暴走中学生のモデリングライフ【後編】


 2014年2月8日・・・東京は13年ぶりの大雪になりました。

こんな日は家に籠ってプラモを作るに限りますね。
だけど・・・個建ての試練として雪かきをしなければ。。。
我が家の両隣が高齢のおばあちゃんの一人暮らしなのでその家の分まで雪かきをしなければならず、現在は腕がパンパンで腰もかなりキテいます(大泣)
いまだに雪が止んでいません。明日の幕張でのワンダーフェスティバルはどうなる事でしょう?




さて、私の中学時代の作品を振返るシリーズの後編です。

<風の谷のナウシカ・王蟲:ノンスケール>

1984年に封切られた映画「風の谷のナウシカ」は日本のアニメが文化として成立しうる切っ掛けになった作品と行ってもいいかもしれません。とても流行りました。・・・・イメージソングを歌っていた「安田成美」のもの凄くキーの外れた曲が懐かしいです(笑)
当時、ツクダホビーから様々なプラモデルが発売されておりました。

映画を見終わった後に、沸き上がる情熱が冷めないうちにタミヤパテを使ってすぐにスクラッチしたのがこの王蟲です。

非常に小さな小さな造形ですが、けっこうプロポーションはしっかりしていますね(自画自賛)


オウム_B


細かい脚は裏側に0.3mmの真鍮線をびっしりと簾のように瞬間接着剤で固定して、一本一本足先を曲げて作っています。

今までこのような造形はした事がなかったのですが、ホビージャパンでガレージキット特集が組まれていたのを見た切っ掛けでエポキシパテやファンドを使ってフルスクラッチするのがとてもクールだと思えたのでした。


<ゴジラ`84 ショッキラス:ノンスケール>

1984年に公開された映画「ゴジラ」は初代ゴジラのコンセプトの原点回帰として作られた作品でした。
これにより模型誌でも特撮を特集として取り上げる事も多くなり、バンダイやタカラなど大手トイメーカーから東宝特撮怪獣シリーズの商品開発が活発に行なわれたのでした。

そんな時期に、映画を見終わったテンションでスクラッチしたアイテムはななななんともマニアックな劇中冒頭で出て来た放射能により巨大化したフナムシ「ショッキラス」!。
劇中では・・・ぎこちない動きに加えて、人間を襲う為に飛び跳ねたシーンはどう見てもスタッフが投げたようにしか見えというまったくもってそれほど重要ではないアイテムなんですが、ガレージキットというものはそういうマニアックなものを造形する事だという空気を読んでのアイテム選びでした(笑)


ショッキラス_B


名刺大のサイズの漁船の船内をイメージした甲板ベースにタミヤエポパテで作ったショッキラスを置いてミニビネットとして仕上げています。
劇中通りに銛が刺さった状態や体毛を細かく再現しています。

当時から人とは違った視点で作るの私でした(笑)

<夢戦士・ウィングマン:1/12 >

桂正和の出世作であるこの作品は当時、王者を誇っていた少年ジャンプに掲載されておりました。
あまり漫画は読む方ではありませんでしたが、普通の高校生がヒーローに成長する姿とこの漫画の表紙絵を非常に気に入って「フルスクラッチしてみたい!」と勢いで作り始めたのがこの作品です。


ウィングマン_B

しかし、なんど作っても人のプロポーションが決まらずに、切ったり崩したり、また作ったりで・・・・

「人を作るにはまだスキルが足りない!」という事で将来の自分に託して放置。
上記に紹介したクリーチャーで練習したから簡単にフィギュアも作れるのではないかと突っ走って作る様はなんとも若いなぁと酸っぱい気持になりますね。
外堀工作に走って・・・妙に精度の高い羽を先に作ってみたりしているし!


<タミヤ・タイガー1 リモコン:1/35 >

動く模型は本来好きでしたので、小学校の時には良く作っておりましたが、中学になってホビー雑誌を見るようになってからは更にリアルな模型、そしてジオラマに淘汰してゆくのでした。
そんな時期にタミヤのイベントでリモコン戦車や当時大流行していたラジコンを使ったイベントがあり、友人数名でリモコン戦車のスピード競技大会に参加する事になりました。

その時に制作したのはこの作品です。

リモコンタイガー_B


ご覧のように結構真面目に作っており、タミヤパテによる「ツイメリットコーティング」まで施しております(スピード競技用なのに)
リモコンボックスも別売されている3チャンネルリモコンの電池部分を改造して強化型にしたりと相変わらずの凝り性。

肝心の競技結果は・・・設置された巨大なジオラマの中の橋を渡っている時に、ポリキャップが外れて、転輪がずれてしまい、コースアウトしてタイムオーバー!
審査員をしていた模型店の店長に「ドレスアップ賞だなぁ!」と言われたけど、特にそんな賞が用意されていた訳ではなくなんとも渋い思い出になりました。

<ハノマーグ:1/35 >

小学生までは単品しか作っていなかった私ですが、タミヤのカタログにいつも掲載されているジオラマを見た途端にかなり憧れるようになりました。

中学になって多少テクニックやその作り方を知るようになってジオラマにチャレンジしたいと思うようになって来ました。
そんなさなかに作り始めたのは・・・・なんといきなり戦車の廃車模型!(笑)


ハノマーグ_B

これは私の廃車模型の原点といえるかもしれません。
戦後、農家の片隅に放置されたハノマーグ。
その室内は鶏の巣になって第2の人生を送っているのでした。

室内は被弾後に燃えて、シートのスプリングが飛び出した状態です。
鶏の巣を作っていたり、錆色を模索していたりといろいろとチャレンジしていますね。

しかし、制作途中で飽きてしまって放置。ハノマーグの横で洗濯物を干している農家のおばさんや洗濯物まで自作していたんですが、なぜ急に辞めてしまったのかは謎です。

<ドーザータイプ・M4A3シャーマン:1/35>

私が中学の頃には AFV界にちょっとしたムーブメントが起きました!
それは「ドライブラシ」という手法。明るめの色をちょっと乾きぎみにした塗料を擦り付けるようにして陰影を強調するように塗装する方法です。
これを産み出したのはベルギーのモデラー「フランソワ・バーリンデン」です。

当時のタミヤのカタログのほぼ中央には見開きでジオラマを紹介するページがあり、そこに彼の超絶な技法で塗装された数々のジオラマ作品が掲載されておりました。これにすっかり感化されてしまった荒木少年。
発売されたばかりの M4A3シャーマンを使ってジオラマを作ったのでした。

シャーマン_B

バーリンデンの作品の特徴として小物の扱いが非常に上手く、それが超緻密で作品に奥行きを与えているのです。

小物掲載をかなり頑張っていますね。

シャーマン2_B

このシャーマン作品は完成したジオラマ作品の紹介と共に後日あらためて記事にしたいと思います。


<ラジコン 戦艦ヤマト ニチモ:1/200>

1m以上もある特大キット。中学2年の時に思いきって購入&制作しました。もちろんラジコン仕上げ。艦橋内部には麦球で電飾を施して全ての窓から光が漏れるように加工、そして煙突からはなんと白煙を吐くギミック(綿にオイルをしみ込ませて電極を付ける事で発生する煙)まで!!。タミヤの楽しい工作シリーズのギヤを使って、ピストンギミックを自作して勢いよく白煙を出すようにしていました。46cm砲はサーボによりすべて旋回が可能に仕上げました。船体の周囲には虫ピンを使って手すりが再現されています。

大和_1


これを友人たちと共に、近所にあった大きな人工池に浮かべにいったんですよね。
仲間5人位で「金比羅池ラジコンクラブ」を勝手に立ち上げて、毎週末にはここで船を浮かべて遊んでいました。
仲間が仲間を呼んで、一時期は20名位の大所帯になっていました。中学時代の1番の思い出です。。。

これはいまだに実家に大切に保管されています!
もう30年以上通電しておりません。
プロモもちゃんと保管してあるのでいつか動かしてみたいなぁと思っています。


大和_2

これが私の中学時代のプラモ作品の数々です。
本当はもっと多くのプラモデルを作っていましたが、引っ越しの際に捨ててしまったものも数々。

中学時代には今以上に精力的にプラモデルと向き合っていましたね。
その反動か、高校と大学時代にはほとんどプラモデルは作らなくなってしまうのですが(笑)




情景師としての原点がここにあります。
スポンサーサイト

暴走中学生のモデリングライフ【前編】



正月休みに模型ストック部屋の整理をした時に・・・

大切に保管してあった中学時代に制作したプラモ作品を発見しました!

私が中学生を過ごしたのは1983〜1985年。
丁度80年代リアルロボットブームど真ん中の時代です!
宮崎監督のデビュー作である「風の谷のナウシカ」が公開されたり、日本の特撮映画の金字塔であった「コジラ」のリメイクが制作されて、再び特撮ブームがスタートしたり、今現在のサブカルチャーの原点になるコンテンツが芽を出した華やかな時代でした。

そして引っ越し一家だった私が中学生を過ごしたのは福岡・北九州市。
ここは模型雑誌の原点である「モデルアート」を創刊した井田博さんの故郷。
彼が引導した「北九州模型組合」によってショップ共通のスタンプカードや共同主催の模型コンテストなどによって、本当に充実した模型ライフを送ることが出来たのです。父親の転勤で偶然この地に来た訳ですが、私が北九州で中学を過ごしていなければこんな自分になっていたどうかは解りません。

さて、情景師の原点を探る...と自分で言うと恥ずかしいですが、自分のアーカイブの意味も含めて中学時代に作った作品群を紹介していきます。


<バンダイ・1/144スケール クラブタイプ>



 クラブタイプ_B


アニメ「戦闘メカ ザブングル」のサブメカとして登場したウォーカーマシン。
このプラモシリーズはメインは1/100スケールサイズでしたが、ガンプラでスタンダードになった 1/144スケールも入門モデルとして販売されていました。当時200円!。かなりプロポーションは良く、ディテールも細かい良キットですが、値段的にも操縦席が一体成形で埋められていました。そこでキャビンをくり抜き、内部を自作。各関節のカバーもパテで自作しています。かなり頑張って手すりやステップも作り替えていますが、まだ当時は真鍮線工作という発想には至らずに、なんと延ばしランナーで工作。もちろん綺麗に直角に曲がらずにかなり苦労しました。



<森永チョコスナック 旧ザク>

旧ザク_B


森永から発売されていた小さな小さなガンプラ付きのチョコスナックシリーズ。
MSVシリーズやバンダイが発売しなかったかなりマニアックなアイテムを含めかなりの数が販売されておりました。
昔から兎に角小さなものに魅了される質なので、この食玩プラモをとことん遊んでやろう!ということで小さなビネットに仕上げました。
旧ザクはプロトタイプという想定で、単一カラーに。
頑張ってモノアイが光る電飾加工を施しています。しかも当時は LEDがまだ普及しておりませんので極小電球である「麦球」です!


< 日東 1/144スケール ダグラム ラストシーン>


ダグラム_B


リアルロボットアニメの後期に放映されたダグラムは放送開始からいきなり主役メカが砂漠に朽ちたシーンから始まるという衝撃的な内容でした。
それにすっかり感化されて、発売された1/144スケールのダグラムを改造してこのビネットを作り上げました。
作り始めると、ロボットの駆動範囲をかなり逸脱したポーズをさせないと、このポーズにならない事が判明。
プラ板やエポキシパテで思考錯誤して作り上げております。

そういえば、これが「朽ち模型」の原点だと言えるかもしれませんね。

b.jpg


< バンダイ 1/144スケール  MSVシリーズ デザートザク武器>


武器セット_B


私は小学校の時にはタミヤのMMシリーズやハセガワの1/72の日本海軍機、各社の戦艦シリーズなど、リアルスケール模型を作り倒しておりましたので、小学校4年の時に発売されたガンプラは、そのプロポーションの悪さや部品数の少なさに開口してしまい、まったく興味が湧きませんでした。しかし中学になって発売されたガンダムMSVシリーズはその箱絵の格好良さに加えて、ようやく納得いくプロポーションのガンプラが発売されたなと言う事で触手が動き始めたのです。
その中でも「デザートザク」は兎に角カッコイイ!
しかし、すでに普通にプラモを組めなくなっている暴走中学生なのでいろいろといじり出したら・・・
まったく完成出来ず。北九州でかなり大規模なガンプラコンテストがあって、それに出す為に作品作りをしていたのですが、外堀から埋める性格が仇となってタイムオーバー。

その時の武器がこれらです。バズーカを上下ツインにしたデザインに変更。内部に麦球で電飾を施して、赤い光が付くように。マシンガンのガンホルダーにも真鍮線工作で取ってを追加してディテールアップを計っております。注意書きとかすべて手書きですものね。。。。。


< 1/144 スケール オリジナルデザイン 宇宙船残骸>


廃宇宙船_B


上記の模型コンペ用に制作したもの。プラ板でフルスクラッチした最初の作品ですね。

一般的にも残骸模型はその内部構造から各部材の素材表現までかなりハードルの高い模型工作だと言えます。
流石!背伸びをしたくなる中学2年生。やった事が無い事でも「まずはやってみないと始まらない」と人生初のフルスクラッチを見事に達成したのでした。
よく観察するとむき出しになった本体の背骨のような構造体やめくれ上がった装甲板の断面など非常に細かく再現されておりますし、写真では解りにくいですがコクピット内部やメンテナンスハッチの内部も作っております。


連邦輸送船_B


裏面もプラモのパーツを使って再現!抜かりありません。

これらは当時発売されていた映画雑誌「シネフィックス」に SFX映画の舞台裏のプロップ製作中の写真が掲載されており、それを見てかなり感動して、「自分でもやってみたい!」と思った事が切っ掛けでした。


この頃の自分は将来特撮映画のプロップを作る会社に入りたいなぁという漠然とした夢があり、これらの大人びた作品達の背景には将来の夢を見据えた訓練のような気持があった事はハッキリと覚えております。

また、当時の模型雑誌はかなり当たり前のよういガンプラや戦車を切り刻んで寸法を増したり、減らしたり、完全フルスクラッチという記事が普通に掲載されており、「そういう工作をするのがプラモデルの醍醐味」という風潮があったのでちょっと背伸びしたくなる中学生を刺激するには十分すぎる環境であった事も事実です。

ということで、暴走中学生のモデリングライフはこのあと後編に続きます♬

<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google