零戦ダンボー・ジュラルミン版



5月からあっという間に7月の中旬に飛んでしまいました・・・・

同時進行のジオラマの仕事が7つぐらいあるのですが、そのうちの最大の3件が、締め切りがほぼ同じで、共に「爆速」している状態でしたのでいつの間にか3か月近く経過してしまいました。

<福島災害復興ジオラマプロジェクト>
先の日記で書いた、福島の震災復興のジオラマプロジェクトは、東北初の作品展示会で幕を開け、無事に開始しまして、7月31日に第1回目のワークショップを開催します。詳しくは町のHPにて。

http://www.shinchi-town.jp/site/fukkou/jiorama1.html

<凄い!ジオラマ展 in 富山>
8月6日から北陸初上陸となる過去最大数の個展「凄い!ジオラマ展」が富山県の新川文化ホールにて開催いたします。

http://www.miragehall.jp/eventinfo/detail.php?ev_id=692

<作る!超リアルなジオラマ>
初の作品集「凄い!ジオラマ」に続く第2弾は、ジオラマHow to本。単なる作り方を羅列している本とは違った切り口の本になっております。

https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%9C%E3%82%8B-%E8%B6%85%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%9E-%E6%9D%90%E6%96%99%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BD%9C%E5%93%81%E7%99%BA%E4%BF%A1%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E6%83%85%E6%99%AF%E5%B8%AB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC/dp/4416716095?ie=UTF8&camp=247&creativeASIN=4416716095&linkCode=xm2&redirect=true&tag=arakichi2002-22

と、まとめて告知させていただきました。

本の執筆から、個展の準備、ジオラマワークショップの準備と、これが三つどもえになって進行しておりましたので、本当に死ぬんじゃないかという忙しさ。
そういえば・・・ここ数ヶ月、ジオラマ作っていません。
それぞれは後ほど、時期が近づきましたらこちらで告知/報告させていただきます。

さて、タイトルになっている本題にようやく。

ギリギリで申し訳ありませんが、7月24日(日曜)開催の、日本最大、いや世界最大の造型のお祭り「ワンファーフェスティバル:ワンフェス」にて、私がデザインした零戦ダンボーの兄弟が限定発売されます!

名付けて『零戦ダンボー・ジュラルミン版』

ダンボーなのに、零戦。
ダンボーなのに、ジュラルミン。

不思議な存在ですが、まぁまぁ、ちゃんとコンセプトがありますので、そこは落ち着いて。
零戦の構造素材は「ジュラルミン」という超軽量の鉄素材であることは広く知られておりますが、零戦ダンボーも実はダンボールではなく、ジュラルミンで作られていた事が解った!!
・・・ここでよく知っている方にはかなりの矛盾があることがバレますが、そもそもの零戦ダンボーのコンセプトは「零戦のコスプレをしたダンボー」という中身は実はダンボーであるということ。ならばジュラルミンっておかしくないか?

・・・・(汗)

「いや、いや、こ、こ、こ、これは『試作行程の零戦のコスプレをしたダンボーなんや!!!!』」

デザイナーが言うんだから、仕方が無い。そうしておきましょう。

さて、「試作」というコンセプトは本当の話。


映画好きならばピンと来るかもしれませんが、映画「零戦燃ゆ」において、試作中の、ジュラルミンで出来たピカピカの零戦が登場する有名なシーンがあるのです。





予告編にも登場する銀色の機体が、あまりにも格好良く、公開当時小学生だった私は、早速プラモデルを銀色に塗り、そのシンプルで力強い姿にしびれたのでした。。。


これをこの零戦ダンボーでもやってみたいと、海洋堂さんに提案。

零戦ジュラルミン_6


すると、数ヶ月後に、なんと塗装ではなく、クロームメッキされた試作が送られて来たのです!!!!!

零戦ジュラルミン_1


ぬおおおおお、格好良すぎる。


ピッカピカの機体ですので、もちろん空が映り込んで、何とも言えない哀愁漂う姿です。


零戦ジュラルミン_3

あまりに周囲が映り込むので、こんな感じで「忍者モード発動!」として遊べます。

零戦ジュラルミン_5


零戦ジュラルミン_2


7月24日(日曜)、幕張メッセで開催されるワンダーフェスティバルにて限定1500個


・・・・なんだよ、ワンフェスなんて行けねーよ。。。。。


とお嘆きの貴方。

零戦ジュラルミン告知


フォローは抜かりありません。

http://store428d.com/fs/ydso/figure/rt_db_052d

ダンボーストアにて限定350個の通販発売があります!

7月25日 12:00からの発売開始ですので、ご注意くださいませ!

それでは、私の零戦ダンボーの新たな兄弟をよろしくお願いいたします。


<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


ジオラマの作り方を解説したHow to 本
『作る!超リアルなジオラマ』2015年8月1日発売!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
[PR]ラインスタンプ 無料 アクセスカウンター
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google