”昭和ミニチュア情景展”への誘い!


本日から学生達は夏休みに入ったようですね。
いいなぁ、夏休み。学生から卒業して20年....遠い記憶になりつつあります。

夏休みの開始に合わせていろいろなイベントが全国各地でスタートしています。その中の一つをご紹介♫

本日、7月19(土)から愛知県安城市にある「安城歴史博物館」にて

「昭和ミニチュア情景展」

が開催されます。

↓開催詳細HP
http://www.katch.ne.jp/~anjomuse/exhibitions/kikaku/minichua/nini.htm


k1329611049.jpg

この展示会の特徴はドールハウス作家、ジオラマ作家、鉄道模型作家の近くて遠い異分野の作家さんが一同に作品を集結させた大変めずらいい作品展です。私もしっかりと参加させてもらっておりますよ!参加作家は以下。

・あいさわ かずこ http://aisawa.org/
・荒木 智 http://arakichi.blog.fc2.com/
・伊藤 康治
・加藤 健次
・金子 辰也
・亀田 信子
・坂本 憲二
・高橋 起弥
・土屋 静
・松村 秀俊
・諸星 昭弘http://www.omorodesign.com/omoro_Site/home/home.html
・山田 卓司
(五十音順)

ビックネームが集結しています!!
意外に自分のHPやBlogをやっている方が少ないのですが、それぞれのお名前でGoogleで検索すると素晴らしい作品が多く見れます。ちなみにポスターに大きく掲載されているのは亀田信子さんの作品。私も大好きな作家さんです。


私も作品を貸し出しただけでまだ知らなくて、それぞれの作家さんのどんな作品を展示しているのか知りません。非常に楽しみにしているんですよね。

さて、以下は今回の展示会を主催した、私もジオラマ素材で大変お世話になっている東京・巣鴨のジオラマ用品専門店「さかつう」さんで撮影していただいた写真を紹介いたします。

会場の安城市歴史博物館
大変立派な建物ですね。

↓博物館HP

http://www.katch.ne.jp/~anjomuse/m-annai/2014k.pdf


昭和のミニチュア情景0


会場の中は、流石博物館!
立派なガラス張りの展示ケースに非常に上品に収まっている様子が伺えます。

中にはケース無しで飾られているものもあるようですね!

昭和のミニチュア情景1
昭和のミニチュア情景2



私は、今回は昭和を代表とする4点を展示していただいております。

●「港の片隅で」

スケール1/32。昭和に活躍した木造漁船が港の片隅でその役目を終えようとしています。
港にあるアイテムとしてコンクリート製のテトラポットがいいアクセントに。

主役の漁船とこのテトラポットは紙を使った「ペーパークラフト製」
ジオラマの素材の実験的な作品です。

土台に使用している箱は昭和の時代の大工さんの道具入れを転用して、その朽ちた雰囲気と合わせて演出しています。この作品は朽ちた木造漁船は昭和の遺産ですが、作品の時代想定は平成の姿になります。

昭和のミニチュア情景7


●西瓜の夏

スケール1/32。熊本県に実在する江戸時代に作られた石橋をモチーフに、昭和40年代の光景を再現。
石橋を渡っている軽トラックはスバルサンバー。荷台には熊本が名産の西瓜が満載されています。畑から農協へ運んでいる際に差し掛かった石橋。川面に吹く風に揺られている柳。川の中を覗くと錦鯉が泳いでいます。

このBlogのタイトルにも登場している作品ですのでおなじみの情景ですね。

昭和のミニチュア情景4


●やきいも

1/32スケール。東京・江戸東京たてもの園に展示してあった、「ミゼットを使った駅前の移動焼き鳥屋の写真」をヒントに制作した作品。昭和の30年代、秋の光景。焼き芋屋のおいしそうな匂いに釣られて、夕飯の買い物帰りの母親にねだる子供達。文庫本を広げた程の小ささ中に、昭和のアイテムが凝縮されています。

昭和のミニチュア情景6


●トタン壁の造船所

スケール1/64。上記3作品のジャスト半分のスケールです。
昭和時代に操業したトタン壁の造船所。周囲には修理中のマグロ漁船、建物内部にはちょっと古いタイプの漁船、積み替えようのディーゼルエンジンを納品中のトラック、それを下ろすフォークリフト。
情景シチュエーションは現代の平成の光景ですが地方に存在する造船所をモチーフにしたので、昭和の匂いが溢れる作品になっております。。


昭和のミニチュア情景5

以上、4点です。

各それぞれの作品はこのBlogの左のバナーにある作品名をクリックするとその制作の詳しい解説が見る事ができます。

【作品.1】トタン壁の造船所
【作品.7】やきいも ミゼット
【作品.19】港の片隅で
【作品 .22】西瓜の夏


開催期間は夏休みいっぱいの8月31日(日)まで

一般的な模型展示会と異なり、作家さんが立ち会ったり、実演などのイベントは予定されておりません。
そのかわり、非常に落ち着いた展示になっているのでゆっくりとご堪能くださいませ。

昭和のミニチュア情景8


<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


現在さらに詳しくジオラマの作り方を解説したHow to 本を準備中です。今年をお楽しみに!
よろしくお願いいたします!

私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google