FC2ブログ

阿佐ヶ谷ロフトAトークショー




次回のイベントの告知です。

今週末の6月8日(土曜日)

「駄菓子屋の[超リアル]ジオラマ」で制作した神崎商店の制作秘話を語るトークショーを開催いたします!

東京の阿佐ヶ谷のロフトプラスAさんにて。

駄菓子屋ジオラマ『神崎商店』は関東では初展示になります!!


ブログ用_阿佐ヶ谷ロフト告知


JR阿佐ヶ谷駅から、阿佐ヶ谷パール商店街のアーケードを、ウィンドショッピングを楽しみながら歩いていけます。


阿佐ヶ谷ロフト_10


第57ビルの地下1階。この数字だけの名前のビルって、妙にエヴァっぽい。。。


阿佐ヶ谷ロフト_3


まるで、ライブハウスの入り口のようで、ちょっと勇気が入りますが、問題ありません!
もちろん、入り口をくぐった雰囲気もライブハウス。下見に行ったときに、ちょっとひいてしまったのはここだけの話(笑)

阿佐ヶ谷ロフト_5



阿佐ヶ谷ロフト_6

阿佐ヶ谷ロフト_7


食事ができるライブハウスなので、ドリンク、フードのメニューが充実しています。
ちょうど昼時なので、食事しながら楽しんでいただければと思います。


1/24スケールの駄菓子屋が展示されますので、同スケールのカーモデルや、フィギュアを持ち込んでの撮影も楽しめます!

阿佐ヶ谷ロフト_1



阿佐ヶ谷ロフト_2




↓前売り券を予約受付中です!当日券よりも500円割引で、当日は500円以上のフード&ドリンクを購入条件なので、
前売りですと、ドリンク無料!という感じですね。



https://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/119013


<定期PR>

※2019年4月10日発売予定
失われつつある昭和の駄菓子屋を1/24スケールで徹底的に作り込み、その作り方を図面、写真で超解説した新刊!
その情報量に呆れてください!




※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                

                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。



スポンサーサイト



人生悔いなく生きる!(近況報告)


ご無沙汰しております。
2018年の11月以来のブログ更新になりました。ここまで空けたことはありませんでしたが、「Blogを書くことに飽きてしまった」訳ではありませんので!しっかりと私の活動の中心はこちらのブログである事は断言させていただきます。




2018年の年末近くに、父親が急に旅立ちまして、忙しくしておりましたので、ブログ更新を休止しておりました。
四十九日も終えて、喪が明けましたので、また元気に活動開始です。

父親は85歳で旅立ちましたが、随分前から今はやりの「終活」を進めておりました。
自分が眠る墓の準備から初め(実は私がデザインしてあげたオリジナルのもの)、葬式の為のセレモニーホールのプランの予約、そしてすこしづつ私物の整理まで。。。

この清さは、「きっともっと長生きするに違いない」と誰もが(本人でさえ)そう思っておりました。なにか不治の病にかかっていたとかそういう訳ではありませんでしたが、年齢的にもいつ亡くなってもいいようにとの事でした。
しかし急に2018年の夏におこなった手術を切っ掛けに、病気が発覚し、あっというまに・・・。

父親は生命保険会社に勤めていただけあって、自分のライフプランはパーフェクトでした!

意識のあるうちに病院で家族に見守られながら、まるでドラマの1シーンのような旅立ち。
もちろん哀しさはありましたが、私は拍手で見送ってあげました。

1人の人生の終わりに立ち会ったことで、今の自分をみつめてみたときに、膨大なプラモデルのコレクションや、今まで作ってきたジオラマ作品など、私はなんと物が多いことか!!
将来急死してしまった時には、これらの処分をしなければならない妻には、大変な仕事をまかせる事になります。
これは趣味、とくにコレクションをしている人にとっては大変な問題。とはいえ、どれも思入れが大きく、断捨離として処分する訳にはいかず・・・やはり棚上げ。これは本当にコロリといってしまった後は、本当に大変だ。

しかし妻曰く

「あなたが死んだらすべて私のものや!」

と問題の大きさを解っているのか、強欲なのか、ありがいのやら・・・

まぁコレクション問題はさておき、銀行に預けてあるお金の話、家などの財産、そして・・・穴!と言われている、毎年自動的に更新される様々な「会費」問題などは、家族には明確化しておいた方がいいですね。亡くなったあとに気がつかずにず〜と引き落とされる結果になりますからね)

(メモ:現時点の私の自動引き落とし→Amazonプライム会員、ドロップボックスビジネス、自動車保険、火災保険)

私は常に「これで人生あがりや」と思っており、自分の趣味を仕事にした今は、子供の頃の夢をしっかり叶えていて、しかも自分の作品集を出せたり、作品展を開けたり、もうやりたいことは達成しております!
それがゴールというわけではなく安堵している訳でもありませんが、人生の1つの節目、節目で心残りがないように生きていきたいと願っております。

さて、そんな話をした後なんですが

「もしもこれを作り上げる前に亡くなったたら、悔いが残る!」

というのが、ジオラマHow to本の新書「駄菓子屋ジオラマを作る(仮称)」です。

なんとなんと、様々な苦難を乗り越えて、つい先日2月2日に原稿を完全アップしたのです!!!!!!
ちょうど2018年の2月に具体的にジオラマ制作を開始して丸1年が経過してしまいました。

いままで、3冊(うち1冊は・・・こちらのブログでも詳細を書いておりますが、「凄い!ジオラマ」の改訂版も含む)のジオラマ本を執筆しておりますが、それらは今まで制作してきたジオラマの写真を再編集したものでしたので、それほどハードルが高い本作りではありませんでした。

しかし、今回のように「その本の為に1つの新作を作り起こす!」というのは自分で考えていた以上に大変な話でした。。。



ブログ駄菓子_3


駄菓子屋のジオラマを作るというのは、実はこれは2度目の話であり、こちらのブログでも紹介しておりますが、少年サンデーさんに掲載されていた駄菓子屋漫画「だがしかし」の主人公の家「シカダ駄菓子」のジオラマを2017年に制作しております。

シカダ完成_1B


この時のノウハウを活かしながら、次は何か具体的な題材がある訳ではない自分のオリジナルの建物でのジオラマを作れば良い!

ブログ駄菓子_4



2作目の駄菓子屋なので、前回のデータを応用して、ちょちょいと作れば良いと思っていた駄菓子屋は、そんな簡単な話ではなかったのです。。。
しっかりとした日本家屋の構造から理解して、それをちゃんと伝えるということがこれほど大変なものなのか!!

ジオラマを作って、完成させて、途中の制作写真を適度に構成して、ハイ!本の出来上がり♬
ではありません。


ブログ駄菓子_1


結論としては、ジオラマ制作しながら、同時に「どんな伝え方をしなければならないか」のページ作りや、写真の撮り方をシミュレーションしながらの作業になりました。

ジオラマ作りは途中で止めながら、写真を撮り、いちど誌面として写真を配置して、文章を入れて・・・

俯瞰した時に、途中写真もこれでは伝わらない!と解った後には、すでにその部分は完成していて、途中写真が撮れないことも。。。

そんな時には、しかたがないので、「途中写真用に、もう一度作る」という作業が発生しました。

ブログ駄菓子_6



それを繰り返していると、まったくページ作りが進まなくて、また何を伝える為の本なのか迷走してしまう事も多々。


最終的には「駄菓子屋」の名前を借りた、「和風住宅の作り方How to本」になっていました♬


ブログ駄菓子_7



まぁこれは当初から狙っていた題材でしたが、屋根の構造解説から、瓦制作、雨樋、商店のビニールひさし、室外機・・・・

もちろん主役の駄菓子の制作もあるのですが、意外な解説が山盛りである、1冊の本としての起承転結もしっかりと描かれた本であることは、大宣言させていただきます。

ああ、早く皆様にみてもらいたい!!

もしも私に何か起こったとしても、必要な写真や文章のデータは、届けられておりますので、確実に本は出るでしょう!
近々な話では「これで人生の上がり!」といっても過言ではない、新書の話でした。

発売は今のところ4月10日を予定しております。

また3月になりましたら、私のジオラマ作品を全展示した作品展も予定されておりますのでお楽しみに!





<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                

                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




物欲の季節(最近買ったあれこれ5月編)




最近、我が家に嫁入りしたあれこれの紹介です。

5月に入り、とても良いプラモデルの発売ラッシュで、うれしい悲鳴です!(財布も悲鳴)


フジミ模型「軍艦島」プラモデル



軍艦島キット_1


この日が来るのをどれだけ待ったことか!!

ついに発売されました、長崎の世界遺産、「軍艦島」のプラモデルです!
過去には青島文化教材社から、完成済みのポリストーン製の軍艦島がが発売されましたが、待ち望んだのはプラモデルですよ。

まずは、プラモデルの命、箱絵が素敵すぎ!

廃墟になった現在の姿ではなく、活躍していた当時の姿を緻密に描いているのです。このキットでは普通に組み立てるとこの活躍時の様子が再現できますが、手を加えて、廃墟化すると、現在の姿を再現可能だと、説明書でもレクチャーされています。

箱絵はリアル画で知られる「グラフィック工房 ロックオン」さん

https://twitter.com/graphic_lockon


軍艦島キット_2



プラモデルの大きさは手のひらサイズ、スケールは1/3000。

これはフジミ模型さんが昔から商品化している「集める軍艦シリーズ」と同スケール。
なんとダジャレなのかこの「集める軍艦島シリーズ」としてこの軍艦島を出したのです。こんなシャレが効いたフジミ模型さん素敵!!!






そして、なんと専用エッチングパーツも発売するという気合いのいれよう!

軍艦島キット_3


超緻密!

エッチングパーツが後日発売なので、それが入手できましたら、作り始めようと思います。
やはり箱絵どおりの活躍時と、現在の廃墟になった両方の姿を作り別けたいですよね。




マックスファクトリー「HONDA耕耘機F90」

耕耘機キット_1


悲願の「耕耘機キット」の発売です!



何が悲願か?と申しますと・・・

HONDAF90記事



2015年にTwitterにて私がtweetして模型化をお願いしたのです!

それを聞き入れて企画されたのかは・・・全く知る由もありませんが(笑)

マックスファクトリーさんからプラモデル化されたのは事実!
夢のような出来事です、2018年にまさか1966年の耕耘機のプラモデルですよ?!!


表紙の絵はとてもキュートな山下しゅんやさんのイラスト!
実はこのイラストの女の子のプラキットが主人公であり、この耕耘機はおまけという変化球プラモデル。箱にもしっかり「みのりwith HONDA F90」ってなっています。

耕耘機パーツリスト


マックスファクトリーさんは「1/20 scale」を前面的にプッシュしており、様々なアニメキャラの女の子プラモデルを精力的にリリースしております。
フィギュアの塗りやすさや造形のしやすさを考えたらこの大きさは魅力的です。



個人的には同じデータで1/24スケール、1/35スケールも出して欲しいところです。



ちなみに・・・・1/35 scaleのメカトロウィーゴと組み合わせてみると、やはり思った通りにピッタリなり!

メカトロウィーゴファンは買うべし!



野良ウィーゴ_B


実は耕耘機のプラモデル化は初めてではなく、50年程前に、今は無き「三和模型」からHONDAの耕耘機が発売されておりました。こちらはモーターライズで走る!という当時の定番のプラモデル仕様。スケールは1/6のアクションフィギュアにピッタリぐらいの大きさでした。1960年代の耕耘機のプラモデルと2018年の耕耘機のプラモデルの共演!


耕耘機キット_2




いつか両方作って新旧でならべてみたい!

honnda_F190キット





香港旧市街ジオラマセット


香港ジオラマキット_1


香港のトイメーカー「Tiny」が発売する1/64スケールの雑居ビルのオモチャ。
このスケールはトミカのスタンダードスケール。

写真を見るだけでも十分に素敵なことが解りますよね。あのゴチャゴチャした香港の特徴的なビルを立体化しています。
これは組立て式のキットで、プラモデルと同じ用なものですが、ランナーについたパーツではなく、すでに切り離されたパーツ、塗装済みの部品がびっしりと詰まっております。


香港ジオラマキット_4


香港ジオラマキット_5


特にこの商品の注目すべきポイントは、『リアルシール』の存在。

私もジオラマ製作ではよくやる手法ですが、実際の看板やポスターをそのまま看板としてシール化しているのでとてもリアルに雰囲気を再現できます!

香港ジオラマキット_6






こちらの同シリーズの雑居ビルもお勧めです!


香港ジオラマキット_2




上記のキットを組み合わせると、あのゴチャゴチャ看板の香港の旧市街が作れるのです!
いつかガッツリと汚しを入れて、電飾いれたジオラマ産み出してみたいです。


香港ジオラマキット_3



<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴ「タイニーウィーゴ」のフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適なポケットティッシュサイズの超ミニサイズ/ハンドバックが付いて、お得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




あぁ高松。



2018年のGWに行なわれた四国・高松「インモール高松」での展示会はおかげさまで大成功に終りました。

高松展_B1




イオンモール高松展示_2


イオンモール高松展示_1


イオンモール高松展示_3



天候にも恵まれて、連日多くの方にみていただきました。
大阪や、高知、愛媛・・・結構遠方からも来ていただき感謝です。
私は搬入を兼ねて、前日入りして、初日には午前中と午後の2回のトークショーを開催。


イオンモール高松_4


多くの方の前でジオラマHow toの行程などの話をさせていただきました。想定時間ぴったりの45分ほどのお話。
皆さん熱心で驚きました。
やはりジオラマを見ている方の様子をみるのは、パワーをもらいます。


久しぶりの高松も空き時間にしっかりと巡らせていただき、満喫できました♬

もっとも嬉しかったのが、イベンターさまに用意していただいた、高松市内でもっとも高いJRホテルの部屋からの光景!


高松城_1


なななんと!目の前に高松城ですよ。ああ幸せ♬

高松城_2


高松城の天主台。6年まえに積み直し整備されて、築城当時の様子が垣間みれます。

現在高松では、この天主の復元に向けての計画を進めています!
近年では城は文化財として、その復元には完全にその当時の築城法、つまり木造での再現と、内部構造の実現を達しないと天守を築けない法律になりました。高松城は、全国にも数例しかない、上階が膨らんだ「南蛮造り」と呼ばれるデザインで(他では岩国城や小倉城など)外観写真は明治時代に撮影されたものが見つかっておりますので再現は可能なのですが、内部の図面や写真などが不明確であることから、なかなか進捗しないのが歯がゆい結果に。

高松城_5


ケンブリッジ大学で見つかった写真を基に作ったCG。いいですね〜見てみたい高松城!!


高松城_6


現在、内部が解る資料を大募集中!
見つかって、実現することを熱望しております。


http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/bunka/bunkazai/tenshukaku.html



しかし、高松城には立派な隅櫓が2棟も現存しています。

高松城_3

「月見櫓」(重要文化財)
日本三大海城である高松城の、海側にあるシンボル的な櫓です。


高松城_4


「艮櫓(丑寅櫓)」(重要文化財)
本来は太鼓櫓として別の場所にありましたが、この場所に移築されております。
丸亀城の天守ほどある立派な櫓です。
おそらく江戸時代にもしも天守が消失していた場合は、この櫓を天守代わりにしたことでしょう!

魅力が詰まった高松城Loveな話でした。

この後、かみさんと合流して、丸亀城→岡山城→赤穂城→姫路城と久しぶりの城廻の旅を満喫し、「城成分」も十分に充電しました!

全国の、特に城がある場所での次回のジオラマ展の開催オファーをお待ちしております!



<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴ「タイニーウィーゴ」のフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適なポケットティッシュサイズの超ミニサイズ/ハンドバックが付いて、お得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




monoマガジンのインテリア特集




モノ情報紙の代表格「モノ・マガジン」の今月号(No.759)にて『男の部屋、男の空間』特集で、私の自宅兼アトリエが紹介されました。
学生の頃からの愛読書に掲載される名誉!
最近はジオラマ作家としての自宅撮影が多いので、「おなじみの場所」になりつつありますが、インテリアに特化した特集だと自宅がまた違って見えます。


モノマガジン家特集_b


各趣味人の「ザ・理想的な男の空間」が15事例掲載されておりますが、その中でもななななんと見開き1ページ!

ジオラマ制作の趣味に始まり、プラモデル収集、オモチャ収集、アンティーク収集、ミニカー収集、城好き、ガーデニング、キャンプ、バイク、インテリアなどなど。モノが多い我が家。ついでに私は「掃除」も趣味なんでモノに溢れる生活ですが、比較的綺麗にしています。埃まみれになっているオモチャとか可哀想で。。。


この部屋でジオラマ作っていますので、一作業する度に、片付けしているのは作業効率が悪そう(笑)

流石に、取材用としてある程度MAXに片付けており、このまんまの生活をしている訳ではありませんが、本格的な仕事が行なえる作業室は欲しい所です。。。


インテリア_b


まぁ興味があれば是非ご覧いただければと。

現在、東京・新橋のリクルート本社で開催中のアニメスタジオ「トンコハウス展」がいよいよ今週までとなりました。



4/28日までの開催が4/30に延長!GW期間までやっていただければ地方の方もチャンスがあるのですが、ここは企業内のギャラリーさんなのでリクルートさんがGWの休みに入りますので仕方がありません。しかしちょっとだけ延長しましたので、この機会に是非!


<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!



                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!


                

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




| NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google