2012年の幕開け、それは荒波??


2012賀正620


2012年最初のブログ。

本年度も「情景師・アラーキーのジオラマでショー」をごひいきによろしくお願いいたします!!


さて、今年の正月は・・・・正月休み明けすぐの1月10日に納品の作例を受けてしまい1月1日から猛ダッシュ制作の幕開けでした(苦笑)。

なぜそんな仕事を受けたの?自分を責めている今日この頃。
だけどそのアイテムは以前から造りたかったもの。
どんなものを造るのか担当編集の方と話を煮詰めている時にものすごく風呂敷を広げてしまうのは毎回の事。
今回も「それって造るの大変じゃないですか?」と心配する編集者側の心配をよそに
「いや絶対におもしろいから造らせて!!」
とお願いしたのは私の方(笑)。

でもそうやって自分への試練をハードルをあげていかないと新しい自分の可能性も広げられないのでこれはチャンスとと捉えようと思って挑んでいます。



し、しかし・・・折角のお正月気分は皆無。

本当に大変。。。。

やはり次回からは「正月明け直ぐの納品は断る!!」。

これを今年からの目標といたします(爆)







さて波乱の荒波の幕開けをむかえた訳ですが、新年のご挨拶代わりのタイトルに使用した写真は去年制作した漫画ワンピースの主人公達の初代海賊船・ゴーイングメリー号ですが、このジオラマの最大の見所「荒波の制作」紹介を棚上げしておりましたので「荒波」話題つながりという事でこの日記で紹介したいと思います。






私のジオラマ作品には透明レジンを使った「水辺の風景」が多いのですが、どれも穏やかな小川や波打ち際の風景でした。

帆船といえば、帆に一杯の風を受け、船体を斜めにしながら荒波を走る勇姿!!

それならば未だチャレンジした事のない「荒波」の造形を造りたい所。

さてその荒波はどうやって造るか??
いつものようにネットで検索して様々な方の作品などを参考にした結果、もっともオーソドックスなやり方は造形用粘土や石膏を使った素材で
波の造形を行い、海色を着色し、仕上げにクリアーをたっぷりと塗るという方法。



しかし、透き通る海の深みをどうしても再現してみたい・・・・



という結果、実行した方法は以下の方法でした。


<油粘土による波の造形>


波製作1


ウネリの大きい波の造形として選んだ素材は昔懐かし「油粘土」。
幼稚園時代にはイマジネーションの赴くままに造形しまくった思い出の緑色!!

実は原型を作って型取り作業する際には結構使用する油粘土でして、使い慣れているんですね。

主にスプーンやタミヤの調色スティックを使って臨場感のある波を造形します。



<波の型取り>


波製作3


油粘土で造った波を周囲に牛乳パックを割いて広げたもので土手を造り(防水が効いている紙なので使いやすい)
ドドドッ!とシリコンゴムを流します。

今回はジオラマベースが大きいので2kgを使うという贅沢な型取り。でもあまり厚くは造形出来ませんので
ティッシュを表面に貼付けてシリコンゴムの強度を補完します。

(追記:コメント欄に金子さんが書き込んでくれました少量でのシリコンゴムの型取り方法が優れておりますのでそれをご参考に!!)



波製作4


シリコンゴムが硬化し、ひっくり返して油粘土をかき出した様子。この粘土のかき出しは結構骨が折れます。
最後は爪楊枝を使って波の造形の奥まで綺麗にほじくりださねばなりません。

メリー号はまだ塗装が完了しておりませんのでゴム型から剥がして、その代わり油粘土で土手を造ります。
このやり方は・・・正直「大失敗」。こ
んなやり方で防水土手が造れる訳ないのですが、そこは
「失敗しそうだけど取りあえずやってみたい!!」と実行してしまうO型なので仕方がありません(爆)

理想は塗装が終った船体をシリコンゴムと一緒に透明レジンを流す方法。波とも一体になりますから後から苦労しなくて済みますね。

WAVEから最近シリコンゴム同士の接着剤が発売されたのでそれを使ってゴム型を改造するのがいいかもしれません。ちなみに私はWAVE製のシリコンゴムを愛用しています。



結果として流した透明レジンがぽたぽたと雨漏りのように流出してしまい、約半分を漏らししてしまって床にレジン水たまりを作ってしまいました(大泣)。幸い塗装やレジン作業だけの専用の制作室は床がコンクリートの打ちっぱなしだったので被害は最小に留まりました。

ぽたっ、ぽたっと垂れるレジンを容器に受け止め、再びゴム型に流すを繰り返し。。。。
レジンが固まるのが先か、すべて流れ出すのが先か・・・ドキドキの作業でした(笑)。

透明レジンは水よりも浸透性が高い為にどんな小さな隙間でも浸透して漏れてしまいます。
透明レジンでの作業はそこを注意しなければなりません。



これが型取り完了したもの。

波製作5



油粘土で造形したものなので表面の平滑性がないので一見濁って見えますが、高透明な波が出来ています。

この後に表面をルーターで磨いて波面は完成です!!




<波の塗装>


タミヤアクリルのクリアーブルーとクリアーグリーン、そしてクリアーを適当にまぜてそれぞれの比率をかえながら波の裏と表から塗ります。透明な波で作りった利点をここで活かします。
海面は特にクリアーを厚塗りして透明感を増幅させます。




波製作6


波のキラキラとした反射を再現するために、裏にアルミホイルをクシャクシャにしたものを両面テープで貼付けます。


波製作7



泡立つ白波の再現にはリキテックスの「ハードジェルメジュウム」を使います。

白く濁った水にはアクリルの白をまぜて、鱗のような波を爪楊枝や古くなった面相筆を使って書きます。

立体的な白泡はAFVのジオラマ用として売られている大理石を粉にしたもの「雪の元」を混ぜて再現。
この素材はキラキラと反射する石素材であるという事と、いつまでも経年変化しないという利点で使ってみました。
爪楊枝をつかってつつくように少しづつ盛り上げていくとかなり立体的な波が造形出来ますよ。


ベースとして使った園芸用のフラワーベースと波の固まりとの境は木工用パテで埋めて、表面に木目を彫り込みます。そうすすれば立体的にうねる波の断面がベースと綺麗に連続して非常に高級感のある仕上がりになります。

私はジオラマベースはなるべく「枠」を造らずにギリギリまで境を無くすのが好き。
手間はかなりかかりますが、太い枠が付いた作品にくらべて、まるで連続している地面をふいに切り取ったような不思議な雰囲気を演出出来ます。


こうして荒波制作を造りました。

年明け最初のブログの割にはかなり濃〜〜〜〜い内容になりましたが、まぁこんな感じで今年も綴っていきます!!

漸く後厄も終った今年は飛躍の年にしたいと思っております。

今年度もよろしくお願いいたします。

                 

pan style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

海賊王に俺はなる!ゴーイングメリー号



12月ももう中旬。
あと数日でクリスマス!!
我が家は毎年多くの友人達を招いてクリスマスパーティーを開いております♪
かみさんが超気合いをいれた料理でもてなし、私はリビングに飾られた数々のジオラマでもてなすという感じですね(笑)。


さて、年の瀬も迫り今年作ったジオラマをいろいろと紹介しておりますが、今回紹介する作品も私にとっては非常に思い入れのある作品の一つになったジオラマです!!



超人気海賊マンガ『ワンピース』の主人公達が乗る初代海賊船・ゴーングメリー号です!


メリー0


※遊びに来た駄賃に、記事がおもしろかったら「拍手」をクリックお願いします!↓
まぁ単に・・・私のモチベーションになります(笑)。コメントも気楽にどうぞ!


メリー2


毎度のように自宅ベランダで撮影された日光下の写真。やはり太陽光はいいですねぇ。


これはバンダイから発売されている大型キットです。
どちらかといえばお子様向けの大作りのプラモデルといった感じですね。
しかし結構木目のディテールとか良く出来ていて「リアルに塗ったらかなりいい作品になりそう」とモデラー触手がかなり反応してしまいます。
しかしそこは情景師を語っている私ですから、がっぷり四つで取り組んだガチンコモデリングで鑑賞に耐えられる大人の情景に仕上げます!!


リアルな木目彫刻に対して、船についている様々な造形はは原作漫画を忠実に再現している故にちょっとコミカルでファニーなデザインと造形になっています。
一番めだつ船首の羊ヘッド。帆船が活躍していた16世紀風の造形にエポキシパテで作り直しました。

このヘッドにつながる緩やかなアーチの飾りはキットでは非常に変なゆがみの造形になっておりましたのでここもエポキシパテで作り直し。木目や原作にはない彫刻模様を追加。

船底の周囲にぐるりと巡らされた鉄の帯、固定用の鋲は市販のディテールアップパーツですべて作り直しております。


メリー10


操舵室もスケール感のある造形ポイント。船の記号性である丸窓は細かくディテールアップして、各種飾り彫刻を加えています。


メリー9

また、非常にキャッチーな操舵室の天井に生えたオレンジの木。
AFVのジオラマでは定番なオランダフラワー+鉄道模型用スポンジでリアルに作り替えました。

帆船といえばやはり「帆」。

キットでは一体になった巨大な帆のパーツが入っており、これはこれで案外リアルな布のディテールと風を受けてパンと張った特徴が良く再現されている良パーツなのですが、やはりもっとリアルに作り直したい所。
このキット部品の上に、木工用ボンドを水で溶いた溶剤に浸したティッシュを3層に重ねて制作。永い航海で汚れて破けた雰囲気の塗装で仕上げました。

メリー8


主人公の麦わら海賊団団長・ルフィー!!

このキットはノンスケール表示なのですが、操舵室の部屋の大きさから割り出しすと約1/100スケール。
しかしキットに入っているフィギュアはどれも大きくて約1/72。
この大きさでスクラッチするのは至難の業。
しかし、このメリー号の次の二代目海賊船・サウザンドサニー号のキットに付いているフィギュアがなんと丁度1/100スケールだったので部品を取り寄せて活躍していただきました!

メリー11

指と比較するとその小ささを時間。


メリー12


ジオラマの全体像。



メリー3


前回のラピュタのロボット兵、また悪役一号(ブログではまた紹介していませんが)でも使った、ホームセンターで売っている園芸用のフラワーベース。
海賊船に積み込まれている樽のイメージにピッタリで違和感無くまとまりました。

さて・・・・今回のジオラマで最も作りたかったのは力強く風を受けて荒れ狂う波を突き進む帆船の姿!

今回初めて海の荒れ狂う波の造形にチャレンジしてみました!
これが大変苦労に苦労を重ねただけあって非常に臨場感たっぷりの造形になりました。

リビングに飾れる大人のジオラマ。

私が目指すジオラマのスタイル。

持てる造形テクを全て盛り込んだ大人げない「ガチンコ勝負」でのジオラマが完成しました!(笑)





・・・・「どうやってこの波を作ったの??」。
と友人知人から質問が多かったので、次回のブログでその行程を紹介したいと思います。

                 

pan style="font-size:large;"><定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google