注目の”ゴミモデラー” 現れる??


今週、私は「時の人」になりました。。。(笑)


それは・・・・Twitterにアップしたこの写真。



フェンス_2





以前から私のBlogを見ていただいている方にはもうおなじみの「ゴミ捨て場ジオラマ」ですね。





とある事に使う為に画像ファイルから引っぱり出してプリント、懐かしくなってついでにTwitterにアップしたところ・・・・




Twitter2.jpg



あれよあれよでツイートされてその数  5,724 !!!
(9/26 22時時点の状態)



驚くというよりも、
「そうだよね〜。インパクトあるものね〜」
と気楽に事の成り行きを静観していました。


ゴミ捨て場のジオラマ。

確かに面白い!なぜコレをわざわざ作ったのか訳がわからない。。。
もしかしてこの手はPhotoshopの合成じゃない??
深まる謎、そしてその作者はいったい。。。。




思えばこの写真を初めてネットにお披露目したのは2013年3月24日。
私のFacebookでのタイムラインでした。
その時にも本当に世界中の友人達に喜んでもらいましたね。
その後、この写真がとある海外のFacebook上の「現代アート」のページに誰かがシェアではなく私に無許可で投稿されていて、そのタイムラインではヤンヤ、ヤンヤのお祭り騒ぎ!

「これはPhotoshopの合成だ!」
「手前に手を置いて実景で撮影したトリック写真だ!」
「これは模型だろう」
「お前はこれが模型にみえるのか!」


・・・・この騒ぎに気がついたアメリカ人の友人が「炎上しているよ」って教えてくれて・・・

つたない英語で「私が作者です、これは1/35のジオラマですよ!」と書いたのですが、
完全作者無視でバトル続行(笑)。


『非常に危険な写真だ』と恐ろしくなりました。





時は流れ2014年9月19日。

この写真を過小評価している情景師。
またまたネットに投稿。



そして・・・・

その翌日、ネットネタサイトの「ハムスター速報」さんが最初に記事に(9月20日  10:02)

http://hamusoku.com/archives/8535623.html


ハムスター



この時間、私はとある場所で、とある番組の撮影中。。。。。事の真相にまったく気づかず。



先に書いた「とある切っ掛けでプリント」したのはこの番組用の説明の為だった訳です。
番組?撮影??まぁまぁお客さん、落ち着いて。

相変わらず影でコソコソ、何しているのか解らないアラーキー。



ハムスター速報さんは私もよく見る人気サイト。

なんとこのサイトはこの撮影の後に私が駆けつけた「ドロオフ」の宣伝もしてくれております!!

そしてこれを切っ掛けにあらゆるサイトに飛び火!!


●トゥキャッチさん

http://togech.jp/2014/09/22/13000

TwitterやBlogにアップしている写真を上手い具合にまとめていただいておりますね。


トゥキャッチ


●エンタメウスさん

書く記者によってチョイスする写真が違うのが面白いですね。
しかも最後のオチが「荒木ひろし」さんって名前が・・・・(笑)

http://entermeus.com/120758/

エンタメウス

● DDM JAPANさん

http://japan.digitaldj-network.com/articles/32647.html

こちらの記者さんはBlogに掲載された写真を中心に紹介。
残念なのは私が「廃車模型を楽しむ他の作家さんたち」で紹介した1/12スケールのフェアレディZも私の作品として紹介されてしまっています・・・(こちらのサイトに修正をお願いしたのですが未対応です)

●livedoorニュースさん

http://news.livedoor.com/article/detail/9280917/

ライブドアー

●ギズモードさん

http://www.gizmodo.jp/2014/09/post_15584.html

●笑うメディアCURAZY

http://curazy.com/archives/39984

●なんと海外サイトまで

http://sploid.gizmodo.com/the-incredibly-realistic-and-decadent-miniature-worlds-1638016222/all

海外1

●ロケットニュース海外版

ロケット

http://en.rocketnews24.com/2014/09/26/check-out-these-amazing-miniature-dioramas-from-tokyo-artist-satoshi-araki%E3%80%90photos%E3%80%91/

http://www.spoon-tamago.com/2014/09/22/miniature-dioramas-of-bombed-out-and-littered-cites-by-satoshi-araki/#more-29577


http://www.viralnova.com/tiny-photos/

http://www.spoon-tamago.com/2014/09/22/miniature-dioramas-of-bombed-out-and-littered-cites-by-satoshi-araki/

http://www.amusingplanet.com/2014/09/miniature-dioramas-by-satoshi-araki.html

http://beautifuldecay.com/2014/09/26/satoshi-araki-obsessive-dioramas-destruction-decay/

http://www.demilked.com/miniature-art-cityscapes-dioramas-satoshi-araki/

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread1033820/pg1

http://www.trendhunter.com/trends/miniature-diorama-art

http://www.visualnews.com/2014/09/29/diorama-look-real-artist-puts-hand-shot/

http://www.123inspiration.com/detailed-miniature-dioramas-of-street-scenes-by-satoshi-araki/

http://laughingsquid.com/hyper-detailed-miniature-dioramas-of-street-scenes/

http://www.muldersworld.com/photo.asp?id=27776

●ドイツのネット情報サイト
http://www.watson.ch/!776895517?utm_medium=earned&utm_source=link&utm_rainbowunicorn=2066455563&utm_campaign=share-tracking

●イタリアの情報サイト
http://www.frizzifrizzi.it/2014/09/24/gli-orrendi-micromondi-di-satoshi-araki/

●ロシアの情報サイト
http://majkatiitatkoti.com/objavi/ovie-fotografii-se-samo-minijaturi/

数が多過ぎて追いきれません.....





凄いですね〜・・・・(人ごと)





初めてこの写真を見た人は「なぜゴミ捨て場をわざわざ作ろうと思ったの?」と不思議に思うでしょうね。

これはクリストファー・ノーラン監督のバットマンの映画「ダークナイト」のゴッサムシティーのジオラマを作っていた際の途中写真。退廃した世界を作り出す為に道に捨てられた大量のゴミを作り出したのでした。

ジオラマの見えをチェックする為に一度ゴミを並べてみて写真に撮ってみたがこの写真。
故に未完成の遊びの写真。故に道路に転がっているペットボトルも単に置いてあるだけ。新聞紙も浮いています。
私としてはちょっと不本意な写真なんですよね。

こちらは完成した後の写真!!


フェンス_1

良く見てみるとフェンスの看板やポスターが追加されて、ゴミの具合も馴染んで自然な感じに。



しかし、・・・・写真としてはあまり面白くありません。

指が入るだけで、もの凄くインパクトがあります!



情景師と名乗る私が目指したいのは「日常にあるさりげない光景」をミニチュアに
ああこういうシーンあるある!というポイントがいかにリアルに再現出来るかを突き詰めています。
そういう意味では本当に目にする「ゴミ捨て場」という光景は誰もが見た事のある日常として、特に意識した訳でもないけれど印象に残っている光景。
そういうシーンをミニチュアで再現したいと日頃から思っています。


今後私が作りたいと思っているシーンとして「駅前の自転車置き場」があります。
ゴチャゴチャとした光景、様々な種類の自転車が放置されている様子。カゴにはゴミが突っ込まれていたり、雨にふやけた少年ジャンプ、フェンダーに貼られた高校のシール。U字ロック、「迷惑駐車」の張り紙・・・・

面白そうでしょ?



期待していてくださいませ(いつになるかまったく解りませんが)


ちなみに・・・小さなゴミ袋の制作記事は以下

http://arakichi.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

このゴッサムシティの制作の詳細を知りたい方は左のバナーにある『【作品.28】ゴッサムシティー 』をクリックするといろいろな How to が見れます。

その他の作品もすべてバナーからご覧下さい。

また、文章の中にある「とある撮影」はまたいずれコチラで告知しますのでお楽しみに!
おそらくビックリしますよ。


<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


現在さらに詳しくジオラマの作り方を解説したHow to 本を準備中です。今年をお楽しみに!
よろしくお願いいたします!

私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

改造モルモット : 2014/09/27 (土) 04:37:45

先日はお忙しい中、いろいろ教えて頂きありがとうございました。
記事にありますゴッサムのゴミも凄いですが、先日の車の錆びも私には本物にしか見えません・・(笑)

荒木さんの作るチャリンコ置き場、想像するだけでワクワクしますね。楽しみにしてます!

ぴろんちょ左衛門之介久 : 2014/09/27 (土) 14:11:30

ジオラマノ一部を切り抜いたのに、この説得力!

あ、ツイッターってやってませんので、そのシステムすら知りません。

“注目のゴミモデラー”って(^^

ピコ : 2014/09/27 (土) 21:42:17

凄い事になってますね!
さすがお師匠・・・人ごとっていうのもある意本当なmんでしょう^^;

とにかく、世界を驚愕させたアラーキーさんのジオラマを直に拝見したことがある!って、それだけで自慢できます^ ^
ろうがんず杯まで時間無いですが、我々をまたあっと驚かせてくれる作品を心待ちにしております!

ゆるふわ : 2014/09/30 (火) 16:01:15

はじめまして!
http://yuruhuwa2641.blog.fc2.com/

よろしくおねがいします!

MASAKI : 2014/10/02 (木) 16:15:42

ホントに時の人ですね。
天才とまで書かれてましたし!

ボーンデジタルさんのセミナーですが残念ながら私は参加資格から外れていて見に行けません><
うちの会社のMayaはボーンさんで保守契約してないので~

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google