映画「永遠の0」に震えた!




2013年12月21日。映画「永遠の0」公開されました。
すでに公開初日で興行収入(興収)見込み60億円の好スタートを切ったようです。

この日は僕にとって忘れれない日となるでしょう。

小説「永遠の0」はすでに5回程読み返しています。読む程に違う発見と感じ方をしてしまう不思議な小説。
作家・百田 尚樹さんのデビュー作にして非常に魅力に満ちたストーリー。デビュー作らしい荒削りな文章運びや丁寧に描きすぎる文章部分もありますが、そういった点を踏まえて皆を虜にする所があるのでしょう。


実は、ここまでこの小説に思い入れがあるのは「まるで自分の事が小説化されたような」錯覚に陥ったからでもあります。


頑固な下町のシート職人だった母方の祖父は孫の接し方が本当にぎこちない人でした。
新小岩に小さな小さな工場を持っていて、無口だけど腕が立つ「ザ・職人」という人でした。
盆栽趣味もあり、その小さな木に針金で作った鳥を添えたり、小さな小さな凧を引っ掛けたりとまるでジオラマのような遊びを加えて楽しむ点は私のジオラマ趣味の原点といっても過言ではありません。
そんな所が私が似ていてるね〜、祖母が言った事を覚えています。

戦時中はマレー半島にて陸軍の工作兵として赴任しており、電柱にのぼって作業中に爆撃を受け、足の指すべてちぎれて四方に飛び散ってそれをあわてて拾って無理矢理包帯で固定したから親指と小指を付ける場所を間違えた!という話は小学2年生の私にはあまりにも衝撃的でした。ジャングルでトラに遭遇したとか体長2メール以上もある大蛇の話など心躍る話、たった一度だけ話してくれました。


その好きだった祖父が亡くなった時に、実は戦後再婚した相手であって、私たちとはまったく血が繋がっていない事実を聞かされたのです。
母の本当の父親は海軍の軍艦乗りで、南方の海戦で帰らぬ人となっているという事。
戦後、祖母1人で3人の子供を養う事は困難だと考え、生活を最優先してすぐに再婚した事。その事で実の祖父の実家から冷たい女だと罵られ、3人の子供のうちの長男、次男を手放した事・・・。



もの凄く衝撃を受けました。

血がつながっていると思っていた職人気質でミニチュア好きな祖父、本当に血が繋がっている戦死した祖父。
2人の祖父の存在。

残念ながら上艦していた艦名も、戦った海戦も解らないまま祖母も私が大学の頃になくなりました。

自分の境遇とシンクロしてしまう小説「永遠の0」。

その小説が映画化、しかもなんとなんとなんと敬愛する山崎貴監督によって映画化!!!!
これは本当に嬉しく何か運命的なものを感じました。



2012年の夏に空母赤城の搭乗員のエキストラ募集があり、これは絶対に参加したいと写真&募集書類を送り結果を待ちました。
するとなんとなんと合格!!

次にクリアーしなければならなかったのが、真珠湾攻撃の零戦を送り出す「帽ふれ」の重要なシーンがあるので「5分刈りの坊主になる事」でした。

こんなチャンスは滅多にないので、中学生以来の丸坊主になり、8月の千葉で行なわれた空母赤城の原寸大セットでの撮影に参加する事になりました。

千葉の白浜に作られた空母赤城の艦橋付近の原寸大セット。
そのほとんどを山崎監督の得意とする VFXで作ると思っていたので、原寸セットといえどもブルーバックの固まりのようなものだと想像していたのですが、嬉しい事に迫力ある艦橋が半分再現されていました!


赤城3


赤城2


赤城1


赤城4


(上記の写真は映画永遠の0の公式ツイッターで紹介されている写真です。)


そしてこのセットで水兵を演じていた・・・・


赤城エキストラブログ用

坊主バージョンのアラーキーです!。


空母赤城の甲板で零戦の整備を行なう水兵。エンカン服という白いつなぎを着ています。
背中には防毒マスクを背負っています。

現在の私は40過ぎておりますが、この当時の水兵は20代の若い兵士ばかりだったでしょう。

(ちなみに私の写真は特別な理由により撮影出来た写真であり、通常のエキストラでの参加では写真撮影は一切禁止されております。)



赤城白黒ブログ




山崎監督が「カメラ越しに見るその光景はまるで記録映画を見ているようだった」と感想を述べていたように、丸坊主の赤城の役者さんとエキストラで撮影された帽ふれのシーンは夕日の中でとても美しい絵になっていました。

なんと嬉しい事にこのシーンの VFXの映像がyoutubeで公開されています。
艦橋の右側あたりで帽子を振っている固まりの中に私がいるのです。

http://www.youtube.com/watch?v=RYa8NPbqcbY


実際の映画の画面では、目を凝らしてもハッキリと自分だと解る訳ではありません。しかし、歴史に残る名シーンに参加出来たという名誉で十分です。実際には千葉では2日間の撮影に参加して真珠湾攻撃のシーンと、ミッドウエー海戦に突入するシーンの撮影に参加しました。宮部を演じていた坊主姿の岡田さんは小説の中の宮部のイメージにピッタリで、この時に映画の成功を確証したのでした。



私の本当の祖父が見たかもしれない海の光景。そして戦争の恐怖。
赤城に乗船していたかもしれません。
この甲板の上でふと、祖父に出会えたような感じがしました。




この映画は基本は現代劇なので、上記の戦時シーンの撮影以外の現代シーンの募集もあり、こちらも合格して参加しています!


撮影50日目の2012年の09月1日。

北総鉄道の車両を貸し切っての撮影でした。小室駅より三浦春馬さんやエキストラさんを乗せて出発し、電車の中でのシーンと駅の改札のシーンを撮影しました。

なんと電車の中のシーンでは助監督のその場での判断で私がカメラ正面に配置されておりますので、映画の中では一瞬ですがハッキリと私の後ろ姿を確認できます。
こちらのシーンの撮影風景も公式ツイッターで公開された写真に写っています!

右側の坊主のサラリーマンが私で、水色のポロシャツの方が助監督さん、その場所に三浦春馬さんが立ちます。


駅のシーン


実はこの車両の遥か後方には私の妻もエキストラで参加しており、映画のシーンではまったくその姿は解りませんが、夫婦そろってこの映画作りに貢献しています!

この映画は荒木家にとっても重要な思い出の作品となりました。


自分の思い入れがある分を差し引いても、この映画は今まで見た映画の中ではもっとも心を振るわせた名作である事は間違いありません。
単に「泣けた」という言葉を使いたくない、心が何かと共鳴する感じ。映画を見終わった後に余韻がいつまでもいつまでも続くこの感じが、どうも上手く表現出来ずにモヤモヤとしてしまいます。

小説の映画化は少なからずいろいろな不満や物足りなさを感じる物ですが、この映画は百田さんの小説をベースにして見事に「映画版・永遠の0」として進化している脚本が本当に良く出来ているのです。単なる戦争の悲劇を押し付けるようにまとめあげる脚本は数あれど、山崎監督のまとめあげたストリーは一貫して「人を思う事」を書き上げていると思いました。

そして戦時パートの VFXの映像が、「日本の映像技術はこれほどにも進化しているのか!」と驚愕します。
潮の香り、南方の熱い風、風切り音、艦船の焼けた鉄板の温度、ジュラルミンのたわみ、硝煙とエンジンオイル、血の匂い・・・・CGが凄いという軽い表現ではかたり無くない、昭和19年そのものの世界がまさにそこにあるようです。

調布にある VFX職人集団の白組の力、それをまとめあげている VFXディレクター渋谷さんの力。
fecebookで知り合ったGCアーティストの帆足さんの力。

小さな力ですが私と妻の力も加わってこの映画が産声をあげました。

是非とも劇場でこの思いを共感してください!
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

tsukudados : 2013/12/23 (月) 19:04:55

なるほど、それほどに思い入れのある0だったんですね。遅ればせながら本日、観てまいりました。小説でボロボロに泣いてしまったため、映画館でボロボロになるのはいややな~どうしょうかな~と思っておりましたが、いってよかったです。荒木さんがエキストラででられているシーンもしっかり見ようと思っておりましたが、それどころではなかったです。(次観る時はしっかり見ます、たぶん)今日は胸がいっぱいで、あまり頭がまわらない状態です。しかしあの百田さん、(昔よく雀荘でよく会いました)があの小説を?と不思議な感じではありますが。いや~いい映画でしたね。

arukadhia : 2013/12/25 (水) 18:40:25

私の母方の祖父も戦争体験者です。

当時は零戦の整備員として働いていたそうです。

それと同時に英語が得意だったので翻訳も担当していたそうです。

しかしある日零戦の乗組員として抜擢され零戦に乗ることとなったのですが、出撃の前日に盲腸を患い運良く乗らなくて済んだそうです。

ただ、当時は医療設備がなく盲腸の手術を麻酔なしでしたそうです。

いろいろと過酷だったと私が幼少の頃よく話してくれました 。

今でも祖父の大事にしていた零戦と戦艦大和のダイキャストモデルは形見として取っといてあります。

私もこの映画は時間が出来次第見に行こうと思っています。

※自分も劇場版パトレイバーのエキストラに登録してありますがなかなか時間が合わずに行けていません…(/o\)

バンビーニ : 2013/12/26 (木) 15:31:07

この記事にも震えましたバンビーニです><
読みながら、興奮しました!!

是非、映画館で永遠の0観たいと思います><
役者荒木兄に拍手 パチパチ

yukiyuki : 2013/12/30 (月) 22:52:54

「永遠の0」
自分も来年早々に読むつもりです!(購入済)

おっと、年末のご挨拶に伺いました!(^^)
今年は会えなかったけど、また何処かの展示会場でお会いしたいものです。
来年が荒木氏にとって素敵な1年になりますように。

よいお年をお迎えください!

SOL : 2014/01/16 (木) 19:12:45

ほとんど戦艦や戦車などの模型を作っていないんですが、なぜか赤城は好きで中学生の時に作ったことがあります?

この日本映画史に残るであろう作品に出演できたのは貴重な経験でしたね♪
実は明日観に行きます(*^.^*)楽しみです♪

けんちっく : 2014/01/25 (土) 13:43:25

まさしく映画の内容そのものですね・・・。
この映画への出演は本当に運命を感じますね。

僕も今年に入って「永遠の0」観ました。
戦争映画もたくさん観ましたが圧倒的にナンバーワンですよね。
あまり戦争映画は好まないうちの奥さんも「めちゃ感動した」と言ってましたから。

今後この作品を越える戦争映画は難しいかもしれません。
それほど見終ったあとあとまで心に残る名作だと思います。

ただ・・・パンフレットが売り切れだったんですよね。
もうちょっと用意しておいて欲しかったなあ(笑)

情景師・アラーキー : 2014/01/27 (月) 08:15:09

● SOLさん

映画見た感想はどうでしたか?
私も今まで「空母といえば赤城でしょ!」と単なる合い言葉のようにぼんやりと思っておりましたが、この映画を見た後には本当に赤城の事しか頭に残らないぐらいに衝撃的な映像の山でした。
私もいつか満足いく赤城を作りたいなぁと思いましたね。

情景師・アラーキー : 2014/01/27 (月) 08:18:09

●けんちっくさんこんにちは!

ブログの方でいろいろお世話になりました。

私も同感でこの映画は戦争映画というカテゴリーを越えて家族で見れる、そして考えさせる映画だと思います。本当に山崎監督はもの凄い映画を作ってくれました。

そして、やはり赤城が画面一杯に出てくる感動はけんちっくさんは涙を隠せなかったのではないでしょうか?
あの映画は零戦の映画でなく赤城の映画と行っても過言ではないでしょうね(笑)

ホッピー : 2014/02/01 (土) 22:23:25

はじめまして、突然のコメント失礼致します。
私も真珠湾攻撃発艦のエキストラに参加していました。
もう、一昨年の夏のことでしたので、懐かしいと思ってしまいました。
上映時に一瞬写っているのを観て、嬉しい恥ずかしい気分になってしまいました。

情景師・アラーキー : 2014/02/02 (日) 21:15:34

>ホッピーさんこんには!

おおお!マジですか。
あの夏のロケは本当にいい思い出ですよね。
暑かった、兎に角暑かった。しかしあの甲板に入れた自分にウキウキしました。

私は自分の姿がよく解りませんでした。
BDが発売された時には何百回と見ようかと思っています。

ホッピー : 2014/02/06 (木) 00:34:16

>アラーキーさん
コメントありがとうございます!
私も多分BDが発売されたら何度も見てしまうと思います。(笑)

Jおじ : 2014/03/02 (日) 09:28:59

情景師・アラーキー 様
ブログ拝見しました。心が震えました。
生き残ったそれぞれの人に物語があると思いました。

私も赤城のロケに参加しました。本当に良い思い出でした。
多分、アラーキー 様ともすれ違ったりしたんじゃないでしょうか?
映画もやっと4回ほど観にいきましたが、できる限り大きなスクリーン
で観ることができるうちに足を運びたいと思っています。

情景師・アラーキー : 2014/03/02 (日) 11:06:31

>Jおじさん、
こんにちは!ブログを通してあのロケに参加した人と繋がれるのでは?と思っておりましたが・・・懐かしい同窓生にあった気持です。

士官役だったんですね。それはそれはあの熱い最中に大変だったでしょう。
気持ち的には1度でいいから航空隊員の衣装を来てみたかったです。。。
でも本当にいい思い出ですよね。
その後もいろいろな映画のエキストラに出ておりますが、この山崎組のロケは本当に現場が楽しくて、またエキストラの方への扱いが丁寧です。

この映画は映画館で見るのが最高ですよね。
私も4回目にチャレンジしようかと思っております。

Jおじ : 2014/03/02 (日) 18:46:04

>情景師・アラーキーさん
同窓生!いいですね。
あのエキストラは、得難い経験でした。
実は、ALWAYS三丁目の夕日が大好きで続・三丁目の夕日の
エキストラが初めてのエキストラで、BALLADにも参加し、
永遠の0は、3作目でした。他の現場は存じませんが、
山崎組のスタッフの方々は、本当に明るくて感じが良いですね。

僕自身長野の安曇野に住んでいるため、なかなかエキストラへも
参加できませんが、機会があればまた参加したいと思っています。

では、また!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>モデラー目線で「永遠の0」のメイキングを見てみる from 杜の里から
2014年上半期の映画興行ランキングが発表されました。 1位は予想通りダントツで『アナと雪の女王』(260億円〜)でしたが、2位に『永遠の0』(87億円)が入りました。 >>READ

2014.07.05

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google