『凄い!ジオラマ展』in 富山_その2


8月6日(土曜日)から富山県・魚津市の「新川文化ホール」にて過去最大50作品を集結したジオラマ作品展示会「凄い!ジオラマ展」が始まりました。


新川文化ホール告知_B1

http://www.miragehall.jp/eventinfo/detail.php?ev_id=692


開催2日前から会場入りして、余裕の予定で挑んだものの、前日の夜の9時までかかりました。


会場の富山・魚津市にある「新川文化ホール」はその規模も、施設も本当に大きくて、芝生が綺麗な素敵な会場です。

新川会場2

展示ホールも申し分ない大きさ!

新川会場5

入り口には、目玉展示の1つ、「原寸サイズに引き延ばされたジオラマ写真」。放置車輛のフォルクスワーゲンのジオラマ作品「KABUTOMUSHI」を使って、デパートの垂れ幕でも使われているターポリンという布地にプリントしました。この前で撮影すると、まるでジオラマの中に入り込んだような写真が撮れるという狙いです。準備中の写真はまるでジオラマを作っている「小人」のよう♬

新川会場1


完成後はこんなクールな感じです。


新川会場3


作品展示場はこんなに広くて綺麗!

新川会場6

新川会場7


作品は1つ1つの個別のアクリルケースに入っています。
そして、その背後には私が撮影した、野外撮影の写真。

新川会場8


こんな雰囲気の作品展示がなんと50作品以上!
私もこんなに一度に自分の作品を見る事がありませので、設置が完了した時には感無量でした。

同時に。よくまぁ作って来たわと感心するなり、呆れるなり。。。

今まで行なってきた展示会と異なるのは、その展示数だけではなく、「入場料を取る展示会」であること。来た人を満足させるためにはどういう展示がいいのか?をいろいろ考えた仕掛けがあります。
それは・・・来てのお楽しみで。

おかげさまで開始した8月6日〜8月7日で約1000人の来場者があり、予想を越える良いスタートができました。

メインは夏休み、お盆休みでの展示ですので、気合いが入ります!

8月11日には、(午前中10:00〜)にジオラマ作りのHow toをまとめたトークショー、午後(14:00〜)には展示会場にて、作品一つ一つを解説するツアーガイドを実施します。

この日は、私が、在廊するので、アクリルケースの一部を外して、間近でじっくりと見る事が出来ます。
もちろん、写真撮影OKですので、皆さんカメラ持参でお越し下さいませ。

会場では、新書や、関連グッツの物販もあります。

よろしくお願いいたします!


↓もちろん、発売されたばかりのこの本も会場で買えます!

作る最終表紙_B



               







<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後1周年を迎えました

                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
スポンサーサイト

『凄い!ジオラマ展』in 富山


8月6日(土曜日)〜8月21日(日曜)まで

富山県・魚津市の「新川文化ホール」にて過去最大50作品を集結したジオラマ作品展示会「凄い!ジオラマ展」が開催されます!

新川文化ホール告知_B1

http://www.miragehall.jp/eventinfo/detail.php?ev_id=692

今までに「東京」「神奈川」「熊本」「北九州」「福島」と同じタイトルで開催しておりましたが、展示数は多くて20点、しかも基本的にはショッピングセンターやデパートさまがイベントの一貫で開催していた無料イベントでしたが、文化ホールが主催し、そして入場料をいただく展示会としては、初めての「個展」という事になります!

ここまで自分の積み上げて来たものを自宅以外に集結して、なおかつ綺麗に展示していただけるとは、何とも言えない感動にひたっております(まだ準備中の段階ですが・・・)


先週、福島県・新地町での「ジオラマで震災復興」というプロジェクトで新地町の方40名以上にお集りいただいた、ジオラマ制作ワークショップを開催しました。この準備だけでも大変だったのですが、先のBlogで書いた、新書「作る!超リアルなジオラマ」の執筆が5〜8月にかけて進んでおり、三つ巴で爆走しておりましたので、メールで毎日何かの締め切りがあるという状況でした。毎日、ジオラマの事を考えられる幸せな状態とはいえども、まぁキツかった事。。。。しかし、この今年最大の山場が、なんとかこの個展開催の準備が終れば、まずは乗り越えられそうです。


このBlogでも、また新書「作る!超リアルなジオラマ」でも詳細を書いております、私のジオラマ作品を、保管/輸送する為のジオラマBOXがずらり!普段から1作品1個で自分で作っておりますので、このような展示会がある場合には直ぐに仕舞って、直ぐに送れるのですが・・・あれ?箱がない!・・・いつも間にか、他の作品に転用してしまっていたり、して、また古い作品は箱がへたれてしまい、作り直せねばならず、梱包だけでもジオラマ制作に匹敵する大変さでした。


新川文化ホール輸送1

この箱の量でも実は半分程。2日、2回に別けて送り出しました。

ちなみに、輸送には「美術輸送」を使うと、それだけで予算がぶっ飛んでしまいますので、クロネコヤマトの「チャーター便」というパックを使います。こちらは写真にもあります輸送用のカーゴの中に、上手い具合に詰め込んで、1BOX化すると、現地までノンスップでこのカーゴのまま運ぶ事が出来るため、積み替え時や、仕分け時の破損リスクが軽減されます。

新川文化ホール_輸送

気になる展示内容ですが・・・まぁ50作品と言う事は「こんなん作ってたんかーい!」というような種類のジオラマ作品からもの凄く小さな食玩を改造した作品まであります。

本日(8/4)から富山に搬入準備の為に向かいますので、詳細はまたお知らせします。



なお、この展示会は、新書「作る!超リアルなジオラマ」の販売記念も兼ねております。掲載作品はすべて展示されております。


公開初日には、ヘトヘトになった私が、訪れた皆さまを笑顔でお迎えします!(笑)

また8月11日には、(午前中10:00〜)にジオラマ作りのHow toをまとめたトークショー、午後(14:00〜)には展示会場にて、作品一つ一つを解説するツアーガイドを実施します。


よろしくお願いいたします!




作る最終表紙_B



               






<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


ジオラマの作り方を解説したHow to 本
『作る!超リアルなジオラマ』2015年8月1日発売!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

作る!超リアルなジオラマ


2016年8月1日

いよいよ本日、私のジオラマ書籍の第2弾

「作る!超リアルなジオラマ」

発売日でございます!


作る最終表紙_B


今回も、皆様の心に強く残るように『ド直球』なタイトルでございます♬

初の本「凄い!ジオラマ」に続き、書籍プロデューサーの石黒謙吾さんにプロデュースしていただきました。
ですので、面白くない訳がありません!

この本は、前回ではコラムのようにしか触れられていなかった、「ジオラマ作りのHOW TO」を中心にしたジオラマ写真集。
あえて「HOW TO本」という説明をしなかったのは、世にあるいわゆるジオラマの作り方のみにフォーカスした本とは違い、今までの作品を、私が客観的に作り方や写真の撮り方などを解説して、その作品を紹介する本だと言うことです。

気になる中身は、まずは基本は今まで作ってきた作品の中から、チョイスした8作品を、新たに撮り起こした写真で紹介しています。

その8作品はそれぞれ、「クローズアップ」「エクスプレイン」「イラスト」「ディテール」という4項目で統一されております。注目すべきはジオラマを図面のように分解解説した「正面」「側面(左右)」「平面」「背面」の5面図写真が新しい切り口となっています。


トタン_top_B


特にこのトタン壁の造船所とか、日光下で真上から撮影した写真は、まるでGoogle earthの衛星写真のよう!。自分で撮影しておきながら、その写真を見ると、なぜか高所にいるような気持ちでゾクゾクしてしまいます。その写真の面白さもそうですが、ジオラマをレイアウトする際のセオリー「斜め配置」とはいったいどんな角度でその風景を切り取っているのか?が客観的に解るようになっております。

また、普段はあまり見せない「背面」などの写真も見所。

やきいも_Back_B


こちらは掲載作品「やきいも」ですが、背面から見ると……板塀の内側の「柿の木の生え方」が解ったり、何やら気になる「5つの穴」があることがわかります。ちなみにこの穴は本では解説されておりませんが、この「やきいも」という作品は、音声ギミックがあり、ボタンを押すと「や〜きいも〜、いし〜や〜きいも〜♬」というあのかけ声が流れ、その音声のためのスピーカーの穴なのです。


そして、そして、もっともやりたかった1つとして、8作品を「イラスト」で解説するページ♬

港の片隅で_イラストB


僕が中学時代に影響を受けてその後の人生の目標の1つになった、舞台美術家の妹尾河童さんのイラスト解説「河童が覗いた〜〜」シリーズの影響をもろに受けながら、宮崎駿監督のイラスト解説、そしてモリナガヨウさんのイラスト解説をミックスしたような「めちゃくちゃインスパイヤーされてます!」という絵と手書きの解説文です。流石にこちらのBlogでは絵が小さくでよく読めないと思いますが、それは本の方でお楽しみいただければと!


8作品の紹介の間には、ジオラマ作りにおいて大切な考え方、「考える「集める」「作る」「魅せる」「撮る」「保存する」「広める」7項目があり、ジオラマ作りの楽しみ方の流れを順序立てて細かく紹介しています。

もっとも大変だったのが、自分の道具を分析分類して項目ごとに並べ直した「作る」のページ。


道具一覧_B


それぞれの道具の文章解説が膨大になり、苦労して撮った写真は、ちょっと小さくなってしまいましたが、「道具フェチ」の方ならば喜んでいただけるページなったと思います。


さて、気になるお値段は・・・・なななんと税込み「1944円」!!
オールカラーページで2000円を切る価格に、しております。

他のHow to系の模型本は3000円〜4000円ぐらいして高くて、いつも買う時にちょっと躊躇してしまいます。
そんな私の気持ちを客観的に捉えて、この値段でご提供いたします。

AmazonさんでのワンクリックでもOKですし、地元の行きつけの本屋でご注文していただいてもOKです。

               


なにとぞよろしくお願いいたします。


先日、日本の怪獣映画、政治映画、人間群像映画に一石を投じた「シン・ゴジラ」公開初日に、その完成を祝う仲間内の飲み会に、舞台挨拶から足を運んで顔を出してくれた樋口監督に、直接献本する機会があり、もの凄く褒めていただきました♬
(宣伝の為にベタな写真を撮りたいとの無茶ぶりにも答えてくれるこのサービス精神!)

作る!樋口さん

何も説明無しに「妹尾河童さんのイラスト解説みたいでいいねコレ!」と、好きなものはちゃんと伝わるんだぁと。

この本が、また誰かの刺激になり、その後の趣味や、さらには人生にも影響があればいいなぁとしみじみと思いました。


また、この「作る!超リアルなジオラマ」の発売記念として、富山の「新川文化ホール」にて過去最大50作品を集結したジオラマ作品展示会「凄い!ジオラマ展」が開催されます!夏休みのルートの1つにいれていただければと思います。

新川文化ホール告知_B1


http://www.miragehall.jp/eventinfo/detail.php?ev_id=692



<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後1周年を迎えました

                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

零戦ダンボー・ジュラルミン版



5月からあっという間に7月の中旬に飛んでしまいました・・・・

同時進行のジオラマの仕事が7つぐらいあるのですが、そのうちの最大の3件が、締め切りがほぼ同じで、共に「爆速」している状態でしたのでいつの間にか3か月近く経過してしまいました。

<福島災害復興ジオラマプロジェクト>
先の日記で書いた、福島の震災復興のジオラマプロジェクトは、東北初の作品展示会で幕を開け、無事に開始しまして、7月31日に第1回目のワークショップを開催します。詳しくは町のHPにて。

http://www.shinchi-town.jp/site/fukkou/jiorama1.html

<凄い!ジオラマ展 in 富山>
8月6日から北陸初上陸となる過去最大数の個展「凄い!ジオラマ展」が富山県の新川文化ホールにて開催いたします。

http://www.miragehall.jp/eventinfo/detail.php?ev_id=692

<作る!超リアルなジオラマ>
初の作品集「凄い!ジオラマ」に続く第2弾は、ジオラマHow to本。単なる作り方を羅列している本とは違った切り口の本になっております。

https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%9C%E3%82%8B-%E8%B6%85%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%9E-%E6%9D%90%E6%96%99%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BD%9C%E5%93%81%E7%99%BA%E4%BF%A1%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E6%83%85%E6%99%AF%E5%B8%AB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC/dp/4416716095?ie=UTF8&camp=247&creativeASIN=4416716095&linkCode=xm2&redirect=true&tag=arakichi2002-22

と、まとめて告知させていただきました。

本の執筆から、個展の準備、ジオラマワークショップの準備と、これが三つどもえになって進行しておりましたので、本当に死ぬんじゃないかという忙しさ。
そういえば・・・ここ数ヶ月、ジオラマ作っていません。
それぞれは後ほど、時期が近づきましたらこちらで告知/報告させていただきます。

さて、タイトルになっている本題にようやく。

ギリギリで申し訳ありませんが、7月24日(日曜)開催の、日本最大、いや世界最大の造型のお祭り「ワンファーフェスティバル:ワンフェス」にて、私がデザインした零戦ダンボーの兄弟が限定発売されます!

名付けて『零戦ダンボー・ジュラルミン版』

ダンボーなのに、零戦。
ダンボーなのに、ジュラルミン。

不思議な存在ですが、まぁまぁ、ちゃんとコンセプトがありますので、そこは落ち着いて。
零戦の構造素材は「ジュラルミン」という超軽量の鉄素材であることは広く知られておりますが、零戦ダンボーも実はダンボールではなく、ジュラルミンで作られていた事が解った!!
・・・ここでよく知っている方にはかなりの矛盾があることがバレますが、そもそもの零戦ダンボーのコンセプトは「零戦のコスプレをしたダンボー」という中身は実はダンボーであるということ。ならばジュラルミンっておかしくないか?

・・・・(汗)

「いや、いや、こ、こ、こ、これは『試作行程の零戦のコスプレをしたダンボーなんや!!!!』」

デザイナーが言うんだから、仕方が無い。そうしておきましょう。

さて、「試作」というコンセプトは本当の話。


映画好きならばピンと来るかもしれませんが、映画「零戦燃ゆ」において、試作中の、ジュラルミンで出来たピカピカの零戦が登場する有名なシーンがあるのです。





予告編にも登場する銀色の機体が、あまりにも格好良く、公開当時小学生だった私は、早速プラモデルを銀色に塗り、そのシンプルで力強い姿にしびれたのでした。。。


これをこの零戦ダンボーでもやってみたいと、海洋堂さんに提案。

零戦ジュラルミン_6


すると、数ヶ月後に、なんと塗装ではなく、クロームメッキされた試作が送られて来たのです!!!!!

零戦ジュラルミン_1


ぬおおおおお、格好良すぎる。


ピッカピカの機体ですので、もちろん空が映り込んで、何とも言えない哀愁漂う姿です。


零戦ジュラルミン_3

あまりに周囲が映り込むので、こんな感じで「忍者モード発動!」として遊べます。

零戦ジュラルミン_5


零戦ジュラルミン_2


7月24日(日曜)、幕張メッセで開催されるワンダーフェスティバルにて限定1500個


・・・・なんだよ、ワンフェスなんて行けねーよ。。。。。


とお嘆きの貴方。

零戦ジュラルミン告知


フォローは抜かりありません。

http://store428d.com/fs/ydso/figure/rt_db_052d

ダンボーストアにて限定350個の通販発売があります!

7月25日 12:00からの発売開始ですので、ご注意くださいませ!

それでは、私の零戦ダンボーの新たな兄弟をよろしくお願いいたします。


<定期PR>

※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!

                 


ジオラマの作り方を解説したHow to 本
『作る!超リアルなジオラマ』2015年8月1日発売!


                 


私が新作ジオラマを作り起こして掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!
                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

福島・新地町震災復興プロジェクト



この夏に、『福島の震災復興をジオラマで!』というプロジェクトを開始いたします。

福島県新地町 復興推進課との共同事業で行なう企画。
これは復興省が行なっている「心の復興事業」一貫です。

新地町ポスター_b


未曾有の大震災からはや5年。

福島は少しずつ、立ち直ろうとしています。

巨大な防潮堤の建設や、高台への集団移転等で「インフラ」が整いつつありますが、ハードだけではなく、「ソフト」も補完していかねばなりません。街が一瞬でなくなってしい、それまで脈々とつながっていたコミュニティーが崩壊してしまった福島県・新地町において2つの課題を『ジオラマ』で解決するという考えです。

1、震災アーカイブとして「街の記憶を残す」
2、「ジオラマ作り」を通して人々のコミュニケーションを図る

震災によって失われた光景を、写真、映像、そして語りによって「無きもの」とはせずに、しっかりと刻んで行く事は大切な事です。まずはそのどの手法よりも感情のスイッチを押しやすい、立体物としてのジオラマで、街の大切な記憶を残すお手伝いです。街の方に聞きながらどんな光景をもう一度蘇らせるか?を簡単なワークショップを行ない、ジオラマ化を進めます。

また、コミュニケーションでは、ジオラマ作りを体験してもらい、その魅力を広めるお手伝いをします。
1回2時間で3回のワークショップを行います。
多くの方に参加してもらうチャンスを考えると、それほど大掛かりなジオラマ制作は出来ないとも考えておりすが、
「ジオラマを見る」だけではなく実際に手を動かして、ジオラマに触れてその楽しさを感じてもらいたいと思っております。

実は私もまったく手探り。復興推進課の方と一緒に、また参加者といっしょにこの計画を進めて行こうと思っているのです。


まずはプロジェクトの狼煙をあげる第1弾は

7月3日(日曜日)に福島県・新地町役場横の保健センターにて、ジオラマ作品15点の作品展示会とトークショーが開催されます!



熊本イオンモール展示作品B2


熊本イオンモール展示作品B1


熊本イオンモールB0


特撮スタジオ1

熊本イオンモール展示作品B3

上記以外にも作品が展示されます。

なお、この作品展示会は
来週7/8まで、新地町保健センターにて行なわれますので、是非とも足を運んでください。

作品展示会では、このワークショップにヒントを与えるアンケートを行なっておりますので協力していただければと思います。
もちろん、福島の新地町以外の地域の方の参加も大歓迎です!

↓詳しくは役場へ

http://sosobureau.yumesoso.jp/archives/event/%e6%80%9d%e3%81%84%e5%87%ba%e3%81%ae%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%83%9e%e4%b8%80%e7%b7%92%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f


よろしくお願いいたします。

| NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
[PR]ラインスタンプ 無料 アクセスカウンター
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google