スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルクスワーゲンUP! コラボ


フォルクスワーゲンのラインナップでもっとも小さな小型車「UP!」
この小さくて緻密な車のコンセプトと、私が作るジオラマの思想に通じるものがあるという事で、なんとWeb CMの出演オファーがありました!



かつて様々な分野の達人がカッコ良く登場する「違いの解る男」というフレーズのコーヒーCMがありましたが、まるでそんな雰囲気の映像。
インタビュー終って「VOLKSWAGEN」の低い声とあのロゴが出て来た時には、ちょっと震えました。

人生もうあがりです。。。

撮影の打ち合せの際に、インタビュー中にジオラマ製作のシーンを撮りたいという要望がありまして、今の私の仕事はほとんどが発表までは秘密の仕事が多く、流石にCM用の映像で他の製作物を見せる訳にいかず、何かフォルクスワーゲンが登場する手のひらサイズの小さなジオラマでも用意しようかと打診したところ、実は別企画でトリックCMの企画があるので是非その為のジオラマを作って欲しいとオファーがありました。

トリックCMというのは、実写とジオラマを同時撮影して、実は「合成でした!」とネタばらしをする撮影方法。

UPジオラマ1


左側の建物をジオラマで、そして奥にあるUP!は実景で撮影するという構成。

製作中に近所の駐車場でのデモ撮影。いい感じになりそうです。

UPジオラマ4



完成したジオラマはこのような不思議な構成。
右側の石畳の空間は撮影用に広めに取ってあります。


UPジオラマ3



実写にみえなければ失敗なので接写にも耐えられるような生っぽい雰囲気に作り込みました。

UPジオラマ5


UPジオラマ2



そして完成した映像がこちら!



楽しい動画に仕上がりました。

ただ‥‥特撮の視点でいえば、建物の日当りが不自然に暗くて、実写に見せる?という意図とは違う様な。。。

聞けば、絵本のようなファンタジーの絵作りを狙ったようです。

メイキング映像をみると、私が予想した以上に大掛かりでお金のかかった映像作りをしています。




なお、この撮影に使ったイタリアの街のジオラマはサイズを小さくして飾りやすい様に加工して、アクリルケース付きでプレゼントするキャンペーンを行なっております!


http://up.volkswagen.co.jp/upsize/?cm_mmc=sns-_-SNS_2017-_-text-_-c16829&vgj_campaign_cd=SNS_2017_16829



UPジオラマ10




<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!



                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。



                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
スポンサーサイト

週刊大衆にまさかのジオラマ特集!


今週発売の『週刊大衆』(10月16日号)に特集記事としてなんと3ページのカラーにて掲載されております!



週刊大衆2


遡ること9月中旬、とある企業さまのポスター用のジオラマと、先日ホビーショーで展示されたヘキサギアのジオラマを同時製作しているところ、超多忙時期にメールで取材の申し込みがあったのですが、自宅アトリエに訪れての取材は出来ないが、メールでの取材ならばOKということで進めてもらった記事でした。構成された写真は新たに撮り起こしたものはなく、私が提供した写真で構成。送られて来たページはなかなか素敵な記事になっておりましたのでこちらも安心して発売を楽しみにしておりました。

で、自宅に見本誌も届かずに、その発売をTwitterで知り、早速コンビニに行ってみて・・・・


週刊大衆1


・・・

週刊大衆ってこんな雑誌だったっけ?

あ、そういえば良く認識しておらず、「週刊新潮」のような本を想像して(というか勘違いしていた)自分に唖然。
モザイクかけている文字はエロ単語のオンパレード。「大衆」のロゴなんかこんなに小さくなっているのね、今は。。。



先ほどの見開きに加えて、3ページ掲載ですので、次のページも良い構成ですが・・・・



週刊大衆3


なんと、私のジオラマを紹介されている流れで‥‥ふ、ふ、袋とじのエログラビア。しかも「人妻」「不倫」「温泉」のこの手の雑誌の3代単語のオンパレード。。。

く、クラクラして来ました。


こういう流れをメールでは確認していなかった。。。。

まぁジオラマ業界のなかでもエロとリアルなジオラマを共存させた最初の作家になったのではと。あははは。。。


引きつった笑の中、ページをめくると、なななななんと、本家写真家のアラーキーさまのページ!!!


週刊大衆4



まさか1冊の本にダブルアラーキーが掲載されるとは。

でもやっぱり「人妻」か〜〜〜〜〜い!!!





<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!



                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。



                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。

ヘキサギア・撮影用ジオラマ




2017年9月29日(金曜)より東京ビックサイトで開催される全日本模型ホビーショー


全日本模型ホビーショー



5月に開催される静岡ホビーショーと共に、日本の2大模型ショーです。
静岡ホビーショーはその名のごとく静岡にある模型メーカー「タミヤ・青島文化教材社・ハセガワ」から成る静岡模型教材協同組合が主催の模型の祭典で、こちらは日本プラモデル工業協同組合の主催。5月、9月と新製品発表の場になっている楽しみなイベントです。

去年、私はここでジオラマ作品展を開催していただきました↓

http://arakichi.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

プラモデルを広く一般の人にももっと普及させたいとの理由で白羽の矢が経ちました。

あれからもう1年経過したのか・・・
この1年で様々な事があり、本当にあっという間でした。プロジオラマ作家として独立した訳ですから、毎日が模型三昧。
こんなに楽しくていいのでしょうか?

さて、話戻して、今年の全日本模型ホビーショーでの私の関わりは、コトブキヤさんの企業ブース内にて、新作ジオラマを展示いたします!



0928.jpg




写真 2017-09-26 16 06 43



ヘキサギアジオラマ_33




ヘキサギアジオラマ_27



錆が美しい廃工場。
大きさは最後の写真にチラリと映る1円玉で解ると思いますが、1/24 scaleで製作した幅600mm、奥行き400mmの大型ジオラマです。

コトブキヤさんに廃工場のジオラマ??

これはコトブキヤさんが新展開する1/24スケールの組み替え可能のプラモデルシリーズを撮影出来る体験型ジオラマとして製作したものなのです。



ゾイドを思わせる、昆虫や恐竜形態に可変する搭乗型の兵器「ヘキサギア」

https://www.kotobukiya.co.jp/product-title/hexa-gear/

へきさ


今までのこの手の商品と違うのは、明確に「1/24スケール」という大きさを設定しているところです。ミクロマンを思わせるサイズと可動範囲の広い兵士が搭乗するこれらのギアは、「ヘキサ=6角形」の穴が各パーツに配置されておることにより、上記のデザインだけではなく、オリジナルの形が作れる無限展開が可能なのです!



このプラモデルシリーズを、その世界観を再現したリアルなジオラマの中で撮影出来るようにした為に、かなり大型なサイズになりました。

ヘキサギア0927_2


コトブキヤさんから依頼があった際には、単に「展示用のヘキサギアのジオラマを作ってください」というオーダーでした。
しかし、私が作り込んだ作品をアクリルケースの中に飾れて展示され、「どや、凄いやろ!!」という展示だけではわざわざホビーショーの展示の為に作った作品としてはツマラナイでしょう?と思い、ユーザーに体験して楽しんでもらえるジオラマを提案しました。ヘキサギアのプラモデルは「作って飾る」とは異なり、様々なポージングや展開を楽しむプラモデルなのでやはりみんなにはその魅力を楽しんでもらいたいと思った次第です。

与えられたサイズと、予算の中で効果的なシチュエーションとして撮影の際に、周囲が映り込んでしまうオープンな構造では写真映えしませんので「天井がある閉鎖された空間」として「工場」を提案し、その中で整備していたり、また戦闘が行なわれたりとあらゆるシチュエーションに対応出来るようにデザインしました。
4方向から、様々なユーザーが別々のもので撮影出来るように絵に成るスポットを作り込みました。
結果として当初与えられた大きさを遥かに超過して、そして予算オーバーな仕様に・・・(汗)
制限だけの仕事製作ばかりでは流石に飽きてしまいますから、以前から作ってみたかった工場ジオラマの欲求を十分に晴らして閉まった訳です。

ヘキサギアジオラマ_32



ヘキサギア0927_6



ヘキサギア0927_8


ミクロマンのようなサイズと、良く動く兵士フィギュア!
あらゆるポースを取らせて撮影するさまは、まさに映画監督♬この撮影中にもどれだけ時間を割いたことやら。
本当にたのしいんですよ。


この兵士が搭乗する兵器もカッコよろしいんですよ。

ヘキサギアジオラマ_34L



ヘキサギア0927_14



ヘキサギア0927_3




是非とも、ご自分で作ったヘキサギアシリーズをホビーショーに持ち込んで撮影を楽しんでくださいませ!

素敵な写真が撮れることを祈っております。

※撮影につかったヘキサギアはコトブキヤさんから特別にお借りした作例サンプルです。
















<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!



                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。



                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




週刊『ウイリスジープをつくる』


あっという間に夏が過ぎ去ってしまいました。

今年の8月は、

(1)ジオラマ製作納品ー4作品
(2)鉄道模型コンテスト審査員
(3)レイクタウン・ジオラマ展示会
(4)CM撮影(出演)!
(5)9月納品のジオラマの製作開始(2作品)

と怒濤のようなスケジュールでした。
それぞれでBlogを書ける濃〜〜〜い出来事なのですが、気がついたら夏が過ぎ去っておりました(泣)。
2017年の夏は、ほぼ雨が降っているという異常気象。家に籠って作業している身としては、雨が降ってくれた方が外出しない言い訳が出来るので、好きです。天気が良いと「なんで家にいなければならないの?」とそわそわしてしまうんですよね。
唯一「この日は休み!」と決めた日に、久しぶりにバイクで出かけようと画策しておりましたが、なんと台風の影響で雨。
く、悔しい‥‥。
9月も納品ラッシュですので、つぎのチャンスは9月の下旬。これまた秋の長雨、台風シーズン。
神様、頑張っている私に晴れをプレゼントしてください!


そして、久しぶりに書いた日記は、上記の8月の話題に一切触れない、週刊「ウイリスMBジープ」を作るという話。



Blog_Jeep4.jpg


ミリタリー好きにとっては、たまらない軍用ジープの最高傑作!
これの1/8スケールの金属製のミニカーが手に入るんですよ!(購読すればね)

この手の「週刊●●」の創刊号は、そそるパーツを「お試し」という名目で、しかも超格安で読者を獲得するという魔の手。


Blog_Jeep2.jpg


ダイカスト製のパーツで、ライトパーツが入っていてなんと299円ですよ、奥さん!

ガチャガチャよりも安い価格だし、とりあえず買ってみるのが人の子。

うむ、いい!このまま壁に飾れる迫力!ライトパーツだけで、何かに使えるとか、300円のバリュー感をいろいろと実感できます。

しかし‥‥同時に「ちょっと残念」

その理由は、ライトに秘められた「例の機構」が再現されていないことです。
1/8スケールならばもしかしたら再現されているのかなぁと思ったのですが‥‥。

ウィリスジープ好きならば知っていて当たり前の話なのですが、このライトには膝を叩きまくるアイデアが組み込まれているのです!

こちらが実写写真。

ボンネットを開けると、左右にあるフロントライトを支えている支柱はプレスされたアームで出来ています。タイヤフェンダー側のネジは蝶ネジになっていて、工具がなくとも簡単に外せるようになっています。

Blog_Jeep7.jpg


そして・・・フロントグリル側にヒンジがあり、180度反転させると、なんとライトがこんな姿に、なんじゃこりゃ!


Blog_Jeep6.jpg


なんとなんと、エンジンルームを照らせる作業灯に早変わりするのです!

すげ〜〜よ!アメリカ軍!
この機構を知ってからは益々ウィリスジープが好きになりました♬


Blog_Jeep5.jpg



1/8スケールのウィリスではこの機構が再現されておりませんが、改造すればなんとか成りそうな感じ。

しかし、そこまで妄想しておきながら水を差すようですが・・・
このミニカーは毎週届くパーツを完成までに2年を要し、その値段トータル約20万!
この手の週刊●●でありがちな高額キットとなる訳ですが、付属のブックレットが毎週のように届き、2年の間にウィリスジープの知識が蓄えられると思うと、考え方は『20万のミニカー』ではなく、20万の価値があるイベントが2年も続くバリューなんだと思います。

創刊号のブックレットには原寸大の写真が掲載されております。
うむ〜〜〜大きい、大迫力!
こんな大きさで部屋に飾ったらカッコいいだろうなぁ。。。


Blog_Jeep9.jpg



フロントグリルのパーツと、この側面図を見ていたら、
「もしかして、この絵を切り取ると原寸大のウィリスを体験できるのでは?」
という変なスイッチが。


そしてふと、テーブルの上を見ると・・・パーツが入っていたダンボールの箱。とてもしっかりとしたいいダンボール。


Blog_Jeep8.jpg




赴くままに、カッターで部品を切り出して、30分後・・・


Blog_Jeep3.jpg


おぉ、良い雰囲気。フロント部分だけですが原寸大の迫力を実感!
いいね、いいね。

もっと完成品の雰囲気を味わい欲望が沸き、塗装&マーキング!。


Blog_Jeep1.jpg



おおおぉ、これこれ。もう満足♬

もしかして、このままダンボールで全部の車体を作ったら面白いかも(作らないけど)


たった300円ぐらいで、1時間工作でも十分に楽しめた週刊●●のお話でした。







<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集。
「作る!超リアルなジオラマ」
現在発売後1年経過、5刷突入で好評発売中です!



                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。



                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




越谷レイクタウンのジオラマ展




明日の8月11日(山の日)より、埼玉にある巨大ショッピングモール『越谷レイクタウン』にて私のジオラマ展示会が開催されます。

告知_2017越谷





越谷レイクタウンと言えば、私が自分の名前がついたジオラマ展を初めて開催した場所!
今から4年前の2013年の開催時には13作品を展示してもらいました。

今回は倍の20作品以上!

2017年は、高知の海洋堂ホビー館でのジオラマ展以来、いろいろなイベントのオファーがありましたが、イベント会社が尽く、提案コンペがまけてしまったようで、去年に比べると展示会の開催が少ないのを残念に思っておりましたが、急にこのイベントが決まりました!


特別な部屋とか、イベントを行なっている広場ではなく、ショッピングモールの中の通路展示になります。お盆休みの時期ですから他にはいわゆる縁日スタイルの出店や、水着売り場などで、良い場所はすでに決まっており、最後の一押しでなんとか人を呼びたいと声がかかった次第です。


初日8月11日のレイクタウン9時のオープン10分まえまで設置の準備をしておりました!


2017レイクタウン1



2017レイクタウン2


2017レイクタウン3



通路の中でも、レイクタウンのイメージカラーのグリーンのカーペットを敷いていただき、特別感を演出していただきました。

2017レイクタウン4




高知での展示会が約3か月間もありましたので、今回展示されるジオラマをチェックしたところ、それなりのダメージがありましたので、以前から気になっていた場所も含めて、一度に修理を行ないました。

修理中_3


メリー号の海面も、紫外線の影響で、波の表面に使った、透明エポキシ接着剤が黄変してしまって、汚らしい海面になっておりましたので塗装し直して、波頭の泡の部分も、新素材である、大理石の粉を使ったジオラマ用の雪素材に変えました。
接着にもモーリンの「スーパーフィックス」を使っております。ジオラマの地面の接着には今までは水溶き木工ボンドを筒買っておりましたが、この接着剤の硬化性は凄いですよ!




修理中_1


石橋好きな私は、いろんな種類の石橋ジオラマを作っておりますが、手前は1/144 scale,奥が1/35scale、味付けは同じで、石橋に生える苔&シダがたまりません。

自分の作品を客観的にみながら修理をするのは楽しい作業。


さて、初日の午前中までは、現場にいて、その様子を拝見しておりました。

やはり子供達が食い入るように見てくれる姿は嬉しいものです。


2017レイクタウン6



2017レイクタウン7



2017レイクタウン5



お近くの方は是非!


※近くに係が常駐している訳ではありません。おそらく子供達の指紋が数多くついてしまっているかと思います。
もしもいらっしゃられた方で、見づらい場合は、そっと指紋を拭き取っていただければありがいです。




<定期PR>

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!



                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。



                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫


                 

※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。




| NEXT>>

プロフィール

情景師・アラーキー

Author:情景師・アラーキー
.
.
■ 情景作家
■ 1969年生 居住地:東京・杉並 

「日常にあふれるさりげない光景」を立体化する事が得意なオールラウンドジオラマ作家。昭和ノスタルジーからアニメシーン再現まで製作範囲の守備範囲は無限。むしろ挑んだ事がない題材を与えられると燃えるタイプです。

「生み出すものに魂を込めて作る職人のようにありたい」・・・と願って「情景師」を名乗っています。

<過去の作例活動経歴>
●電撃ホビーマガジン
●電撃スケールマガジン
●モデルグラフィックス
●アーマーモデリング
●モデルカーズ
●パンツァーグラフ
●エクストラマガジン
(スペインの模型雑誌)

<<ジオラマ制作随時承ります>>
(製作事例:CM、テレビ撮影用、展示会用、トイの商品開発用、企業ノベルティー等)
・ジオラマ制作についての相談&質問もお答えします
・展示会等での作品貸し出しもしております。
・TV,雑誌,Web取材等の随時受付中。
<出演事例>
・おはよう日本(NHK)
・めざましTV(フジテレビ)
・タモリ倶楽部(テレビ朝日)
・怒り新党(テレビ朝日)
・情報ライブミヤネ屋(TBS)
・まにあマニアル(BS日テレ)
・王様のブランチ(TBS)
・lifeサプリ(BS日テレ)
・経済ビジネスライン(BSNHK)
<雑誌取材事例>
・週刊新潮
・週刊アスキー
・女性自身
・ホットペッパー
・ビーコン

まずは直下にある「メールフォーム」にてご相談ください
(ご注意:最近問い合わせの私からの返信メールが送り先の「迷惑メールフォルダー」に振り分けられる事例が多くなっております。必ず問い合わせには返信しておりますので、ご確認くださいませ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads by Google
カテゴリ
Ads by Google
月別アーカイブ
Ads by Google
今日も私のブログにお越しいただきありがとうございます
Ads by Google
Ads by Google
リンク
検索フォーム
Ads by Google