日光下のオペレーション(しんかい6500支援母船・よこすか制作記)





ハセガワ製の1/72しんかい6500を使ったジオラマの紹介です。

今回はその潜水艦を支援運営するための母船「よこすか」の巨大なクレーン「Aフレーム」と母船よこすかの後部甲板を同スケールでスクラッチしてきました。


前回の記事ではスクラッチが完了した状態での真っ白いプラ板の造形を紹介しました。

今回はいよいよそのジオラマの完成形をご披露いたします。

(すでにこのジオラマは1月25日発売の電撃ホビーマガジンにて掲載されている作品です。)



これです!!



よこすかブログ_10


海面ギリギリで狙ったショット。
ダイバー目線による写真はかなり迫力がありますよ!


よこすかブログ_08


後部甲板に設置されたしんかい6500。

Aフレームに設置作業が進み、いよいよ深海に向けてのリフトオフです!


よこすかブログ_02

よこすかブログ_03


よこすかブログ_04


よこすかブログ_09



よこすかブログ_05



どうですか?


非常に迫力があってまるで本物のように見える写真もあるでしょ?



実は・・・これらは毎回の事ですが自宅ベランダにて撮影したもの。

その方法はかなりアナログ&アクロバティック!。

左手にジオラマを持って右手にカメラをもって空にむかってジオラマを掲げてそれを撮影しているんです。
カメラだって実売3万円台のリコーのコンパクトデジカメ。しかも設定はオート撮影で片手でバカ撮りしているだけなんです。



どうしても隣の家のアンテナや電柱、そして植木が入ってしまうのでかなり天にむかって手を大きく延ばし、本人はかなり仰け反って、片手撮影なのでブレないように息を止めて撮影しています。

しかも、本職ではサラリーマンの私なので出社前のわずか5分ぐらいでバシバシと20枚ぐらい撮った写真からチョイスしたもの。
素人カメラマンでも十分にまぁ鑑賞に耐えられる写真を撮る事が出来るということですね。




こんかいの5分間撮影でもっとも気にっているショットはこれ↓


よこすかブログ_01



かっちょいい!!


朝日を受けて深海へ出発するしんかい6500の勇姿!!

皆さんにも記憶にあたらしい、先週の東京での大雪の翌朝に撮影したものです。

おそらく本来のオペレーションでは早朝に行なう事はないと思いますけど・・・
しんかい6500の先端部のカメラや窓やマニュピュレーターに下からの日の光が反射して
「キラリ!」と光る瞬間を撮りたかったので。
模型映え優先です。








今回の電撃さんに掲載された写真はその筋のプロの方が撮った写真で非常に綺麗な写真!!
でも僕の写真も負けていないでしょ?。

納品作品を200倍にも300倍にも活かし、読者に伝える為にも模型雑誌は写真が命。
現物を見せる機会はありませんのでそれを伝達するのは写真ですからね。





実は掲載ページは当初5ページ予定で依頼があったのですが、
ちょっといろいろとありまして。

・・・発売された電撃さんでの掲載ページは残念ながら3ページに縮小。
まぁ編集方針だから仕方ありませんって・・・・(泣)





折角ですから自宅で撮影して自分の思うように編集して楽しみましょう!。

たった5分で撮影した写真、そして30分位でささっとレイアウトしたページ。

これは単に私の好みで「こんなページだったらいいなぁ」という妄想編集ですけど、自己満足かもしれませんが良い線いっていると自負します!。


で・・・今回幻に終ってしまった5ページ掲載予定のこのジオラマのページを自分なりに再現してみました!













<ページ1>

しんかいページ1

<ページ2>

しんかいページ2

<ページ3>

しんかいページ3

<ページ4>

しんかいページ4


<ページ5>

しんかいページ5



これぐらいなら生み出されたしんかい6500とよこすかのジオラマも浮かばれるかな?

今月号のしんかい6500特集は実物取材の非常に詳しい解説&写真で大変見応えのある特集です。
ハセガワの1/72しんかい6500を使った作例は私が担当しましたが、バンダイの1/48のしんかい6500を徹底改修した作例も掲載されており、完全保存版といっても過言ではありません。

さらにパーフェクト特集にする為に、このブログの幻の掲載ベージをA4サイズでプリントアウトして電撃に張って保存しましょう!!(笑)


                 


pan style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
[PR]ラインスタンプ 無料 アクセスカウンター
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google