表して大活躍されているあこがれのモデラー。作品集ももちろん発売されてすぐに買わせていただきました。

↓伊藤さんの作品集!

     http://www.modelkasten.com/book/afv/228510.html


実は実は前作の続・三丁目の夕日のエキストラ参加もしていたんですよ。
これは超難関の抽選に当たらないと出れませんのでも偶然も偶然。

私もその頃には模型界の片隅に足を突っ込んでおりましたので、軽く挨拶出来るぐらいの関係でしたが、このエキストラ参加を切っ掛けにかなり親しくしていただいております。これも三丁目のおかげ♪

この参加を切っ掛けに伊藤さんは1/32で主人公が住む鈴木オートのジオラマを製作。
その後茶川商店、そして荒物屋の万亀堂も製作し、このジオラマが縁でこの映画シリーズを製作した映画関係者のとある方と超親密な御つきあいが始まり、今回の映画へのエキストラ参加が実現したのでした。


      鈴木オート


      茶川


伊藤さん制作の1/32スケールの上記の2つのジオラマはノスタルジックジオラマの名作!!

(・・・実は伊藤さんが鈴木オートを作っている時に、私は茶川商店を造る約束をしておりましたが、他の作例が非常に忙しくて取りかかれずに、結局伊藤さんが連作として制作されました・・・)


これってすべて「ジオラマ趣味つながり」なんですよ。


模型の力って凄いですね。



さて、撮影が行われたのはぼた雪が舞い散る2011 年の2月14日。

場所は東京・成城にある東宝スタジオ。

http://www.tohostudio.jp/

ゴジラを始めとする特撮映画ファンには大聖地である撮影スタジオです。HPを見てもお分かりになると思いますが近年にリニューアル工事行い、まるで海外にある撮影スタジオのような近代的な超おしゃれなスタジオに生まれ変わったのでした。巨大な壁画「七人の侍」が本当にカッコイイ!!

入り口で名前を告げてエキストラパスを受け取ります。

        エキストラ4

(偽造防止の為、一部にモザイクをかけています)


この時点では私と伊藤さんは事の重大さに気づいておりません。

まだ大勢の群衆シーンだと思っておりました。。。。


何かがちがうと感じたのは集合時間に集まったエキストラの少なさ、そしてスタッフさんに案内されたこの楽屋。


エキストラ1


えええええええええええ!!名前入りの楽屋が用意されていました。
確か私たち・・・エキストラ・・・・ですよね。

しかも隣の部屋は淳之介役の須賀健太君、そしてその隣は主役の1人である茶川さんである吉岡秀隆さんだったんですよ。。。。

楽屋の中は20畳ぐらいの超綺麗な部屋。鏡のまわりをぐるりと囲んだ電球、ハリウッドライトというヤツですね。
そしてそして・・・・

なんと役の名前が書かれた衣装が置いてありました。。。

     エキストラ3


鍼灸院といえば・・・・
駄菓子屋・茶川商店の横、商店街で形成される夕日町三丁目に唯一存在する平屋の日本家屋の「かえる鍼灸院」の事ですよ!!。そこにいる1人息子、そして奥さんと子役の子供がいるという説明を受けました。
この時点ですでに事の重大さに気持がオーバーフロー。。。

あああああうれしいのか恥ずかしいのか良く解らないXXXXX。


衣装に着替えて、ちゃんとメイクさんにどうらんとヘアメイクが入りました。
昭和の代表7:3分けにするかと思いきや、メイクさん一言・・・荒木さんは「親のすねばかりかじっているヤサ男」って感じですねと(爆)
左右の乱れ髪がポイントだそうです。


エキストラ2

一方、伊藤さんは三丁目に今回から登場するフォトスタジオの店主という役。
伊藤さんはそもそも渋くて役者さんのようなお顔なのでギャップなし(笑)




       エキストラ5


2人ともちょっと地味で自然な昭和39年の住民に変わりました。
ちゃんと身長体重を事前に御知らせしていたのでそれぞれの体系にはぴったり!!


その後、あのセットが組まれている東宝スタジオで一番巨大な第9スタジオに。
ここは特撮ファンには聖地中の聖地である室内スタジオです。ゴジラなどの巨大室内セットはここに造られます。
この建家をみただけで涙が。。。。

ここで私は奥さん役の役者さんと劇団ひまわりの子役の男の子を紹介されます。
この子が丸顔の丸坊主で本当にかわいらしいんですよ。昭和顔なのでいろんな所に引く手数多。この当時にはNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」でも参加していると自慢していました。奥さん役の役者さんもシリーズ全作品にどこかしらに出ていると話されていました。親子役なので撮影中はその後もず〜といっしょ。劇団ひまわりの話とかいろいろ聞かせてもらいました。



いよいよスタジオの中に入ります。

びっしりと緻密にあの三丁目のセットが組まれていました。


     スタジオ


(この写真はネットで探したもので、映画会社公開の写真です)


本当にタイムスリップしたような感覚に陥りました。
噂以上の完成度。絶対に映画のシーンには写らない裏の裏まで本当に細かく造られています。
しかも汚し塗装が半端無い!!。昨今のカメラの高解像度に合わせてこれらのセットもかなち緻密に造り込まないといけない故なんでしょうね。

あ!土だった道路が舗装されている!!
あ!鈴木オートが増築されている!!
え!!茶川商店が2階建てに???

いろいろな発見があってもうテンションが上がりっ放し。
当たり前ですが撮影不可。目にバッリと焼き付けるしかありません。

でも・・・・私と伊藤さん、「その他大勢のエキストラ」レベルではない扱い故に、あまりきょろきょろと見る訳にはいかず、周囲のスタッフ、その他の出演者にも「あ、素人が紛れ込んでいる」と思われないように平然として
「いや、いつもの事で慣れていますから、珍しくもなんともありません」という雰囲気を醸し出しておりましたのでセットや装備品をガン見するわけにはいかず。。。

ある意味自分のこの立場を恨んだのでした(爆)



スタジオにはもちろん常連の三丁目メンバーが勢揃いしておりました。
もちろん本物の彼らに会うのは初めてですが、やはり映画を何度も何度もみている故に気持が舞い上がるというわけではなく「あ、どうもお久しぶりですね」といった印象でした。

この時点で茶川の奥さん役の小雪さんのお腹が大きい姿(いや役の上で)を知り、なんだか嬉しくてちょっと泣きそうになったのを覚えています。

私の個人的な感想ではやはり世代的にも薬師丸ひろ子さんが・・・かわいい♪。
堀北真希さん、小雪さん今をときめく若手の女優さん以上に感動したのはやはり薬師丸ひろこさん

「かっ、快感」・・・・やはりこの言葉が出てしまいますね(笑)。


何度かカメラリハを終えて、お昼(東宝の食堂で出演者やスタッフさんに混じって)を挟み、いよいよ本番の撮影です。今回の売りである3Dカメラは通常撮影のカメラよりかなり巨大で重そうな姿(約50kgだそうです)。クレーン操作を含めた俳優人の動きのタイミングが合わずに8度もやり直しが続きました。

しかし、あの超ハイテンションの「東京オリンピックだ、うぉ〜〜〜!!」のシーンは一発でOK!!

お母さん役の薬師丸ひろ子さん、その他の役の方々が大笑いしているのはあれは急にテンションあげて叫びだした堤さんをみてマジ笑いしていた故なんですよ。私も一瞬きょとんとしてそれから我に返って片手を振り上げたのはそのせい(笑)。鈴木オートの堤さんはあの役のままのテンションの方でしたね。
その他の役者さんは皆本当の家族のような雰囲気でこの三丁目が続いているのはスタッフを含めてもう家族の一員に成っているんだなぁと強く感じたのでした。。。。


本日はお昼から新宿で3D版の映画を見に行く予定です。
楽しみで今から心臓がドキドキしています。

また彼らに会えるんだ!!


                 


pan style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

クリスタルボーイ : 2012/01/21 (土) 11:17:53

出演おめでとうございます。
本当に模型の力は凄いですね(^^)/
でもアラーキさんの運が凄すいだけのような気がする。
映画私も楽しみです♪

MASAKI : 2012/01/21 (土) 11:31:58

2作連続出演とは羨ましい~。

模型つながりで映画に出てしまうなんて、これも模型の腕が凄いからですね。
私もこの映画は大好きです。何度見ても泣けますね。
今度CM流れたらちゃんと見ておこう。

他のシーンにも出ているんですか?

屋根裏部屋の男 : 2012/01/21 (土) 12:11:30

いよいよ公開ですね♪
おめでとうございます(笑)

お友達が出演しているなんて嬉し過ぎて!
映画館に行くのが楽しみであります(^^ゞ

あ、おいらのブログネタにこちらの記事をリンクしてご紹介してもいいですかぁ~?!
今月6日のブログでご本人の承諾があればと前振りはしてあるんですがねぇ~(笑)

祝・ALWAYS 三丁目の夕日 '64 映画公開!

Kenzo : 2012/01/21 (土) 13:08:53

これはすごいねー!演技もいいかんじ。
衣装がハマっててうけた。

Takuya : 2012/01/21 (土) 14:11:34

こちらでは初めまして!
ややや、映画出演おめでとうございます!
それにしても凄いポジションですね!

あ 失礼、つい昨晩TVでALWAYSを初めて観たもので・・・(汗)


いつも、こっそり素晴らしい作品を拝見させていただいております。
こっそりBLOGの方もリンクしてたりしていました(^^;

これからは、模型を映画がらみでお仕事されていかれるかもしれませんねぇ
俳優兼で(^^)

活躍を期待しております。

Yoshi : 2012/01/21 (土) 19:13:26

実に面白い映画でした。パンフレットも面白いです。DVDが出たら何度も見直します。

アラーキー : 2012/01/22 (日) 14:02:57

→<クリスタルボーイさん>

やはりあの映画の関係者は山崎監督をふくめてかなりの模型好きが多いという事。

だって映画をみればあれが現実的にリアルにしている訳ではなく完全に1/1スケールのジオラマを作っているといった感じですからね。

映画楽しんでくだいさませ!!

アラーキー : 2012/01/22 (日) 14:07:58

→<MASAKIさん>

1作目の時にはその映画を見た後にかなりいい作品だったなと後からファンになったものですからもしも2作目があればぜひ参加してみたい・・・といいうよりもやはり映画のセットが見たい!!という気持が大きかったと思います。

で、エキストラに応募したら・・・なんとそれは九段会館でのロケ。
行きなれた場所だったのでちょっとガッカリしましたね。

でも今回はど真ん中のセットですからね。
他のシーンには流石に出ておりません。

このシーンは重要なシーンなのでいろいろなCMにも使われていますからかなりおいしい出演だと思います!!

アラーキー : 2012/01/22 (日) 14:10:39

→<屋根裏部屋の男さん>

もちろん転用フリーです!!

以後、許可無く面白いネタがあれば自由に使ってくださいませ。

知っている人が出ているっておもしろいでしょ?

まずは本人が人ごとのようにおもしろがっていますからね。
「なんや自分と良く似た人が出ているなぁ」という客観的な感じです(笑)

アラーキー : 2012/01/22 (日) 14:17:03

→<Kenzo〜>

あははは、まさか同期がこんな事になっているとは思わなかったでしょ。

もう自分の中では「デザイナー」である事は完全に抜けてしまって・・・
会社では「シニタイ」でそれ以外ではじけていたり、いなかったり。

この映画にはほんといろいろな運命を感じているんだよね。
映画の影響で昔からのコレクターベクトルが琺瑯看板とかに向かったりしていて、いろいろヤバい事に。

まさかこんな形で映画に参加するとは思わなかったし、現実ではいない子供が映画の中ではいたり、映画って面白いね。


やっぱり映画の方へ進めば良かったと今頃ちょっと後悔している。。。。

SAIT@ : 2012/01/23 (月) 19:09:12

すごい!
まさか俳優になってたとはw

自分もこの映画大好きです!
模型?CG?合成?
出てくる画像にくぎづけです!

’64は是非映画館でみたいですね。

20年まえと変わってなくてさらにびっくりwww

アラーキー : 2012/01/23 (月) 22:13:41

→<Takuyaさん>

お久しぶりです!!

そういえばTakuyaさんのHPも以前からブックマークしていますよ!!

興味のベクトルが広過ぎて、あれこれ首を突っ込んでしまう私。

やはりこの映画のせいでしばらくは昭和ノスタルジージオラマモードに成りそうです。

今後ともよろしく!!

アラーキー : 2012/01/23 (月) 22:16:16

→<Yoshiさん>

私も初日に見に行きましたが、いや〜いい映画でしたね。

前作2作よりは映像の迫力はあまりありませんでしたが、ストーリーは3作目としての研ぎすまされた感じがしますね。

もちろん私もDVDが発売された時には何度も見返します!!

アラーキー : 2012/01/23 (月) 22:19:29

→<SAIT@!!>

そういえば・・・・最後にSAIT@にあったのは鳥人間コンテストに参加していた15年まえに琵琶湖であったのが最後だったかな?

思えばあっという間に月日は流れるね〜。


この映画はもちろん劇場に見に行くべし!!

くれぐれも僕の登場シーンで大笑いしないように!!

幸い、鈴木オート社長の堤さんの演技が面白過ぎて、かなり盛り上がるシーンでもあるんだよね。

楽しんで来て!!

チアキ・バチスタ!! : 2012/01/27 (金) 00:12:22

あぁ、またやるんだねぇ~と観ていたCMの中に
まさか、いらっしゃったとはっ!(藁)
レトロなファッションがかっこいいです。

さすがに、あの時代にはアタクシはまだ生まれていないですが、
観ていると記憶にあるワケでもないのに何故か懐かしいモノです。
先日も日テレでやってましたが、「観たからいいかぁ~」と
思いつつも結局、観いってしまいました。

アラーキーさんのジオラマもいいですけど
伊藤さんのいいですねぇ~。
資料あさりしてるとき、スズキオートとか茶川商店の
ページ開くと目を止めてみてしまいます。

あぁ、アタクシもフジテレビの天気予報と
テレビ埼玉の番組に出演したことあります。
.......いや、写ったことあります。

野口より : 2012/01/28 (土) 18:52:48

はじめまして。エキストラでもして、なんとか現場にを覗いて見たかったです。一昨年でも前にこのHPを知ってればと思えてなりません。そこで、4作5作品とないのでしょうか?…50才を目の前に思うこの頃です。

アラーキー : 2012/01/28 (土) 19:15:29

→<チアキ・バチスタ!!さん>

今やこの映画のCMだけではなく、セブンイレブンなどのタイアップCMのシーンにも登場していますからね。

自分が客観的にみても・・・ちょっと笑っちゃいます。

伊藤さんのジオラマはかなり本格的!
もう映画のセットの正確で精巧なミニチュアコピーといっても過言ではありません。

アラーキー : 2012/01/28 (土) 19:21:20

→<野口さん>


いらっしゃいませ!!。

やはり東宝のスタジオでのこのセットを見れるのは本当に本当に特別な存在でなければなりません。

その道筋は・・・まぁ関係者の方にご迷惑がかかるかもしれないので詳しくは言えません。

1つ解った事は、その映画の制作発表があった時点ではある程度の撮影が始まって終盤を迎えている段階だということ。よほど関係者にコネがあってその情報が入ってこないとエキストラなどの出演情報は入って来ません。


今後、このシリーズが寅さんシリーズのように4、5と続くといいですね。
私も強く期待いたします。

STUDIO-K2 : 2012/02/08 (水) 12:30:46

はじめまして、三丁目のファンです。モデル好きです。
といってもこれまで車専門で1/43のレジンやホワイトメタルをやっていました。
今回大好きな映画を見て、セブンイレブンでジオラマを大人買いしたのをきっかけに自分でもそれを基にジオラマを作ってみようかと思っています。
ブログ楽しく拝見させていただきました。

アラーキー : 2012/02/08 (水) 23:36:13

→<STUDIO-K2 さん>

初めまして!三丁目の検索か何かで見つけて来たのかな?
ファンだという事は・・・もちろんもう映画を見ていますよね。
何度も何度も見に行きたくなる映画です。。。

>セブンイレブンでジオラマを大人買いしたのをきっかけに自分でもそれを基にジオラマを作ってみようかと思っています。

→実は・・・・すでのそのセット3セット分も持っています(爆)

私もいじろうかと思って毎日眺めながらニヤニヤしていますよ。
いずれ、何か動きがあればこちらのブログで紹介しますね!

またお暇な時にでも遊びに来てくださいませ。

koko : 2012/03/13 (火) 12:14:27

はじめまして!いきなりコメントすみません・・・

出演、すごいですねっ
ALWAYSファンなのでとってもうらやましいです。
あのセットの中に入っただけでも
すごく貴重な体験ですよね♪

 吉岡秀隆さんに会えたのが一番うらやましいです。
吉岡さん演じる茶川さん大好きで・・・

生の茶川さん、どうでしたか?


アラーキー : 2012/03/13 (火) 21:03:38

→<koko さん>

はじめまして、コメント大歓迎ですよ〜!!

ふふふ、いいでしょう〜。

私も吉岡さん大好きですよ。
「北の国から」フリークですもの。
いまだに「純」って言っちゃいますものね。

生の吉岡さんはイメージ通りの人でしたよ。
茶川さんを演じている時にはやはり茶川さんでしたね。
ほんと最高な一時を過ごせました。

おそらく・・・・


今回の映画の大成功で次回作は決定したと思いますよ。(あくまでも予測ですけど)

Yoshi : 2012/10/10 (水) 04:17:35

昨日出張する機内でこの映画また見ました。実にアラーキさんが横町から出てくるシーンからしっかり写っていました。何度見ても面白い映画ですね。

情景師・アラーキー : 2012/10/10 (水) 07:08:18

●↓Yoshiさん

飛行機の中での鑑賞ならば10インチぐらいの小さな画面ですよね。
でもそれでも十分に感動は伝わりますね。

私ももちろんブルーレイを買ったのですが、実は再生出来る機器をもっていないのでいまだに見ていません。。。

バンビーニ : 2013/09/11 (水) 19:01:00

荒木兄貴><すみません(大汗)
三丁目の夕日で荒木さん、伊藤さんがエキストラしてたとは知ってましたが、こちらの記事を読んであの画像は凄いショットではないかっ><と今更ながら(恥)
まだまだですな、荒木兄貴の子分としては(笑)

こんな重要な意味する画像説明!もう一回機会を見てアップし直しますね♪
他にも合いそうな画像など記事にて頂きます^^/

あの画像・・・写真たてに入れて神棚に飾らせて頂きます(笑)

情景師・アラーキー : 2013/09/12 (木) 07:04:57

●バンビーニさん

ふふふ、わざわざこちらにも書き込み、感動したでしょ♬

そうなんでよ。この万歳シーンは映画のポスターにもしっかり書き込まれています。
普段は役者さんしか掲載されない(しかも主役級な人だけ)映画ポスターに小さくですがちゃんと描かれているというのは本当に名誉。

この映画を何度も何度もみてその嬉しさを噛み締めています。

本当はその思いで三丁目の作品を何か作ろうかと思っているのですがなかなかそうはいきません。。。

デザインハウス・アーク : 2015/04/28 (火) 11:11:16

拝啓、突然のメールを送信する事をお許しください。大阪を起点に、色々な国地域で、主にアミューズメントを核としての計画等を営んでいるデザイン事務所です、
 その中で、こんな事も考えてしまいました、色々なアイテムを自分なりに組み立てて、自由な形の最終完成品になるプラモデルですそして、全てを集めれば、(サンダーバードの基地の様な世界が出来上がるストーリーです)。
企画書の中のスケッチはそちらに遅れず、概要を動画にしましたので 
https://www.youtube.com/watch?v=u6_NOz2MdqE

見て貰いたくメ−ルを送りました、この様な提案を今時受け入れる模型会社は、ないですかね、迷惑なメールですいません、

【返信】情景師・アラーキー : 2015/05/01 (金) 08:44:04

>デザインハウス・アークさん

突然の書き込み、驚きましたが、なぜこの日記にコメントを??(笑)
メールフォームがありますので、そこからでしたら込み入った話もできますよ!

素敵なお仕事かと思います♬

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google