FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘキサギア・撮影用ジオラマ




2017年9月29日(金曜)より東京ビックサイトで開催される全日本模型ホビーショー


全日本模型ホビーショー



5月に開催される静岡ホビーショーと共に、日本の2大模型ショーです。
静岡ホビーショーはその名のごとく静岡にある模型メーカー「タミヤ・青島文化教材社・ハセガワ」から成る静岡模型教材協同組合が主催の模型の祭典で、こちらは日本プラモデル工業協同組合の主催。5月、9月と新製品発表の場になっている楽しみなイベントです。

去年、私はここでジオラマ作品展を開催していただきました↓

http://arakichi.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

プラモデルを広く一般の人にももっと普及させたいとの理由で白羽の矢が経ちました。

あれからもう1年経過したのか・・・
この1年で様々な事があり、本当にあっという間でした。プロジオラマ作家として独立した訳ですから、毎日が模型三昧。
こんなに楽しくていいのでしょうか?

さて、話戻して、今年の全日本模型ホビーショーでの私の関わりは、コトブキヤさんの企業ブース内にて、新作ジオラマを展示いたします!



0928.jpg




写真 2017-09-26 16 06 43



ヘキサギアジオラマ_33




ヘキサギアジオラマ_27



錆が美しい廃工場。
大きさは最後の写真にチラリと映る1円玉で解ると思いますが、1/24 scaleで製作した幅600mm、奥行き400mmの大型ジオラマです。

コトブキヤさんに廃工場のジオラマ??

これはコトブキヤさんが新展開する1/24スケールの組み替え可能のプラモデルシリーズを撮影出来る体験型ジオラマとして製作したものなのです。



ゾイドを思わせる、昆虫や恐竜形態に可変する搭乗型の兵器「ヘキサギア」

https://www.kotobukiya.co.jp/product-title/hexa-gear/

へきさ


今までのこの手の商品と違うのは、明確に「1/24スケール」という大きさを設定しているところです。ミクロマンを思わせるサイズと可動範囲の広い兵士が搭乗するこれらのギアは、「ヘキサ=6角形」の穴が各パーツに配置されておることにより、上記のデザインだけではなく、オリジナルの形が作れる無限展開が可能なのです!



このプラモデルシリーズを、その世界観を再現したリアルなジオラマの中で撮影出来るようにした為に、かなり大型なサイズになりました。

ヘキサギア0927_2


コトブキヤさんから依頼があった際には、単に「展示用のヘキサギアのジオラマを作ってください」というオーダーでした。
しかし、私が作り込んだ作品をアクリルケースの中に飾れて展示され、「どや、凄いやろ!!」という展示だけではわざわざホビーショーの展示の為に作った作品としてはツマラナイでしょう?と思い、ユーザーに体験して楽しんでもらえるジオラマを提案しました。ヘキサギアのプラモデルは「作って飾る」とは異なり、様々なポージングや展開を楽しむプラモデルなのでやはりみんなにはその魅力を楽しんでもらいたいと思った次第です。

与えられたサイズと、予算の中で効果的なシチュエーションとして撮影の際に、周囲が映り込んでしまうオープンな構造では写真映えしませんので「天井がある閉鎖された空間」として「工場」を提案し、その中で整備していたり、また戦闘が行なわれたりとあらゆるシチュエーションに対応出来るようにデザインしました。
4方向から、様々なユーザーが別々のもので撮影出来るように絵に成るスポットを作り込みました。
結果として当初与えられた大きさを遥かに超過して、そして予算オーバーな仕様に・・・(汗)
制限だけの仕事製作ばかりでは流石に飽きてしまいますから、以前から作ってみたかった工場ジオラマの欲求を十分に晴らして閉まった訳です。

ヘキサギアジオラマ_32



ヘキサギア0927_6



ヘキサギア0927_8


ミクロマンのようなサイズと、良く動く兵士フィギュア!
あらゆるポースを取らせて撮影するさまは、まさに映画監督♬この撮影中にもどれだけ時間を割いたことやら。
本当にたのしいんですよ。


この兵士が搭乗する兵器もカッコよろしいんですよ。

ヘキサギアジオラマ_34L



ヘキサギア0927_14



ヘキサギア0927_3




是非とも、ご自分で作ったヘキサギアシリーズをホビーショーに持ち込んで撮影を楽しんでくださいませ!

素敵な写真が撮れることを祈っております。

※撮影につかったヘキサギアはコトブキヤさんから特別にお借りした作例サンプルです。
















<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴ「タイニーウィーゴ」のフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適なポケットティッシュサイズの超ミニサイズ/ハンドバックが付いて、お得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google