FC2ブログ

驚愕!『プラモデル作家展』詳細レポ


先週大阪で開催された『プラモデル作家展』の詳細です。
(全体概要は前の記事を参考に)


前回は4人の作家の卓を大まかに写した写真でしたので、なんとなくこのブログをご覧いただいている方の不満が聞こえてくるような気がするとか、しないとか。(笑)

でも彼らの作品は好きなんでちゃんと紹介いたしますよ!
写真がいっぱいあるので前ふりはこの辺で。ではじっくりと作品をご堪能ください。

<<ミツタケ作品>>

なんとこのハンドルネームはご自分の名前と奥さんの名前組み合わせたという超超超愛妻家モデラー♫
そんな甘いハンドルネームのいきさつとは裏腹に作る作品は超パワフルでっせ!

●フルスクラッチ「ジ・O」

なななななんじゃこのスケールのデカさは!!
重装甲の相撲取りのようなこのMSはイラストレーター小林誠氏のデザイン。Zガンダムに出てくるMSですが劇中のデザインとは違い、小林氏自らがりデザインしたジ・Oをさらにミツタケデザインで構築したもの。高さは400mmぐらいあろうかと思われる造形はスタイロフォームにポリパテを盛りつけて作り出したとか。
これを作ろうと思う意識と実行してしまう行動力に脱帽!しかもプロポーションに破綻なし。

プラ1


● 1/144スケールベアアッガイ&スプライト

なんというキュートな組み合わせ♫
ベアアッガイの熊のプーさんのようなたたずまいとペダルカーのようなサイズの車の組み合わせ。。。
センスがないと上手くまとめられません。もちろん氏が得意とするスクラッチで粘土から造形されたオースチン・スプライトMk.1が本当に素敵。色も抑えめな所がミツタケスタイルですね。

プラ2


●モビルスーツインアクションザク

もう、こういうスタイルのザク大好き!
ちょっと顔が小さめでマッチョな体系。
おそらく実際のMSを実現したら加重と内容物が集中する胸回りの造形はこれぐらいのボリュームになると思うんですよね。そして瓦礫の造形。小さいスケールのトイを改造して見応えのある作品に!
(見やすいように背景は削除しています)

プラ4



<<すこっつ・ぐれい作品>>

ヒストリカルフィギュアモデラーであった氏らしく、「スコッツ・グレイ」とは1700年代のイギリスの連隊の名前が由来。どんな模型イベントも夫婦で、しかも特注のペアルックで決めている姿は超有名な愛妻家♫
大きな体つきから産み出されるビネットスタイルのジオラマの数々は色彩が本当に豊。

●マシーネン・ファルケのジオラマ

1/20スケールで展開されるマシーネンの世界はその大きなスケール故に、大型のジオラマは少なくて、小さなビネットタイプの作品が多いのですが、すこっつさんは初マシーネンにも関わらずこんなに大掛かりなサイズで仕上げ、しかもすこっつさんらしいグランドワークで大味にならずに仕上げています。ギリシャ彫刻の遺跡はフルスクラッチしたものを型取り量産したもの。女性飛行兵もスクラッチ!!
長谷川主催のコンテスト JMCで『マスターズ賞』受賞作品

プラ5


●キヤコン金賞作品

すこっつさんの代表作!ドイツ兵の食事風景、パン焼のシーンを表情豊かなジオラマと多くの隠れ動物で構成した360度どこから見てもたのしい作品。何時間でも眺めていたい心に残るジオラマ。

プラ6


凝縮感のあるビネットあれこれ

ブレがないですね。遠くから見てもすぐにすこっつさんの作品だと解るスタイルが確立されていますね。

すこっつ


<< E.danke作品>>

いったいなんて読んだらいいの?と最初は迷ってしまうダンケさんのハンドルネーム。
実は愛車の BMW E39から取ったそうです。39→サンキュー→ドイツ語では「ダンケ」。シャレが効いていますね。造形の緻密さにくわえて、周囲の小物の制作も手を抜かい超絶技巧の匠。

●タミヤの1/6スケールのバイク作品3連!

驚きの金属造形??
なんとタミヤのバイクの部品を採寸してそれを真鍮パイプと銅板をたたき出しやハンダ付けでエンジンとタイヤ以外は全て作り直してしまった作品。美しすぎる。。。金属造形が出来る人って純粋に凄い!!

プラ8


●ハーレーのあるジオラマ
もちろん主役のハーレーはかなりいじっているのはうまでもなく、周囲の小物の造作がいい。
シャレたバーに飾っておきたい作品ですね。

プラ9


●ツーリング中のバイク作品

タンクバック、振り分けバック、後部シートに積んだ、テント、マップ、銀マット・・・おみやげの「白い恋人」まで作った、ライダーの私にはツボを付きまくられた作品。ダンケさんの青春が詰まった作品。見ているだけでもうそこには北海道の直線道路が見えて来そうです。

プラ10


<<シックスカート作品>>

非常に個性的なハンドルネームが多い今回の作家展ですが、氏もその名前の意味は・・・なんとお肉の部位の名前!本業のお肉屋さんゆえの名前なんですよ。

●公園の遊具のジオラマ

いいですね〜。説明不要で直ぐ解る情景。しかもよく見ると FRPで出来た遊具特有の剥がれや、背景にある柊の植え込み、学校帰り?ランドセルをほったらかしで遊びまわっている姿が見えて来そうですね。

プラ11


プラ12



プラモデルを使った個性溢れる作家の作品。
それらを産み出すにあたりそれぞれの作家の個性や生き様が見えて来ます。
作品を眺めるだけでも楽しい情景作品ですが、その作者と直接話をすれば、その人がそれを産み出した切っ掛けや制作の苦労話、そしてテクニックなどの話を聞く事が出来ます。
毎月、書店には数種類の模型雑誌が並び、様々な作品が紹介されていますが、なかなかそれらの作品を生で見る機会もなければ、どんな人が作っているのか出会う事もありません。

そんな出会いがあるのが模型作品の展示会です。

写真でみるのと生の作品はまったくちがいます。
どのモデラーもその作品の最終到達点は「生で作品を見てもらう事」と言うでしょう。そういう意味では静岡のホビーショーは一度に超絶作品が見れる最高のイベントです。しかしながら・・・ちょっと人と作品が多過ぎて
「見る事をこなしている」自分に気がつきます。

それらの不満を解消する為にもいい作品展示会を開催するのがモデラーの夢だと思います。

11月には今回の展示会よりもさらに上質で、選りすぐられたモデラーの作品が一同に集合する展示会が開催されます。是非とも機会を作って訪れてください!!

11月23日〜25日の3日間、夢のモデラーの大作品展示会「モデラーズエキスポ2012」

今回は特別にその会場写真を公開!!

ね、上質な展示会場でしょう??

期待できますね〜!


プラ20



<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




<<PREV | | NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google