これが金属なのか粘土でできているのか・・・


放置と言えば・・・・・私の得意とする分野(笑)


錆びた車の話ではなく、作りかけのプラモの話だったりと。
だれでもありますよね、途中で放置しているプラモ。
勢いで作ったものの何かしらの理由で別の物を作らないといけなくなったり、突然飽きてしまったり。

一杯ありますよ、私も。


以前、天空の城・ラピュタのロボット兵のジオラマを紹介しました。



ロボット2


この制作の際には劇中シーンの「スパイダーフォーム」で走り回る3体ほどのロボット兵を作ろうと思って、まだ発売前の試作品をファインモールドさんから取り寄せて挑みましたが・・・・なんせ、このキットは 1/20スケールなので結構な大きさなので作るジオラマもかなり大きくなる恐れがあり、途中で得意なビネットタイプでまとめる事に変更したのでした。

↓ジオラマの詳細
http://arakichi.blog.fc2.com/blog-category-5.html

その際に創りかけて放置していた素組のロボット兵をちょいと塗装して可動キットのままで楽しんでみました。


当たり前ですがジオラマに組み込んでしまうと残念ながら遊べません(笑)


ジオラマ化してなおかつ気に入ったキットはその後に可動状態のまま再び遊べる状態として再度作る事が多々あります。
RGシリーズのガンダムなんて結局ジオラマに組み込んだものを含めて4体作っているんですよね。



さてロボット兵ですが、ジオラマに組み込んだ時とほぼ同じ要領で塗装。


ロボット兵 001



「これが金属なのか粘土でできているのか・・・」

有名なムスカの言葉ですね。
これはロボット兵の塗装の大大大ヒントになりますが、難しい謎掛けのような表現とも捉えられます。

ファインモールドのロボット兵は素組した後に、タミヤセメントを身体全体に叩き付けて「鋳造」風の地肌を狙ってみております。溶きパテをこすりつけるよりも滑らかでリアルな鋳造肌になります。
(ただし、もの凄く臭いますけど)
そして、タミヤのラッカー塗料系スプレーの「ガンメタ」で全体を塗装した後に、タミヤのエナメル塗料のカッパー:銅色にちょいとフラットアースを混ぜた色をドライブラシの要領で色を載せていきました。
うっすらと地肌のガンメタが透けるように仕上げるのがコツです。

そして、錆?色というわけではありませんが差し色として油絵の具の「バーントシェンナー:ハルレット系の色」でちょちょいと色を加えて、仕上げに雨だれ?のようなシミ汚れを付け加えております。
非常に楽しくなってしまって、途中写真が全くないのが申し訳なく。。。

以前も油絵の具で汚しってどうやるの?というコメントがありましたが、また次回の課題として解説して行かねばなりませんね。簡単にいうと爪楊枝の先に色を載せて、プラモの表面に「ちょん!」と載っけて、その後に綿棒で拭き取るように色を延ばすというのがその方法。よくあるエナメル系の塗料を溶剤に解いて湿らせるように雨だれや錆色を流すやり方よりも遥かに簡単でその効果を感る事が出来るでしょう。

ロボット兵002

このロボット兵は一般的にはツヤ消しのダークイエローのような色で仕上げられている作品を多く見かけますが、私はロールアウトしたばかりのロボット兵(劇中の壁の中に卵のような体勢の後に生まれ出た)はかなり金属的に光沢を放ち、次第に酸化して土色に変化するのではないかと考えている訳です。

ちなみに、ファインモールド初の?人形可動ロボットであるこの商品は、劇中のロボット兵のイメージをかなり忠実に再現しておりますが、バンダイのガンプラのように手慣れた設計ではありませんので可動範囲はかなりしょぼいです(苦笑)


連結キャタピラのように組みあげる腕&足は面倒な設計ですが、ちょっとくねくね遊ぶには面白いですね。

劇中のロボット兵はちぎれた腕から何やら筋肉のような脈ある内蔵物がはみ出しておりましたが、ブレードランナーのレプリカント、またはエヴァンゲリオンのような人工筋肉のような有機物系の駆動を持っているのではないかと考えています。ですのでチラリと見える関節の奥にはクリアーレッドを差し色として筋肉風を狙って塗っております。


ロボット兵003


宮崎先生の産み出すキャラクターのデザインは何度見てもいいですね。
私は宮崎メカとしてはこのロボット兵以外には悪役1号を作っていますが、紅の豚のサボイヤ、ラピュタのフラップター、未来少年コナンのギガントなどど宮崎メカのキットは数多く販売されておりますので全てのジオラマ作品化を目指したいなぁ〜〜と

妄想楽し秋の夜。。。<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

※作品展示会の企画相談も是非ともご相談ください。
←左のバナーにあるメールフォームからご入力ください。
スポンサーサイト

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
[PR]ラインスタンプ 無料 アクセスカウンター
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google