憧れのタモリ倶楽部へ出演!




毎度おなじみ流浪の番組、タモリ倶楽部でございます



司会のタモリさんのお約束の台詞で始まる深夜番組タモリ倶楽部。
私の大好きな番組です。
毎度かなりマニアックで、かつ低予算の匂いがプンプンする「ゆる〜い」特集で東京では金曜深夜に明日からの休みの前のもっとも幸せな時間帯に気楽に見れるのがいいですね。

『いつかはタモリ倶楽部に出るぞ!』

以前からかみさんに宣言していたのは事実ですが・・・・まさか実現する日が来るとは!!!!!!!!!!



タモリ倶楽部


唐突ですが本日(10/31 金曜日 深夜0:20)に放映!

『異能のジオラマ作家名鑑』


もう、人生上がりです!!!(感涙)


その「異能のジオラマ作家」に選ばれたのはこのメンバー

左から「石川博康」さん「山本高樹」さん、そして私。

1番右は今回のロケ地になった、私の作品展を開催しているさかつうギャラリーの店長坂本さん!


タモリ倶楽部2


特に山本さんは、NHKの朝の連続ドラマ『梅ちゃん先生」のオープニングジオラマを制作した私の尊敬するジオラマ作家でしたので、この切っ掛けでお逢い出来るのが本当に嬉しく、タモリ倶楽部に出演する事よりもなんだか憧れのアイドルに逢える!!というようなハイテンションで興奮してしまいました♬

↓梅ちゃん先生のOPのジオラマ全景。
そもそもTVや映画のミニチュアセットを作る仕事をされていたと経験があり、納得の構成。

梅ちゃん先生op


さて、撮影は9/20、巣鴨のさかつうギャラリーで行なわれました。

そもそも出演の切っ掛けはさかつうさんにオファーがあって、誰か最適なジオラマ作家を紹介してくれないかという事で白羽の矢が刺さったという事。

ある日突然TVディレクターから「You 出ちゃいなよ!」と出演オファーがあるのでは?
と妄想していた私は・・・・(笑)

人の縁というのは大切です。


さかつうギャラリーのあの決して広くはない店内でロケ撮影を行なった訳ですが、結構大げさな撮影になっておりました。かなりあやしい黒布で覆われた店の外観!


タモリ倶楽部6


タイトル看板設置の様子。


タモリ倶楽部7


かなり丁重に各作家さんのジオラマを撮影しておりました。

撮影スタッフさんは皆、ミニチュア好きな人が多いようで、一つ一つの作品を箱から出して撮影台に置く度に
「うゎわわわわわ!!!!」と歓声が上がっているのが印象的でした♬

2時間かけてじっくりと個別撮影。


タモリ倶楽部5


さて、見事出演を果たした作品は以下の通り

●ゴッサムシティ

B_ゴッサム

●港の片隅で

港の片隅で_全景1

●昭和の終わりに

廃車置き場



3人の作家さんがそれぞれ3作品づつ作品紹介する撮影を行なっておりましたが、あの30分番組の中でそれらをしべて放映する訳ではないかと思います。
どのように編集されているのか楽しみですね。


主役のタモリさんを含め、進行役のオードリーのお二人、そして個性派俳優の鈴木浩介さんも大変喜んでいました。

ただし・・・撮影時の僕の感じた印象は、出演者の皆さんが、私の作品を見てかなり感心しっぱなしで、他の作家さんの撮影している様子にくらべるとそれほど盛り上がっていなかったように思える。。。という自分視点。

どんな映像になっているのかは楽しみ!半分、見たくない!半分。。。。



あれこれと準備をするのが好きな私。

実は撮影前日にはこんな仕込み作業を。

タモリ倶楽部の名物コーナー「空耳アワー」でもらえる「タモリ倶楽部手ぬぐい」・・・・1/35スケール!

タモリ倶楽部4

そして、オードリーの2人の「オールナイト日本」のポスターと、鈴木浩介さんの出世作「ライヤーゲーム」のポスターをゴッサムシティの中に設置♬


タモリ倶楽部3


出演者、撮影スタッフ共に大喜びしていただきました!

むふふ、こういう点は「自分を褒めたいと思います」(笑)


なお、首都圏エリアでは放映は10/31(金曜日)深夜0:20〜0:50ですが、地方局では放映日が大きく異なります。

↓各地の放映日のずれは、ウキペディアのタモリ倶楽部の『13 ネット局と放送時間』に詳しく書いてあります

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8


実はその放映を記念して企画していたのが現在巣鴨のさかつうさんで開催中の私の作品展示会なのです!


<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


現在さらに詳しくジオラマの作り方を解説したHow to 本を準備中です。今年をお楽しみに!
よろしくお願いいたします!

私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

ばーちゃわーるど : 2014/10/31 (金) 19:36:12

なるほど~

それでタモリ倶楽部タオルがあったんですね~

ちょうど今日拝見して、?? でした♪

Pan : 2014/11/02 (日) 20:40:59

こんばんわ。
タモリ倶楽部見ました。
素晴らしいの一言です(^^
これからも素晴らしい作品を作ってください。
私は、仕事が忙しくて全然模型制作してない・・・(^^;

しんごあいこ : 2014/11/08 (土) 09:34:54

はじめまして!しんごあいこと申します
ジオラマをはじめたばかりで勉強させてもらっています!

自分の好きなアラキさんの作品とオードリーのANNがコラボっていて感動しましたー

タモリ倶楽部にでていたとはー
見たかったー

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google