アニメスタジオ「トンコハウス」展_2


TONKO_B1.jpg

東京・新橋のリクルート本社にある「クリエーションギャラリーG8」で、アニメスタジオ「トンコハウス」の初の展示会が開催されております。(4/28日まで)


今回のプロジェクトでは、トンコハウスさんで随時発信している動画ニュースでも連動し、私の製作風景の一部を動画撮影していただき、この度素敵な映像にまとめていただきました。




トンコハウス展映像_B


TVの取材でもあまり製作風景を取らせない私(いえ、隠している訳ではなく、いつも取材しに来る時には制作物がない時期なので)の貴重な製作風景。(本当はもっといろいろな映像や写真をお渡ししたんですが何かの機会に使っていただけるかと)



ダムキーパー展B1

ダムキーパー展B3


クリエーションギャラリーG8さんはリクルートの本社ビルの内部にあるギャラリーですので、残念ながら日曜日はお休み。お間違えのないようにお越し下さいませ。



●ダム・キーパーのブルーレイ/DVD発売中!ミニアートブック付きでお得です。



●堤監督とロバート監督のアートブックも好評発売中!









<定期PR>

※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!


                 



※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました


                 


私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
スポンサーサイト

アニメスタジオ「トンコハウス」展_1


TONKO_B1.jpg

東京・新橋のリクルート本社にある「クリエーションギャラリーG8」で、アニメスタジオ「トンコハウス」の初の展示会が開催されております。



「トンコハウス」・・・聞き慣れない方も多いかもしれません。



2015年のアカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた「ダム・キーパー」を作った堤大介監督とロバート・コンドウ監督が設立したアニメスタジオです。


image.jpg

http://www.tonkohouse.com/jp/

ダム・キーパーのアカデミー賞のノミネートのニュースは当時、かなり話題になったと思います。
あのピクサーにいた??しかも日本人??
そしてかわいらしいブタとキツネのキャラクターが描かれたとてもホッコリする絵。

ダムキーパーB1


クレヨンで描かれた様な温か味のある絵、そしてお二人が元ピクサーでアートディレクターをやっていたという背景でも納得できてしまう色使いと光の調和が、一目見ると忘れられない映像です。





実はこのキャラクターと絵から、ほのぼのとしたストーリーが想像出来ますが・・・
まったく異なるシリアスな展開が待ち受けているのです。


それはこの物語の背景が、動植物を死にいたらす大気汚染から街を守る為に、巨大なダムが築かれ、そしてそのガスを街に入れない為に風車がまわり続けていると言う事。その風車は風を受けて回転するオランダにあるようなモノとは違って、ゼンマイをまわして巨大な羽を回転させる「扇風機」のような役目で、大気汚染ガスを追いやっているのです。


ダムキーパーB2


主人公のブタ君はそこで働く「ダム・キーパー」として8時間に一度、ネジをまわす重要な役目があります。
そんな小さな小さな彼が街を守っているにも関わらず、彼が通う学校ではいじめられています。映像を見るとけっこうリアルなイジメのシーンに心がズギズギします。


このアニメ作品は、ピクサーでの仕事の合間に「二足の草鞋」として生み出された作品。
アカデミー賞でのノミネートを切っ掛けにアニメスタジオ「トンコハウス」を発足させたのです。


その初のアウトプットの展示会が日本で開催されて、大変名誉な事にその展示会での目玉の1つとして、ダム・キーパーでの重要なアイテムとしての「風車小屋」の製作オファーが来ました。
この短編作品は、現在日本で長編アニメーション化のプロジェクトが進行しており、この画風とはガラリと変った「リアル3DCGアニメ」として生まれ変わります。


リアル版


その映像に参加していたCGアーティストとの帆足タケヒコさんの紹介で、堤大介監督とお会いしてコラボレーションという形で立体構想をまとめて行ったのです。


完成したものはこちらになります!


風車B1


風車_B3

風車_B2


入り口B


納品直前の夕方ちかくの空の下で撮影した風車小屋。

いつもそうですが、「この姿を頭に思い描いて」作品を作り、早く見たい!!と妄想しながら作業をしております。
思い通りになった時には本当に嬉しいです。


この作品は幅、高さ共に約60cmの比較的大きなものになります。

前から作ってみたかった「男のドールハウス」というコンセプトでジオラマというよりもドールハウスの雰囲気を大切にしています。



風車ジオラマサイズB


そして、外観だけではく内部も再現しています。

アニメでは室内とネジをまわす部屋しか出て来ませんのでそれらの世界観を説明する為の立体図鑑のようなものを狙っているのです。

風車断面B



会場のクリエーションギャラリーG8さんの展示は本当に素敵!

今回はなんと撮影自由で、トンコハウスさんの生み出した様々なキャラクターやスケッチ、立体物もすべて撮影出来ます。
私の作品も撮影のしやすさを考慮して、ケース無しの展示にしてもらいました♬

ダムキーパー展B1

ダムキーパー展B3

ダムキーパー展B2


4月28日まで開催中です!

是非お越し下さい。

http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201603/g8_exh_201603.html


この風車小屋のHow to 記事も徐々にアップして行きます。

●ダム・キーパーのブルーレイ/DVD発売中!ミニアートブック付きでお得です。

                 

●堤監督とロバート監督のアートブックも好評発売中!

                 




<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


ジオラマの作り方を解説したHow to 本
『作る!超リアルなジオラマ』2015年8月1日発売!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google